パンゲアロゴ

EOS 7D HDMIプラグの固定 強化
(Fixed HDMI plug 7D)


DSC_0276.jpg


数年EOS7Dを使ってきて困ることにHDMIプラグの破損があります。
EOSの場合HDMI信号が排他的な仕様となっているため、外部のモニターや分配器に接続するとどうしても抜き差
しが多くなってしまうことも原因のひとつかもしれません。
本体のプラグ形状が小さなタイプC(Type C)となっているためか現場での激しい使用の過程でプラグ自体が破
損してしまうことが多々ありました。


DSC_0278.jpg


そこでプラグ部分を強化することに。と言っても実に簡単です。


まずホームセンターで以下の部材、ネジを揃えます。
IMG_6715.jpg
アルミの部材×2、ネジ、ボルト、ワッシャー(M8)、HDMI変換プラグ(Type C→Type A)



普段使用しているワンタッチプレートで部材を挟み込みます。
DSC_0272.jpg



残りの部材を写真のようにネジで取り付けます。
DSC_0273.jpg
※ボルトを黒テープで覆っています。



HDMI変換プラグを取り付け、部材とボルトで挟み込む様に固定します。
DSC_0274.jpg



こうしてHDMI Type Aプラグにて抜き差しできるようにします。
Type Cよりも頑丈にできているType Aプラグにすることでプラグ自体の耐久性を高めます。



DSC_0279.jpg



改造等は一切行わないのでボディーを傷つけることもありません。
ちなみに変換プタグが刺さった状態でも本体の液晶モニターは生き、外部機器を接続するとそちらへ信号が流
れます。





撮影技術TOPへ戻る







パンゲアロゴ