パンゲアロゴ

Forest System 改良
DIY Dolly,DIY Crane 自作撮影用小型クレーン 自作撮影用移動車


Forest Dolly
「Forest Dolly」




Forest Dolly の改良 2012


約3年前に製作した「Forest System」の「Forest Dolly」ですが使用しているうちにいくつか
懸案事項が出てきました。
それは次にあげる点においてでした。

・騒音
   改良前のDollyはウイール(車輪)の硬度の問題か移動中の音が結構うるさく、
   室内での同録撮影には向いていなかった。
・滑らかさ
   これも硬度に関係していてレールとの干渉で細かい振動を拾いやすかった。
・回転精度
   安物のウイールだったせいでその精度には疑問があり、上記問題を助長する原因でもあった。
・重さ
   当初、100㎜ボールハイハットへ三脚ヘッドをそのまま載せる方式(ハイハットとの一石二鳥を
   狙ったわけだが)であったが、カメラを合わせたその重さがレールにストレスをかけていた。




Forest Dolly
2009年制作時のもの


これらを改良するべく、2012年やっと重い腰をあげました(笑)
まず、台車自体の見直し。

ベースを薄い合板の素材に変更し、載せるヘッドも軽量なmanfrotto 701HDVとしました。



Forest Dolly

Forest Dolly


更に、ウイールの交換。
今回選択したのは、スケートボード用ウイール「BONES SOFT CORE」52㎜。
硬度80a:これはウイールの中でも比較的柔らかい部類に入るもの。



Forest Dolly

Forest Dolly

Forest Dolly

Forest Dolly
701HDV下部にはSLIKのレベリングユニットを装着


これで同録に耐え得る静粛性と滑らかさを実現できました。



また、manfrotto 701HDVは手持ちのスチール三脚につけて使用可能です。
軽いのでドキュメンタリーなどの時は結構重宝しています。
ヘッドオペレーション的にも満足のいくものになりました。



Forest Dolly





撮影技術TOPへ戻る







パンゲアロゴ