パンゲアロゴ





2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記 2006年 4・5月


2006年4月。突然の白血病宣告。     
予想すらしなかった展開に戸惑いながら即入院。
一体どうなることやら・・・         


4月18日                                           

ロケ先にて体調がすぐれず、食事も残す様な状態。                         
みかねた監督が医者へ行く事をすすめる。                             
(今にして思えばこの時医者に行かなければ私はこの世にいなっかったかも。言わば命の恩人だ。)   
ロケ先であった三重県伊勢の病院で「白血病」の疑いを指摘される。                 
実は予兆はあった。                                       
昨年の暮れに母親が脳硬塞で入院、三ヶ月近く実家に帰り入院中は毎日病院へ通っていたのに続いて、  
3月から4月の頭まで仕事で忙しく動いていたのが中旬に一段落したのだが、その時にそれまで感じた事が
ない疲労感があったのだ。朝おきて珈琲を飲みながらメールをチェックするのが暇な時の過ごし方なのだが
この時に猛烈な眠気が襲ってくるのだ。前日睡眠は十分とっているのにである。それこそメールを見ている
状態で頭がガクンとなってしまうような凄い眠気だった。                      
この時に熱でも計ればよかったのだろうが、「疲れている」のだと思い込んでしまっていた。      
それから肩の痛みがひどかった。いわゆる五十肩に近い感じで、腕が肩より上がらない。        
以前からパソコン仕事などで肩こりを感じていたのでそれがひどくなったのだ思っていた。       
ロケ先の病院で熱を計ったら38、6だった。                           




4月20日                                           

前日に東京へ戻った私は、近くの東京女子医大へ正確な診断をあおぐ為に向かった。          
診察にあたった医師はすぐに白血病と診断。それが何だかすごく嬉しそうに言うのでこちらもつられて笑っ
てしまった。「(嬉しそうに)白血病ですね」「(ニコニコしながら)そうですか白血病ですか」てな感じ
である。                                            
骨髄を採取し検査へ、この時の手さばきは凄かった。傷みはほとんどなくあっという間に骨髄液採取は終わ
っていた。いい医者にあたっている事を実感。私も撮影のプロだから同じプロの仕事はよくわかる。   
東京女子医大には空きのベッドがなく、実家から近いという事で千葉の病院を紹介してもらう。     
順調にいっても半年は入院することになると言われていたので、すぐに四ッ谷事務所を畳む事を決断。  
友人達に電話し引っ越し等を委任。みんな忙しい中助けてくれる。本当に感謝。            
と、同時に独り者の不便さも実感。もし家族がいたらどうだったのだろう。              




4月21日                                           

前日泊まった三十年近くのつきあいになる友人ととりとめのない話しで朝をむかえ、もう帰る事のない部屋
を後にする。熱のせいか体がだるい。                               
3時間近くかけて目的の病院へ。                                 
診察や採血の後、無菌治療室へ入院となる。正直無菌室は予想していなかったので少々とまどう。    
何だか本格的になってきた。                                   


入院当初




4月22日                                           

あわただしく一日が過ぎていった。                                
女子医大で採取した骨髄液のデータ分析待ち。                           
治療はまだ始まらない。                                     
76歳の父が来る。                                       
これ以上の親不孝者はいないだろうな〜。申し訳ない気持ちで一杯。                 


4月23日                                           

監督の渋谷さんが見舞いに来てくれる。                              
東京からだとかなりの時間がかかるこの病院。申し訳ありません。                  
今年撮影するはずだった作品があったのだが、現状では無理。                    
迷惑をかけてしまった。                                     


4月26日                                           

今日から抗癌剤治療が始まった。点滴で直接体内へ。                        
病名も「急性骨髄性白血病」という正式なのをいただいた。                     
初日は特に変わった事はなかった。                                


4月28日                                           

抗癌剤の副作用と思われる症状が出始める。                            
まず味の変化、出る食事をとにかく口へ入れる事が出来ない。                    
無理に入れると吐いてしまう。                                  
水も、珈琲も味が違う。何とかパンなら口にできる程度。                      
熱も出始める。一日のうちに3回から4回40度を突破する。解熱剤を点滴してもらうとすぐに汗が出始め
熱も下がるのだが、下がっても37度台。終日だるい。                       


5月 3日                                           

今日で抗癌剤治療は終わり。                                   
抗癌剤により、今私の血液にはほとんど白血球がない。あらゆる病気に対し抵抗力がない状態。     
いわば血液をリセットしたような状態なのだろう。抗癌剤治療が始まってから、無菌室を一歩も出ていない
洗濯も、見舞いに来た人に頼んでしてもらっている。                        
これから3週間程、血液内の白血球、赤血球、血小板などが正常に増えていけば治療の第一段階は終了とい
事のようだ。                                          


5月 7日                                           

抗癌剤治療が終わるとすぐに味が戻ってきた。                           
今では食事もほぼ普通に食べられる。                               
昨年から撮影してきた伊勢神宮の最後の撮影に参加できなくなり、多大な迷惑をかけているようだ。   
自分としても悔しい思いではあるが、「白血病」では抗えない。                   
事務所の引っ越しや仕事の上でもみんなに迷惑をかけまくっている。                 
それでもみんな文句も言わずやってくれている。感謝。                       
しかし、病気にはできる事ならならない方がいい。                         


5月10日                                           

頼んでいたDVDとCDが送られてきた。                             
DVDは持ち込んでいるノートパソコンで観賞できるのだが、CDが聴けない。            
このノートパソコン何故かCDだけが再生できなくなっていたのだ。                 
外付けのCDドライブも悪い事にノートパソコンに入っているOSでは使えない事が分かった。     
いまだインターネットにもつなげない状態だし。とほほな状況である。                
抗癌剤の副作用で髪の毛等あらゆる毛が抜けると聞いていたので、先手を打って坊主にしてしまった。  
坊主頭なんて中学生の時以来。なんか新鮮である。                         


祝・坊主


5月12日                                           

友人にインターネットプロバイダーのアクセスポイント調べてもらうと、入院以前に使えていたポイントか
ら入院したその日に変更になっていた事が判明。新しいポイントを入力するとあっさりつながった。   
「ちっくしょー!!」である。                                  
アナログ並みの遅さだが、これでPCを使ってのメールのやり取りができる。             
病状は今かなり安定していて、食事も残さず食べれるし、熱も平熱といえるレベルで安定してきている。 
坊主頭にした時にヒゲを残しておいたのだが、そのヒゲが抜け始めてきた。              
頭ではなくヒゲからくるのが私の場合の特徴だろうか。                       


5月14日                                           

私の病名は「急性骨髄性白血病」で分類的にはM4となるらしい。                  
なかなか侮れない病気のようだ。                                 
今はほとんど普通だが、今後どうなるのか・・・                          
考えたってどうなるものでもないが、やはり考えてしまう。残された時間はあまり多くないと考えた方がい
いのかもしれない。                                       
一体何ができるのだろうか・・・                                 


無菌室の夜1


5月15日                                           

やっとというか、いよいよというか・・・退屈してきた。                      
今までは、点滴だ、熱だと一日があっという間だったのだが、このところ点滴の本数も減り、治療らしい治
療もないので一気に暇になってしまった。入院当初から本は読み続けているのだが、それも少々中だるみと
いったところか。                                        
気がつくと空をボーっと眺めていたりする事が多くなっている。                   


無菌室の夜2 無菌室の夜3


5月18日                                           

ここ2、3日再び熱が上がるようになってしまい。解熱剤を日に3回使うようになってしまった。    
自分で体温調整ができないという事がこんなにしんどいことなのだと知った。             
さらにおたふく風邪の疑いまで出て来て、現在検査中である。                    
実家の母に確認したところ、私は子供の時におたふく風邪を経験していないらしい。          
免役力の弱まっている時に稀にこういう事があるらしい。                      
しかし、「稀に」だったら私はよほど運の悪い奴ということになるのも事実。             
溜息しか出ませんな。                                      




5月20日                                           

今朝方から自分で体温調節できるようになってきた。自力で熱くなれば汗をかくようになったのだ。   
熱も久々の36度台をキープしている。                              
高熱が続き、抗生剤が何度か変わったが、やっと効くのに当たったようだ。              
おたふく様の腫れも昨日からひいてきた。原因はいまだ不明だが、一時はおむすびみたいな顔になっていま
した。とりあえず安心した。                                   

朝から外をぼんやりと見ていた。雲の動きが早い。                         
理由はわからないが、昔から雲を見ているのは好きだった。撮影でもかなり意識的に空を画面に取り入れる
のは、癖のようなものなのだろう。                                
でも、やっぱり飽きないなぁ。                                  
ぼーっとしてたら、今気が付いた。今日で入院後丸1カ月だ。                    
もう1カ月?という感じだが、時間が過ぎるのは本当に早い。                    

それから、本当に不愉快な事があった。                              
以前も一度見舞いに来てくれた20年来の友がきてくれたのだが・・・                
私も知っていた事だが彼はあるカルト宗教(創価学会)に入っている。                
以前から知っていたのだが、今回入院直後から数回見舞いにきていて、今までほとんど連絡もなかった彼が
なんでとは思ったものの、好意からと解釈していた。だが前回の見舞いの時に「病気になった人が学会の仏
像を買い、拝んだら治った」などの話が出ており、今回でその計画性と意図は十分にわかった。     
今回は彼等の使う常套手段、病人の弱みに付け込み、からめ取る方法に出てきたのだ。         
まず自分一人が行くがごとく連絡してきてその実「近所の人」=「支部の適等な立場の人」を連れてくる。
彼は私の信用や友情というものを一体どう考えているのだろうか。                  
基本的な人間の信頼を無視してまで人を幸せにしようというこの非人間性はなんなのだ!        
正直私は彼を信じていた事に失望し、人の気持ちも考えられない彼の不幸に涙がでそうだった。     
このような言わば「だまし討ち」は全てのいかがわしい団体には共通のパターンでもある。       
私はここに宣言します。全てのカルト宗教は人を幸せには絶対しません。むしろ今回見舞いに来た仮にA君
の様な不幸な人間・・いやロボットを生産している団体、それがカルトであり、創価学会です。     


雲


5月21日                                           

昨日は少し興奮しすぎたようだ。しかし、近年あんな不愉快な事はなかった。             

病状の方は、熱も上がらず、おたふく様の腫れもほとんど分からない程にひき安定している。      
ひげの抜けがおさまってきたかと思ったら、今度は頭の方が抜け始めたようだ。順番なんだね。     
ひげは全てがなくならず適当に残っている。頭はスキンヘッドまでいくのかな〜            


異常なし!
東部戦線異常なし!


5月22日                                           

今どんな一日を送っているのかお伝えしましょう。                         
AM4:00〜5:00 起床。何だかこの時間には目が覚めてしまう。夜明けの空を見ながらコーヒーを
            飲んでいる。                              
AM7:00 点滴開始。                                    
AM8:00 朝食。                                      
この後、抗生剤の点滴交換などありつつ、昼まで読書などで過ごす。                 
PM0:00 昼食。                                      
この後、抗生剤の点滴交換などありつつ、夕方までCDなど聞いて過ごす。              
PM6:00 夕食。                                      
この後、抗生剤の点滴交換などありつつ、消灯までDVDなどを観て過ごす。             
PM9:00 消灯。                                      
よくみると食って点滴して寝てるだけですね。                           
いいんだろうか・・・                                      
夕方、主治医の先生がくる。経過は順調との事。安心する。                     


5月23日                                           

この病気の退院までの最短のロードマップは、                           

抗癌剤治療 7日間                                       
   ↓                                            
経過観察  約3週間                                      
   ↓                                            
寛解(かんかい) 骨髄が正常な状態                               
   ↓                                            
地固め療法  寛解の状態を維持する 4〜5カ月                         
   ↓                                            
退院                                              

となるようだ。何とかこの波に乗れればいいのだが。                        
今日、洗濯、買い物OKの許可が出た。これで人を煩わせずに何とか入院生活を送れる。うれしい。   
残念ながら屋上や外はまだという事。たばこも許可さえ出れば吸いたい。このたばこ、不思議と禁断症状が
ない。食事の後など吸いたくなるかと思っていたが今のところ大丈夫である。             


メロン
メロ・・メロンパン食べたいな・・・


5月24日                                           

実は以前から検案だった口腔外科に今日から行く事になった。                    
お恥ずかしい話だが、私はこの20年近く歯医者にいっていなかった。                
以前の治療も中途半端にやめているので、奥歯の方は相当ひどいことになっているらしい。       
伊勢で診てもらった時、医者から「崩壊してます」と言われるぐらいだから相当なひどさなのだろう。  
これが今この抵抗力の低い体には危険なのだ。口から入る細菌は非常に多く、その中で感染してし、熱等の
症状となるものがある。これらの症状は本来の白血病治療の邪魔をしかねないという訳である。     
ほぼ一ヶ月振りに無菌室を出て口腔外科へ、夕方の時間にもかかわらず人が沢山いる。なんか新鮮な感じ。
今日は検査と歯石取り、なんか自分の歯じゃないみたいな感触に今とまどっている。          


5月25日                                           

今日も午前中口腔外科へ、奥歯を一本抜歯。                            
みなさん歯医者さんて好きですか?                                
「キュイ〜ン」「クゥォ〜」「ガリッ、ガリッ」・・・・・・「キュイ〜ン」・・・あぁ        


5月26日                                           

午前はシャワーや洗濯で過ごす。                                 
午後、口腔外科へ。                                       
椅子に座ってすぐに麻酔注射、あっという間に昨日とは反対側の奥歯2本抜かれる。特に2本目の時は、 
頭蓋骨から歯が外されている感覚があり、何だかすごい事してるなって感じ。傷みはない。       
合計時間は5分もかかっていまい。                                
左右どちらかを治療してから、反対側へいく(だってそうしないと食事の時困る)と思っていたのが、容赦
なく打ち砕かれた。でも変な爽快感がある。長年悩まされてきた原因がなくなっていくのだから。    

点滴が日1本になる。抗生剤は日に4本、これは変わらず。                     


5月27日                                           

友人が頼んでいたラジオを持ってきてくれる。                           
渡された袋に「ドンキ・ホーテ」の文字。さっそく聞き始めるも、電波状況が最悪。AMはNHKしか聞こ
えない。                                            
夜、そんな状況でも聞いていると、2時間ぐらいたった頃であろうか、急に音が小さく遠のく感じで聞こえ
なくなる。電池は新品を入れていたが、電池がなくなったのかと思い予備のものと交換するも反応なし。 
どうも壊れてしまったらしい。友人の「千円切ってるラジオ」という言葉とメイド・イン・チャイナの刻印
が妙に納得させてくれる。                                    
電池を買いに1階の売店に行った時気が付いたのだが、2千円ちょっとでラジオが売っていた。     
どうしよう。                                          


5月28日                                           

今日が四ッ谷事務所の引っ越しである。                              
一旦、実家へ全ての荷物を引き上げる。                              
自分がそこに立ち会わず引っ越しなんて生まれて初めてである。                   
心配なのは天気、朝から結構雨が強く降っているいるようだ。四ッ谷はどうなのだろうか。       
心配したってはじまらないのは百も承知だが、やっぱり心配である。                 
友人や撮影仲間などが手伝ってくれている。感謝。                         

そう考えてるうちに連絡あり、四ッ谷を10時頃に出た旨。                     
実家での積みおろしは午後1時からのようだ。                           
3時引っ越し終了の連絡。その後鷹澤君と木村君が見舞いにきてくれる。二人とも引っ越しの手伝いをして
くれた。鷹澤君が荷物の状況をビデオで撮影しておいてくれたので観てみると、想像以上にすっきり収まっ
ているので本当に安心した。                                   
みんな本当にありがとうございました。                              

ラジオ、何か悔しいので売店で購入。                               


5月30日                                           

昨日の夜、待望のエアエッジ(AirH”)が届いた。                       
PHSを使った通信機器である。                                 
さっそく接続。                                         
何度かの試行錯誤の末接続成功。                                 
契約の時電話で確認した2倍速での接続ができない。古い端末ではあるが確かにできると言ったのに・・・
今回いろいろな局面でエアエッジを扱うウィルコムへ電話しているが、対応は最悪である。       
マニュアルにあることしか答えられないオペレーター。契約書の書き方で質問した時は、4つ程の質問全て
「お待ち下さい」で合計40分ぐらいかかっている。ウィルコムだけの問題ではないのかもしれないが、い
わゆる「サービス」という部分から『人間』がいなくなってきているような印象を受けるのだが・・・・ 
とりあえず1倍速で繋がるので、これでいこう。定額制にしたので料金の心配はもうないはずだ。    

治療のほうであるが、明日で抗癌剤治療終了から4週間。抗癌剤治療そのものの結果については今だ何の説
明もない。こちらが「順調ですか?」と聞けば、「順調です」とは答えるのだが。           
一番重要なのは、寛解(かんかい)にいたることなのだが、一体どうなっているのかさっぱりわからない。
ただ看護士などからぽつぽつ入る情報として「血小板が増え過ぎている」というのがあり、そういった事か
ら考えると寛解という状態ではないのかも知れない。                        
夜、消灯直前に主治医が来て「これからの計画を決めていきましょう」とだけ言って去っていった。   
正直これだけでは何の事なのかさっぱりわからない。一回目の抗癌剤治療で寛解にいたったのかいたらなか
ったのか。いたらなければ次はどうするのか。こういった説明があってしかるべきだと思うのだが。   


5月31日                                           

なんだかイライラする。                                     
今、何もかもが中ぶらりんだからかも知れない。目標が持てないからといってもいいかもしれない。   
一体自分がどこに向かえばいいのか、どこを目指せばいいのか、それが見えない。           
ささいな事が、イライラを募らせる。点滴がが終わってもいつまでも交換に現れない看護師にいらつき、そ
のせいで午前中に入る予定のシャワーが午後になる事にいらつく。                  
じわじわと抜けていく髪の毛。その抜けた髪が枕やシーツを汚す事にいらつく。            
しかし、それらをぐっとこらえて何とか自分の中へ飲み込む。                    
私にはそうするしかない。わがままを聞いてくれる家族などいないのだから。             
だからという訳ではないが、Amazonで「砂の器」DVDと「宮沢賢治全集 1」ちくま文庫を注文。
宮沢賢治はいままでも代表的な作品は読んでいるが、ちくま文庫の全集には詩や書簡など賢治の全てが網羅
されているようで、いい機会だから順次読んでいってみようとおもっている。             

体調のほうは、特に記述しておくような事はないが、最近のぼせるような感じに急になることがある。  
そういった時は、後頭部などに汗をかいておりちょっと不快である。血圧と何か関係ありそうだが・・・・
前述しているが髪の毛は着々と抜けている。スキンヘッド近しか。                  








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・001 はれた日は学校をやすんで 西原理恵子(双葉文庫)                   
・002 自虐の詩 上・下 業田良家(竹書房文庫)                       
・003 仏教の思想 梅原猛著作集 梅原猛(集英社)                      
・004 地獄の思想 梅原猛著作集 梅原猛(集英社)                      
・005火の鳥 黎明編 未来編 ヤマト編・宇宙編 鳳凰編 復活編 望郷編 乱世編 乱世編・羽衣編
  〜 手塚治虫(朝日ソノラマ)                                
 012                                            
・013 回想 黒澤明 黒澤和子(中公新書)                          
・014 山田洋次の<世界>ー幻想風景を追って 切通理作(ちくま新書)             
・015 季刊 東北学 第七号 「特集 廃村」(東北文化研究センター)             
・016 白血病「治療」日記 家族でのりこえた500日 草間俊介(東京新聞出版局)       


2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ