パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記 2006年 6月





夜明け
寛解達成!
6月 1日                                           

朝、主治医がやってきて「寛解(かんかい)になったと言ってよいとおもう」とのこと。        
骨髄から骨髄液をとる通称マルクをおこなう旨。そう入院する事が決定した女子医大で受けたあれである。
さっそく腰に局所麻酔され採取へ、正直ちょっと痛かったがまぁ許せる範囲。             
その後、「外出叉は外泊してもよい」と言われる。これまた予想していなかったので慌てる。      
検討した結果今回は外泊はやめにし、明日だけ朝食後から近くへ外出する事にした。年寄りしかいない家に
帰っても何かと不安があるし、長い時間電車に乗らなければならないのも感染の観点からはリスクがある。
月曜日からはじまる「地固め療法」としての抗癌剤治療に備え、その前の息抜きといったところだ。   
これでひとまず直ぐに死ぬような危険な状態は脱したと考えていいだろう。              
正直安心した。これで次の目標ができた。                             
しかし、あと数カ月になるとおもうがまたあの吐き気や熱と戦わなくてはならないようだ。       
治療はこれからが本当の山場といえるのかもしれないのだ。                     
この病気では、退院後5年以内に再発がなくてはじめて『完治』つまり「白血病は治った」と考えるらしい
のだが、5年以内に再発する確立も高く、あなどれない。気長に考えるしかなさそうだ。        


6月 2日                                           

今日は実に43日振りの外出である。                               
前の日の夜からそわそわして、まるで遠足前の小学生である。                    
朝10時前に病室を出る。地肌が見えるぐらいのスキンヘッドに近い頭だが、修行僧にでもみてくれるだろ
うと何も被らずに行動。あわよくばお布施もらえたりして。                     
向かったのは、国立歴史民俗博物館。                               
前から一度行かなければと思っていたが願いがかなった。                      
京成成田から電車で佐倉へ。佐倉からは徒歩で行ってみる事にする。                 
15分程で到着。最後の坂で少し息が上がり気味だったが問題ない。                 
時間はたっぷりあるのでゆっくり見て行くことにする。                       
第一展示室、第二展示室、この辺は旧石器、縄文、弥生から安土桃山までを展示している。見やすく整理さ
れているが、目新しさはない。まぁそれが普通かもしれないが。                   
いきなり例の「ゴットハンド」氏のねつ造コーナーがあったのが痛々しかった。            
第三はリニューアル中。                                     
昼食は館内のレストランで「ハンバーグ定食」を注文。                       
山田洋次の『幸せの黄色いハンカチ』の開巻、高倉健が出所後はじめて食堂でビールを飲むシーンが思い出
される。もちろんビールは頼んでいないが。                            
おいしくいただき、ふたたび展示室へ。                              
第四展示室が「民俗」の部分となる。実はここが一番見たかった。                  
農村、山、海、そして都市。各々にまつわる代表的な習俗や信仰など興味深い。本などで読んだりしてはい
るが実際の物を前にできるのは体験としても強烈だ。実際、数年前に撮影を担当した「菅江真澄の旅」で秋
田は阿仁のマタギ村を取材した事がおもいだされる。                        
かつて人々がそれぞれの場所で、それぞれの糧を得暮らしていた。その糧をもたらしてくれるもの『自然』
を敬い、そして恐れながら共に生活していた。それが神である。                   
そこには祟りや呪い、あの世の概念が育ち、それを鎮める祭りや習慣が生まれ、さらに人々の秩序を作り出
していたのではないだろうか。                                  
実は今、空海の密教に興味がある。もともと仏教である密教が日本では前述の神と混然としているのは何故
なのか。もっと勉強してみたい分野である。                            
とまぁいうような事を考えつつ、帰りがけに売店で宮本常一の本2冊と「仏教民俗学」なる本を買って帰途
につく。                                            
帰りは公津の杜(こうずのもり)駅で下車。行きのタクシーの運転手さんにイトーヨーカドーがあるという
情報を仕入れていたからである。                                 
これからほんとにスキンヘッドになった時の事を考えて帽子を購入。                 
なんだかんだ言いながら一応気にしてます。                            
夕食まで時間があるので駅前の広場でひと休みとベンチに座ってふと見ると、何と私が入院している病院が
歩いていけそうな距離に見えるではないか。                            
だ・だまされた。とういか一番近い駅は成田と思い込んでいた。                   
さっそく病院を目指す。病室の窓から見ていてあれは何だろうと思っていたものの秘密もわかった。   
病院近くにデニーズを発見。ロースカツ定食+アイスコーヒーで今日の無事を独り祝う。        
しかしここまで書いて思うのは、これって闘病日記だったよなということ。大丈夫だろうか。      
まぁこれからまた少しはそれらしくなるとはおもうのですが・・・自信なくなってきた・・・      
と、ともかく外出しての感想は、やっぱりシャバはいい!                      
病室に帰ると、Amazonから「砂の器」と「宮沢賢治全集1」が届いていた。           


6月 3日                                           

点滴が朝と夜の2回になる。                                   
午前中は別階にあるコインランドリーで洗濯。そしてシャワー室でシャワー。             
午後は月曜からしばらく動けなくなる可能性もあるので、売店で水や食料を調達。           
消灯後、「砂の器」を見てボロボロになる。                            


スキンヘッド3秒前!
今、こんな感じです。いい艶でしょう


6月 4日                                           

終日ぼんやりと過ごす。                                     
ネットで同じ様な闘病日記を検索、読んでみる。                          
自分がけっこう幸せな状況なのがわかる。病院も含めて恵まれているのかも知れない。         
実験動物のように扱われているところもあったりして、読んでいてつくづくおもう。          
ここは田舎の総合病院という表現がぴったりするところで、対応など何だか全体がのんびりしている。  
大体予定というものがはっきりしない、でもそれでいいのかも知れない。               
それから日記自体にしても正直、他の日記にあるように事細かに薬や点滴の種類まで書こうとは私は思わな
い。もう私はまな板の鯉状態なのだから、プロフェッショナルに全てお任せする。           
最近報道などで医療事故やミスが報道されるのでみんな過敏になっているようだが、「信頼」という人間関
係の基本を私は大事にしたいとおもう                               

夜「トリック」の再放送をやっていた。仲間由紀恵が良い味出してるなぁ。              
なんだかお腹が空いて、”カップヌードルミニの塩”と”カロリーメイト”半分を食べてしまう。    
トイレの電球が切れる。明日替えてもらおう。                           


6月 5日                                           

今日から地固め療法開始である。                                 
その前に、鎖骨下から入れている静脈カテーテルを入れ替える。いぜんから詰り気味だったのだ。    
午後いよいよ抗癌剤投与がはじまる。                               
これから5日間はほとんど点滴しっぱなしになる。                         
今回の抗癌剤は下の写真のように青い。まるで青インクのような色だ。                
しばらくして行ったトイレでもおしっこが青くなっていた。                     
本で知ったのだが、この抗癌剤というものは、もともとは毒ガスからその効果が確認されたという事だ。 
先の大戦時、白血病におかされていたアメリカ兵士がドイツ軍の毒ガスを浴びた。幸いその時は命に別状は
なく帰国。血液を調べると驚いた事に癌化した白血球が減少していたというのが、抗癌剤研究の発端となっ
ているという。ドイツ軍の毒ガスというところがちょっと複雑な気持ちにさせる。だってもしかしたらあの
ホロコーストに使われた技術で今生きているということにもなるのだから・・・            

抗癌剤ノバントロン1抗癌剤ノバントロン2


6月 6日                                           

地固め2日目。特に変化なし。食欲も普通にある。吐き気もなし。                  
シャワーをあびる。                                       
頭の毛が確実に少なくなっている。                                
本「日本文化の形成」宮本常一を読んだり、インターネットのラジオを聞いたりして過ごす。      
点滴が終日続くのでどうしてもベッドから離れるのがおっくうになる。                
でも、洗濯は決行。                                       
溜めないようにやっておかないと、コインランドリーの乾燥機の能力が低い為、乾燥に時間がかかり過ぎる
のだ。                                             
昨日気が付いたのだが、部屋のテレビ、衛生放送がチューニングされていなかった事がわかり、昨日からは
NHKの衛生放送も見られるようになった。今日は「山の郵便配達」をやっていたので見る。公開時にも観
ているが、やはり引き込まれた。                                 
こんな風景の中で映画が撮りたい。                                


6月 7日                                           

地固め3日目。少しだるさを感じる。                               
今日で青インクのような抗癌剤は終了。                              
食事に関してはまだ普通にとれる。                                


6月 8日                                           

地固め4日目。少し胃に違和感。夕食はたまたま合わなかったのか、ほとんど食べられず。       
そのかわり、カップ焼そばを作って食べたので食欲がないわけではない。               
オンラインショップにてペルーの帽子を注文。                           
一つの抗癌剤は初日から24時間ぶっ続けなので、行動が自由に出来ない。これはあさっての午前中まで続
く。頭の芯の方にも違和感あり。                                 

抗癌剤の木だるさに堪える


6月 9日                                           

なんだろう・・・落ち着かない。                                 
抗癌剤のせいなのだろうか。それとも入院生活に対するストレスなのだろうか。落ち着かない。     
あの外出の時の開放感。自由に歩き、自由に食事し、自由に休む。                  
みんなが日常当たり前の事がここでは出来ない。                          
全ては病気を治す為なのだが、正直いつまで続くのかも分からないのだ。               


6月10日                                           

昼過ぎ、引っ越しも手伝ってくれた二十数年来の友達三人が来訪。                  
リクエストしていたウルトラマンのDVDと恐い本数冊を貸してもらう。               
もう一人は、懐かしやスタニスワム・レムと嵐山光三郎。すごいバラエティー。            
明日からしばらくは退屈しなくてよさそうだ。                           
別階のレストランに移動。ショーケースのざるそばが無性に食べたくなり注文。            
きっと普段食べればたいした事ないそばなんだろうけど、美味しい。夢中で食べてしまった。      
引っ越しのその後に関して報告あり、これは後日詳しく御報告したいと思っています。         


6月11日                                           

抗癌剤も抗生剤も今日から点滴が一切なくなる。あの点滴チューブをひきずらなくてよくなった。    
今回の抗癌剤は熱も出ず、落ち着いている。                            
そのせいなのかやたら腹が減る。今日も昼食後、我慢できずレストランのざるそばを食べてしまった。  
それから売店でのり弁当を買い、夕食は病院のものはほとんど手をつけずそれを食べる。娑婆の味である。
まぁこれからしばらくしたら白血球が少なくなるので、こういった事もできなくなるだろうが・・・   
午前中にシャワーと洗濯をすませると、先日注文したペルーの民族帽子が届いている。         
アルパカという動物の毛で編んだアンデス地方の民族帽子である。とりあえず殺菌の意味も含めてシャンプ
ーで洗う。思ったより薄く、これなら病院内なら暑いという事もなさそうだ。デザインも形も実物を見ると
結構いい。オンラインショップの『アスーレ』というお店で購入したもの。              
後はほとんど本を読んで過ごす。ホラー物が中心。                         
楳図かずおの「笑い仮面」「怪獣ギョー」、やはりすごいと思う。あの独特の世界観は誰にもない。   
常識というものをことごとく裏切る内容がすごい。                         
近作であるが「神の左手、悪魔の右手」のハサミの話もすごかった。                 
私のお気に入りは「恐怖」と題された連作である。あの「うばわれた心臓」もこの中の一編だった。   
あ〜、読みたくなってきた〜。                                  

アルパカ帽子
アルパカ帽子


6月12日                                           

特に記する様な事はなし。終日読書。「文人悪食」嵐山光三郎に引き込まれる。            
夕食のみ1階売店で買ったとんかつ弁当を食べる。                         


6月13日                                           

今日の早朝というか深夜3時前後の事だと思うが、腹が痛くて目が覚めた。              
そんな時間だから、半分寝ぼけていたかもしれない。                        
ゴソゴソと起き上がり、トイレへ。ズボンとパンツを下ろし洋式トイレの便座に座ったところから記憶がな
い。気がついたら、その場にうつぶせに倒れている自分がいた。                   

現場写真
凄惨な現場 「気が付いた時、一瞬自分がどこにいるのか分かりませんでした」(本人談)
ぼんやりと覚えているのは床の冷たい感触が頬にあった事。                     
よいしょと立ち上がり、また便座に座る。今度はちゃんと用を足してベットへ戻りまた寝てしまった。  
朝、顔を洗っている時に気が付いた。右の眉のあたりが触ると痛いしほんの少し腫れてもいる。     
その時になって、昨夜の事は夢じゃなかったのだと気が付く。                    
おそらくトイレで用を足そうと気張った瞬間に気絶し、そのまま前に倒れ、その時に頭を打ったのだろう。
看護師にその事を報告すると、すぐに主治医がやってきて脳にダメージがないか簡単に診察してくれた。 
過去にそういった経験もないので、抗癌剤による血液機能の低下が原因なのではないだろうか。     
とりあえずは問題はなさそうなのでひと安心。                           
調子にのって昨日の夕食にとんかつ弁当を食べたのがいけなかったのか。               
気絶というか、失神したのは生まれてはじめての事である。                     
唯一助かったのは、そのまま糞尿まみれで死んだりしなかったこと。考えるとゾッとする。       

そんな事言いながら、今日ものり弁を夜食べてしまった。あぁ!                   



6月14日                                           

とても大事な入院費用に関するお話です。                             
今日、4月21日の入院開始から5月一杯の入院費の総額が出た。                  
¥1.059.640。これは国民健康保険摘要の3割負担額である。                
ここから健康保険の対象にならない食事代を引くと¥1.028.181となる。           
(ちなみに差額ベッド代なども健康保険の対象とはならない)                    
この金額の10割分+食事代が健康保険が摘要される前の定価となるわけだ。             
¥3.458.729がこの一ヶ月と10日の収支である。                     
家賃月¥2.500.000万円の家に住んでいると考えると凄いものがある。            
この金額にびびられる方は多いと思う。                              
私は一切やっていなかったが、入院保険は入っておいた方がいいのがおわかりいただけると思う。    
上の健康保険摘要額は一時的だが全額支払う必要がある事も頭にいれておいた方がいい。        
一時的といったのは、高額療養費の返還制度があるからだ。                     
上記健康保険摘要額から被保険者の負担額が一定の額以上の場合、その額以上の部分が戻ってくるという制
度だ。今回のケースの場合は総支払額¥1.059.640に対し¥924.019が後日戻り、最終的な
自己負担額は¥135.621と計算ではなる。                          
健康保険制度のある日本に生まれた事を感謝した方がいいのかもしれない。              
ただし、実際お金が返還されてくるまでは数カ月かかりそうだ。病院のソーシャルワーカーに確認したとこ
ろ、高額療養費にあたる医療費が発生した時点で自治体の健康保険課から連絡があるとのことなのだが、今
のところ何の連絡もない状態だ。だから返還されるといっても実際は今後数カ月の間は上記(¥1.059
.640)の3割負担分は支払わなければならないという事を理解しておいた方がいい(仮に返還開始まで
の期間3カ月だとすれば、3百万円近くは一旦自己負担しなければならないという事だ)。       
この後仮に4カ月、つまりトータル5カ月と10日入院したとしてその全自己負担額は約¥611.000
という計算だ(これは高額療養費返還後の収支。治療の方法やその他医療行為により値段は変動する。この
金額はあくまでいままでと同じ負担が続いたと仮定した金額である)。                
最後にこれを保険なしの額にすると、約¥13.500.000となる。この額が病院の収入となる訳だ。
順調にいって約5カ月、約1千3百万円がこの白血病に投じられる訳である。             
私にそんな価値があるのかどうかは考えない方がよさそうだ。                    

首が痛い。先日頭を打っているので、むち打ちの様な状態なのだろう。湿布をもらって貼っている。   
血液検査の結果は白血球数がかなり落ちて来てきている。感染に気を付けなければならない時期。    

最近、このホームページへのアクセスが少し増えている。何気にGoogle検索すると一番最初のページ
でヒットしているではありませんか。結構読まれてるのかな。                    
もう看護士さん達にもバレはじめてるので、うっかり変な事でも書いたら点滴30本ぐらいぶち込まれたり
して(笑)。ここは最高のスタッフが揃っています(スリスリっと)。                


6月15日                                           

夜、「ハウルの動く城」DVDを観賞。                              
なんか終り方が性急すぎてよくわからない。ハウルの問題は解決したようだが、肝心のソフィーの方がスッ
キリしないのだ。                                        


6月16日                                           

朝、トイレで先日と同じ症状に見舞われる。幸い意識喪失はなかったが、正直このまま死んでしまうかもと
考える程激しいものだった。なんとかベットまで自力でもどり、ペットボトルの水を飲もうとしたら、ボト
ルが手から落ちてしまう。寒気もしてきて、計ったら38.8度。あわてて看護士さんを呼ぶ。     
主治医の先生も来てくれてとにかく点滴をはじめる。                        
原因はいまいち分からない。とにかくトイレで気張ると症状が出るという事と、今回症状が出た直後の血圧
が低かったという事である。                                   
その後終日点滴。                                        


6月17日                                           

今食べたいもの。                                        
うな重、オムライス、チャーハン、カレーライス(家庭で作ったもの)、ラーメン(行列しないで食べられ
るもの)、もりそば、カツ丼、天丼、鳥ぎんの鳥釜飯、マグロの刺身(赤身)、ロースとんかつ、崎陽軒の
シュウマイ弁当、沢庵、きゅうりの浅漬け、コロッケうどん、牛丼(吉野屋)、焼き餃子、レバ野菜炒め、
メンチカツ、すき焼き、お好み焼き、豚汁、たぬきそば、寄せ鍋、薄皮まんじゅう、ポテトチップス、メロ
ンパン、コッペパン、納豆、梅干し、焼き鳥(しろ・レバー)、さんま焼き、ぶりの照り焼き、アジの天日
干し、イカの刺身、焼肉、卵焼き、桃屋のごはんですよ、タンメン、みそラーメン、ソースやきそば(屋台
風)、むぎとろ飯、ショートケーキ、牛ステーキ、ハンバーグ、おいしく炊けた白米・・・・・     


6月18日   日曜日                                     

熱も下がり、体調的には元にもどった。ただ、トイレが恐い。                    
トイレで気張ると叉先日の様な貧血状態がきそうで、今日は出せなかった。              
数日振りに夕食は弁当にする。でも何だか、当初の様な感激もない。                 
抗生剤と栄養剤の点滴が続く。                                  
夜10時過ぎ、ワールドカップ「日本VSクロアチア」戦をテレビで見る。正直サッカーに関心はないのだ
これだけ騒がれると気になってくるから不思議だ。結果は0ー0の引き分け。             


6月19日   月曜日                                     

その1
あれ?いない・・・

その1
おや・・・

その1
なんだろう

その1
あ〜、モロボシ・ダンが〜!



ス・・スミマセン・・・あんまり暇なもんで・・・


6月20日   火曜日                                     

今日で入院まる2ヶ月となる。                                  
明日からは3カ月目に突入する。                                 
昨日は鷹澤君が本とCDを持ってたずねてくれる。                         
志ん生の落語CDが面白い。「子別れ」では笑いあり人情ありでおもわず涙ぐむところもあったりして楽し
めた。                                             
日曜日にAmazonに発注した本、「宮沢賢治童話大全」「二十四の瞳」が届く。          


6月21日   水曜日                                     

入院生活3カ月目に突入。                                    
この丸2ヶ月を振り返ると、最初は何だか病気自体が自分でよく自覚できず、だが下手をすると死んでしま
うんだという漠然とした不安の中の1ヶ月。そして入院や病院自体にも慣れ、比較的症状も軽く、療養とい
う感覚で過ごせた2ヶ月目、という感じだろうか。                         
午後、高校時代の友達、近藤氏が訪ねてくれる。20年振りぐらいである。              
話していて最近胆石で入院していたとの事。お互いそんな(病気が出てくる)歳になったんだという言葉に
妙に納得。彼は高校時代「横浜線大爆破」と「非常都市」などの8ミリ自主映画を3年間作り続けていた時
の私の最大のパートナーだった。特撮のミニチュア作りや、警官の制服作り、出演、弾着、モデルガン、音
作りなど。一度はこんな事があった。「非常都市」か「横浜線」だっったかのけん銃の発射音で、音の事は
かなりの部分彼にまかせていたのだが、効果音レコード(CDじゃありませんよ)の発射音が気にいらず、
どこかの名画座で「ダーティーハリー2」の音をカセットテープレコーダーに収録してきたのだ。おかげで
迫力ある音をつける事ができた。                                 
休みの日の学校を借り切って、銃撃戦シーンを撮影していた日々が懐かしく思い出される。       
高校時代はほんとに映画作りに没頭した3年間だった。                       
あの3年間がなければ今の仕事をしている自分はなかったと断言出来る。               
本当にあの時映画作りに参加してくれた近藤氏をはじめその他のみんなにも感謝したい。ありがとう。  
それから差し入れの崎陽軒のシュウマイ弁当とまいせんのトンカツサンド、おいしくいただきました。  
今日から、抗生剤が以前も使用していた「メロペン」に変更される。血液検査でCRP定量が2.9とあが
ってきた為である。効いているのか、熱が37°を越える事はなくなった。              


6月22日   木曜日                                     

今日から病院食を夕食のみキャンセル。売店の弁当かレストランでとる事にしてみる。         
本日はレストランにてラーメン+半チャーハンセット。しかし、舌の味覚がどうも元どうりではなく、おい
しいとは言いがたい。この注文は失敗だった。                           
その他、熱などは一時的に37.1まで上がる事はあってもほとんど36.8前後で安定している。   
抗生剤の点滴は1日3回。1回は1時間程度である。                        
現在、白血球数も下げ止まりに近い状態なので、感染には注意が必要だ。               
無菌室を出る時は当然マスクをして、売店もレストランもあまり人がいない時間をねらって行くようにして
いる。食事も生物(生魚、生野菜、漬け物)などは避けており、火の(煮る、炒める)とおったものを食べ
るようにしている。                                       


6月23日   金曜日                                     

昨日から病院食を普通食に戻してもらったのだが、少し量が多く昼は少し残してしまった。       
お昼過ぎにシャワー。このところシャワーは毎日使うようにしている。                
看護婦長がやってきて七夕の短冊を渡される。この病院はこういったボランティア活動が盛んのようだ。 
もうすぐ七夕なのかとおもうと、本当に月日の経つのははやいものだなぁという感慨ひとしおだ。    
なにか短冊に書いてくれということなので、何を書こうか。                     
夜はレストランでカツ丼。味噌汁がとてつもなく不味い。最初自分の舌のせいかと思っていたのだか、よく
考えると病院食ででる味噌汁にそんな違和感をもった事がないので、これは本当に不味いのだとおもう。 
カツ丼自体は可もなく不可もなくといったところだろうか。                     
あとはいつも通りの単調な1日であった。                             

夜の無菌室
夜の無菌室


6月24日   土曜日                                     

午後、父と兄が来る。実家にたまった郵便物を受け取る。                      
体調は安定している。                                      
白血球中の好中球数がゼロに近くなった。この好中球が感染症から体を守る働きをしているそうだ。   
したがって今あらゆる感染に対してまったく無抵抗な状態ということになる。             
無菌室から出る事自体は簡単なのだが、こういう体なのでマスクは必携である。            
Amazonから「二十四の瞳」DVDと「古今亭志ん生名演集一」CDが届く。           


6月25日   日曜日                                     

シャワーの後、「古今亭志ん生名演集一」CDを聞く。                       
「火焔太鼓」が面白い。テンポのいい語りに引込まれ、おもわずニタリと笑ってしまう。        
「まんじゅうこわい」、知らない人はいないと思う定番だが、志ん生の語り口テンポで聞くとこれが生き生
きと情景が浮かび上がる。さすがとおもわせる芸がここにある。                   
音声のみなので、仕種がわからないのがおしい気もするが、それでも笑わせてくれるパワーがある。   
いや〜、ちょっと志ん生にはまりそうである。                           
さっそく「古今亭志ん生名演集」二と三を注文してしまった。                    


6月26日   月曜日                                     

穏やかな日々が続いている。朝の採血の結果はCRP定量が下がってきていて現在1.6(正常値は0.3
以下)。白血球の全体数も正常値の範囲に入った。ただし、白血球を構成する各々の要素に関してはまだ正
常とは言えないが。                                       
外は梅雨空。                                          
5月分入院費の領収証に関してソーシャルワーカーの方とお話。                   
夜はレストランでざるそばミニ天丼セット。久々の天丼、うまかった〜。               


6月27日   火曜日                                     

特筆することは何もなし。                                    
夕食は、レストランでカツカレー。                                
主治医の先生より、白血球数が順調に上がっているので、近日中に骨髄穿刺(マルク)をおこなうとの報告
があった。                                           


6月28日   水曜日                                     

注文していた本やCDが届く。                                  
夕食は、スパゲティーナポリタン。                                
夜、主治医より今後の治療計画について説明したいので家族を呼んでほしい旨、話しあり。       


6月29日   木曜日                                     

午後、骨髄穿刺(マルク)。                                   
何度やってもあの骨髄液が吸い出される感触はいやだ。                       
志ん生「黄金餅」と「おかめ団子」。「黄金餅」の死体をかついで行くところ、葬式での坊主のお経と笑わ
せてくれる。                                          
夜は、売店でのり弁当とカップそば(小)。                            


6月30日   金曜日                                     

午前中抗生剤点滴。これでいままで1日3回だった点滴も一旦終了。                 
明日からしばらく飲み薬のみとなる。                               
山本周五郎「扇野」を読む。周五郎は以前も読んでいるが、まだまだ作品はたくさんある。       
インターネットで一円で買ったものである(ただし送料があるので3冊で千円ちょっとである)。    
古本に関しては、お店に直接買いに行った方がお徳だろう。                     
夕食はレストランでざるそば天丼セット。                             








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・017 できるかなV3 西原理恵子                              
・018 宮沢賢治全集1(ちくま文庫)「春と修羅」「春と修羅 補遺」「春と修羅 第二集」    
・019 怪奇幻想ホラーマンガ傑作選(文春文庫)                        
・020 妖怪マンガ恐怖読本(文春文庫)                            
・021 文人悪食 嵐山光三郎(新潮文庫)                           
・022 文人暴食 嵐山光三郎(新潮文庫)                           
・023 奥の細道温泉紀行 嵐山光三郎(小学館文庫)                      
・024 日本文化の形成 宮本常一(講談社学術文庫)                      
・025 ふるさとの生活 宮本常一(講談社学術文庫)                      
・026 仏教民俗学 山折哲雄(講談社学術文庫)                        
・027 恐怖特急 阿刀田高 選(集英社文庫)                         
・028 探偵渡邊文雄の怨霊調査報告書(ごま書房)                       
・029 怪談 奇妙な話 山田正弘(二見書房)                         
・030 楳図かずお こわい本 異形1(朝日ソノラマ)                     
・031 楳図かずお こわい本 異形2(朝日ソノラマ)                     
・032 マンガ黄金時代 ’60年代傑作集(文春文庫)                     
・033 ドラえもん ほのぼの安らぎ編(コロコロ文庫デラックス)                
・034 新撰組物語 子母澤寛(中公文庫)                           
・035 浮世双紙 二 石ノ森章太郎(秋田文庫)                        
・036 世界でいちばん優しい音楽1 小沢真理(講談社漫画文庫)                
・037 歯車 石ノ森章太郎プレミアムコレクション(角川ホラー文庫)              
・038 二十四の瞳 壺井栄(新潮文庫)                            
・039 砂漠の惑星 スタニスワフ・レム(ハヤカワ文庫)                    
・040 あほうがらす 池波正太郎(新潮文庫)                         
・041 馬上少年過ぐ 司馬遼太郎(新潮文庫)                         
・    自虐の詩 上・下 業田良家(竹書房文庫)再読                     
・042 西行の風景 桑子敏雄(NHK BOOKS)                      
・043 静かな木 藤沢周平(新潮文庫)                            








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ