パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記 2006年 7月



7月 1日    土曜日                                    

10時より今後の治療に関しての医師の説明がある。                        
父と兄が同席。                                         
基本的には当初の予定通り、抗癌剤による地固め療法を今後も継続していく方向とのこと。       
これは現在までの治療で白血病細胞を顕微鏡レベルで確認できない(寛解)状態を維持していることによる
もの。つまり現在治療は良好に進んでいるという事のようだ。                    
しかし過去の事例からみて、今後再発の可能性はいぜんとして高いので、その場合の造血幹細胞移植の説明
もされる。現在この病院では臍帯血を使った移植が多いが、移植のタイミングなどもあり、骨髄バンクの骨
髄を使う事もあるとの事。いずれにしても、移植自体は普通の点滴と同じで大変な事はないのだが、移植に
備える為の強力な抗癌剤投与と放射線によってもともとの造血幹細胞を完全に破壊するので、移植後も死亡
も含めて生着(移植した細胞が正常に造血を始める状態)までのリスクはあるという説明だった。    
今の段階で考える事ではないが、最長で年を越す入院になる可能性も否定できなくなくなった。     
最短なのは後3回の抗癌剤化学療法のみで寛解を維持する事。この場合で後3ヶ月程度という事になる。 
半分冗談で、移植になった場合はB型(現在はA型)になってみたいとリクエストしてみた。これは造血幹
細胞移植では血液を作り出す機能自体がリセットされる為、移植に使われる細胞の血液型になってしまうた
めに起こりうることなのだ。せこせこしたA型よりおおらかにマイペースのB型になれるならなってみたい
ものだ。これは冗談ではなく本当の話。                              
とにもかくにもジタバタしても始まらない。運を天にまかせるといったら投げやりに聞こえるかもしれない
が、自分にできる事は医師の言う事を信じて治療に専念するしかないのだから。            
来週月曜日から3回めの抗癌剤治療が始まる。                           
夕方医師から、明日の外出許可が出る。                              


7月 2日    日曜日                                    

午前中、シャワーと洗濯。                                    
昼食後、外出の準備をしていると鷹澤君から連絡。これから見舞いにいくとの事。1ヶ月振りの外出であり
、今後1ヶ月は外へ出られない事から、申し訳ないのだが外出を優先させてもらう事にする。ただ一瞬出か
ける時に会えた。塩野君も一緒に来てくれた。                           
さて、病院を出ると予想以上に蒸暑い。昔から汗かきだったが、出かけて数分で汗がふきでる。     
目的地は徒歩15分程の総合スーパーなのだが、とにかく暑い。汗をふきふき何とか到着。       
3階の本屋へ。                                         
ハードカバーから始めて、歴史書、文庫と全てチェック。本屋に入ってから1時間半。買いたい本数冊にめ
ぼしだけつけ、一旦地下へ。今日の夕食の弁当を物色。昨日からうなぎ弁当と決めていたのでそれを探す。
こちらもめぼしをつけて、再び3階本屋へいく。チェックした本5冊を買い、弁当を買って帰途につく。 
4時過ぎになっていた。5時前に病院に帰り、さっそく洗濯。                    
何ヶ月振りかのうなぎはさすがに焼きたてではないので味もそこそこだが、満足だった。量が少なかったの
でお稲荷さん3個も追加。満腹。                                 
鷹澤、塩野両氏からの差し入れが部屋においてあったので見ると、大量の本。そろそろ借りていて読み終わ
った本の返却を考えないと、病室が本だらけになってしまいそうだ。                 
今日買って来た、池波正太郎の「食卓の情景」が面白く、夜中の1時近くまで読んでしまった。     


7月 3日    月曜日                                    

朝食を食べていると、目の隅になにやら動く物をがある。よく見ると大きな蟻が一匹。おそらく昨日の外出
の際にくっついてきたのだろう。無菌室に蟻がいるのもまずいだろうし、かといって殺してしまうのも何だ
かかわいそうだ。つかまえて、空いている薬の袋に入れ、屋上に放してやる。             
そのうち恩返しに来たりするかも。                                
昼前から点滴が始まる。地固め第二段階である。                          
今回は赤い抗癌剤。見た目はかき氷りにかけるいちごシロップに似ている。              
誰かがいちごシロップと入れ替えてもわからないかも。                       
外の蒸暑さを考えると季節がら丁度いいのかもしれない。                      
なかなか風流で粋な抗癌剤だ。                                  
夕方からなんとなく違和感。                                   
夕食は3分の1程度の食欲。前回もそうだったが、流動食に明日から変えてもらう事にした。      
夜も消灯の9時には寝てしまう。                                 
今回は抗癌剤がの効きが早いようだ。                               


いちごシロップ
いちごシロップ


7月 4日    火曜日                                    

終日、抗癌剤点滴。少しだるい。                                 
無菌室から一歩も出ず過ごす。                                  


7月 5日    水曜日                                    

二つある抗癌剤の内、赤い抗癌剤は今日で終了。もう一つのキロサイドは終日24時間ぶっ通しで月曜日か
らきている。昨日インスタントのコーヒーを口にするも味が違う。食欲も量の少ない流動食で十分という感
じだ。                                             
夜、入院直前にやっていた仕事の完成DVDが送られてきた。CGと実写の合成特撮ドラマで、自分自身も
すごくのってやれた仕事だっただけに楽しみにしていた。                      
制作、CGと合成の担当がプロダクションI.G.さんだったのでその完成度に期待も膨らむ仕事だった。
パイロット版という性格なので、細かい内容などはここで書くのは控えるつもりだが、期待を裏切らない出
来であった事だけはお伝えしておきたい。                             
もともとこういう特撮ドラマ思考があるので、本当に楽しい仕事でした。               
スタッフのみなさんお疲れさまでした。                              


7月 6日    木曜日                                    

相変わらずの抗癌剤漬けの1日。昨日より食欲がなくなっている。                  
抗癌剤の副作用といわれる、味覚異常、胃のむかつき、脱毛、だるさ等は一応全て出ているようだ。   
これが後3日。とにかく耐えるしかない。                             
無菌室から出る事もなく、ひたすら本を読む。                           
修行僧の様な1日である。                                    


7月 7日    金曜日                                    

今日は七夕である。                                       
だからといって何があるわけでもないが・・・・・                         
久々にシャワー。洗濯。                                     
友人より「快獣ブースカ」が、Amazonから「古今亭志ん生名演集」が届く。           

話は少し変わるが、今回入院前に住んでいた事務所兼の部屋の手続きその他が全て終わった。      
家賃11万円の新宿区荒木町にある松島ハイツ(又はビル)102号を2年間使用していた。      
家主名は松島純子さん。                                     
引っ越し後、「有限会社 政健」(杉並区高円寺1)さんという業者に見積もらせた現状回復費として請求
があった金額が49万4、306円。                               
ちなみに、私は普通に煙草を吸い、極普通の生活者であった。何か特別部屋を汚す様な事はしていない。 
迅速な対応をしていただき、この金額を請求していただいた不動産業者は               

「昭和エステート株式会社」(新宿区四谷2丁目 第二河上ビル)さん
念のため、一般的な割合負担などの例をこの「昭和エステート株式会社」さんにすると、すぐに16万円の
負担(最終的には敷金22万円から充当)となる。                         
それから私は入院中の為、私と「昭和エステート株式会社」さん合意のうえ委任者2名を立てていたので、
実際の交渉もこの委任者と「昭和エステート株式会社」さんとの間でおこなわれた。          
実に33万円の値引きしてくれるすてきな不動産業者さんは是非紹介しておかないと、今後の為にもよくな
いと思い、全て事実でもあることから、感謝も含めて紹介させていただく。              
その後、「昭和エステート株式会社」さんから支払いの事実がない領収証に日付けを入れずに印鑑押して送
れなどの指示があったが、これはもちろん拒否。後日敷金よりの残金6万円の振り込みを確認後御送付申し
上げた事を付け足しておこう。この辺は税務署さん注目かもしれない。                
ともあれ「昭和エステート株式会社」さん、商売繁盛おめでとうございます。そして2年間お世話になりま
した。                                             

という訳で、四ッ谷の部屋に関して全てが終わった。                        
引っ越しなどを手伝ってくれた友人、知人に感謝である。ありがとうございました。          


7月 8日    土曜日                                    

明日の日曜までだと思っていた抗癌剤点滴が今日までである事がわかり、午後には終了。        
あの点滴スタンドから解放され、ホッとすると、現金なものでお腹が空く。              
さっそくレストランに行き、さるそばを食べる。まだ味覚が戻っていないのか味はあまりよくないが、病院
食に飽きていたので満足。続けてハーゲンダッツのアイスクリーム。夜も売店のお弁当にする。     
夜、見たいテレビもないので、送られた「快獣ブースカ」を見る。                  
素朴な(つまり素人臭い演技)や演出なのだが、それが味になっていてあきることがない。       
空き地や、原っぱ、商店街、私が育った昭和40年代の環境がそのまま舞台になっていることが、一種のデ
ジャビューのように感じられるせいなのかもしれない。そしてそれは『臭い』の記憶でもあったようにおも
う。池波正太郎も書いているが、下町といわれるような町には各々の『臭い』があった。これは情緒的な臭
いではなく、物理的な臭いである。商店街には各食品店が「炒める」「揚げる」「焼く」「煮る」などの臭
いがそのまま外へあふれ、融合し、その場の『臭い』を作っていたのだと思うのだ。          
これは団地や新興住宅地といわれた場所でも同じだとおもう。各家からやはり様々な『臭い』が排出され、
場の臭いを形成していたようにおもうのだ。                            
今や人はこの臭いという文化まで捨てようとしている。『臭い』=「排除」の対象なのだ。       
「消臭」の時代。                                        
それでいて排気ガスなどの臭いには慣れてしまって何も感じないのだ。                
そしてさら来るのは「除菌」の時代。                               
自分が白血病になり、無菌室などに入れられると分かる事だが、人間が成長に伴い獲得する抵抗力とはいか
にすごいものかという事。さながら現代は環境自体を無菌室にしようとしているかのごとくである。   
失いつつある臭いは、人間の情緒や感情にとっても必要なものなのかもしれないのに。         


7月 9日    日曜日                                    

点滴のない朝。やはりいいものである。                              
今日は日曜日。日曜日の病院というのはやはり何だかのんびりしている。               
まぁ自分だけの感覚なのかもしれないが、空気がほんわかしているような気がするのだ。        
外来患者さんがなく、入院患者さんと見舞いの人、そして病院の関係者。               
平日のあわただしさがないようにおもう。                             
午前中は志ん生を聞きながら、不覚にも寝てしまう。                        

昼過ぎから、インターネット。国立博物館の資料を検索。                      
画像検索なので時間がかかる。しかし検索の過程で様々な時代の絵巻や錦絵、浮世絵などを見ていると興味
はつきない。4時間ぐらいあっというまに過ぎてしまう。                      

そういえば、最近感じる事にこの時間の感覚がある。20年程前の20代中ごろに結核で6カ月入院したこ
とがあるのだが、その時と時間の感覚が違うような気がするのだ。                  
あの時の1ヶ月は本当に長く感じた。ところが今はその時の3倍くらい時間が早く過ぎているような感覚が
ある。後10日ちょっとで入院してから丸3カ月になるのだが、「えっ、もう3カ月?」という感じなので
ある。20年前には当然インターネットはなく、6人部屋で、できる事は本を読む事とラジオを聞く事しか
なかったから比較にはならないが。今は無菌室という個室で、テレビとインターネットが楽しめる。   
意外と馴染んでしまっている自分を発見し、とまどうこともある今日この頃である。          

相変わらず朝と昼は流動食3であるが、食欲が出て来た。                      
夜は売店のお弁当とおにぎり1ケ。デザートにアイスクリーム。味覚はまだ戻ってはいないがよく食べた。


7月10日    月曜日                                    

熱が出るでもなく、安定している。午前中はシャワー。                       
午後は読書とCD落語。思い立ってAmazonの古書3册購入。                  
お腹が空く。夕食はレストランで「きつねうどん」と「カツ丼」を食べて久々の満腹感。さらにアイスクリ
ームというコース。                                       
この8階のレストランで食事していると、目の前を一機のモーターパラグライダーが飛んでくる。    
ウエイトレスさんに聞くと時々飛んでくるそうで、その時は必ずこの病院上空まで来るそうだ。     
優雅に飛ぶその姿にしばし見とれる。                               


7月11日    火曜日                                    

突然ではあるが明日病室を変わることになった。現時点では個室か大部屋かわからないが、いずれにせよこ
の無菌室とはお別れである。                                   
思えば約3ヶ月。本当にお世話になりました。                           


無菌室01無菌室02

無菌室03無菌室04
さらば無菌室


7月12日    水曜日                                    

午前中シャワー。その後部屋の引っ越し。一応無菌室仕様の個室である。               
いままでテレビは無料であったが、この部屋は一般病棟と変わらないので有料である。そのかわり、有料で
はあるが電話がついている。                                   
しかし、疑問が一つある。通常こういった個室は差額ベット料金がかかるのだがその辺がいまいち確認出来
ていない。病棟長の説明で保険が効く入院から3カ月の19日までは差額ベット料金は保険でまかなわれる
がそれ以降は料金がかかるとのことだと理解したのだが、その話の時点で差額料金のかからない大部屋でい
いと返答した。しかしながら、私の病気は治療中一時的ではあるが感染しやすい時期があり、無菌室は必要
だとも思うのだ。事の性質上大部屋の無菌室があるとは考えにくい。自分の中ではっきりと納得できていな
いので、明日もう一度確認してみよう。                              
差額料金は保険の対象ではないので、高額医療費の還付の対象ではない。もし、差額料金が発生した場合、
1ヶ月に20数万円の負担が増える事になる。                           

現在白血球中の好中球数がかなり減っており、主治医から感染のリスクが高くなっているので注意するよう
指示があった。                                         


新居
新しい我が家


7月13日    木曜日                                    

やはりこの部屋は仮の宿であった。今月20日までには大部屋へ移動となるようだ。          
ちなみに、大部屋なら入院している必要があるのだろうかと主治医に聞いてみたが、まだ入院管理が必要と
の事。まぁ予想通りの答え。                                   
後2回予定されている地固めはそちらで受ける事になる。                      
体調、食欲いづれも順調。                                    


7月14日    金曜日                                    

午前中、血小板の輸血点滴。                                   
外では暑さが相当らしい。熱中症が話題になっているようだ。                    
夕方、雷を伴った激しい夕立ち。夕食はスパゲティーナポリタンとビーフカレー。一瞬食べられるか心配だ
ったが結局完食。7時頃には雨がが上がり、夕焼けが。                       


714夕焼け


7月15日    土曜日                                    

午後、突然看護士さんが来て「安静度があがった」と告げられ、病棟内以外へ出歩く事を禁じられた。  
好中球数がほぼ0になったのであろう。                              
入院生活唯一の楽しみであった夕食も味気ない病院食に戻さざるをえない。              
当然売店へも行けない。洗濯へも行けない。                            


7月16日    日曜日                                    

わずかな自由を奪われることが辛くなってきた。                          
水を買いに行くことも出来ない。こうなってくるとあらゆる事が不満の種になってくる。        
部屋を移った段階で看護士達も変わったのだが、その看護が事務的で気に入らない。何か頼んだり、お願い
したりする気にならない。一言で言うならば「虫が好かない」ってやつだ。              
そのほかには、以前と違ってお湯を自由に使えない。いちいちナースステーションへ行ってもらわなければ
ならないのだが、それも嫌になったので今日は水でインスタントコーヒーを溶かして飲んでいた。    
電気ポットをAmazonで購入した直後、この病棟では使用禁止だと聞かされた。          
事なかれ主義だね、まったくもって。                               
その水ももう無くなるので何とか自力で手に入れる方法を考えなければならない。           
何で我慢できないとお考えの方もいるかもしれないが、同じように自由を奪われなければこれはわからない
だろう。正直、4月に病気がわかった時点で後1、2週間ほっとけば死ねて、今より楽だったろうにとすら
思ってしまう。                                         
ほんとに何もかもが嫌になる!                                  

水の宅配サイトを発見。注文する。                                


7月17日    月曜日                                    

昨日はジタバタしてしまったようだ。                               
少なくても後2カ月以上ここにいる事になるのだから、そんな事言ったって始まらない。        
あきらめるしかない。                                      
あ〜ぁー                                            
昨日から3食とも病院食。                                    
病院で出る食事のまずさといったら、作っっている人は味をみているのだろうかと考えてしまうほどだ。 
これからはお見舞いも本やCDではなく、消えもの(食事)がいいなぁ。               
本やCDはAmazonで買えるるけど、食べ物はなかなか。いわゆる生物(刺身、身がむき出しの果物、
生野菜、生魚)でなければOKです。あくまで希望ですが・・・                   

Amazonから注文していた本が届く。                             


7月18日    火曜日                                    

今日、個室から4人部屋へと移動した。                              
後どのくらいになるかは分からないがここで過ごす事になる。                    
昼食に出たとり肉がほんとに不味く、食べられなかった。私の味覚も完全とは言わないが、これはおそらく
誰が食べても「不味い」と思うのではないだろうか。あんまり不味いので写真撮っちゃいました。    
4人部屋初日は、やはり良くは眠れず、4回もトイレに行ってしまった。               
まぁ、昼間寝て取り戻せばいいんですけど。                            


711個室
さらば個室


不味い!
不味くておもわず記念撮影!


7月19日    水曜日                                    

午後少し熱が上がる。昨日から抗生剤の点滴がはじまっているのだが・・・              
個室の住み心地は、可もなく不可もなくというところだろう。複数の人間が集う部屋ではそこにいるひとで
環境が決まる。今は大人しい(静か)な人達と一緒なので助かっている。               
20数年前、結核で入院した時は6人部屋で、ベットを仕切るカーテンなどなかった。私はたまたま3人側
のまん中だったので、どちらにも人がいる状況で6カ月過ごしたのだ。                
それに比べれば今はカーテンにより視覚的なプライバシーは確保できるので、当時とは雲泥の差である。 
昼間は「怪談新耳袋」「大魔人」のDVDを見て過ごしていた。                   


7月20日    木曜日                                    

今日で入院丸3カ月が過ぎた。明日から4カ月目に入る。                      
病気で入院している者は皆そうであろうが、退院までの日を指折り数える。しかし、今回のこの白血病に関
してはどうなのだろうか。一応の目安は聞いているが、実際はその時にならなければ分からない。    
午前中のシャワー時脇の下のしこりに気が付く。触ると痛みもある。特に右脇の下のしこりが痛い。   
看護士さんに報告しておく。                                   
午後には熱も上がり始め、最高38°までいく。どうも1日3回の抗生剤が効いていないようだ。    
寝る時に氷り枕を用意してもらう。                                


7月21日    金曜日                                    

脇のしこりが痛くなってきた。左側も痛みだした。                         
触診にて、リンパの腫れだろうという事と何かの感染であろうという事が、断定ではないが言われる。  
安静度が上がり、アイソレーターをベットの上に置いてから一週間、病棟から出ていないのだが・・・・ 
白血球数も1000と、戻る方向で増えているようだ。                       
入院4ヶ月目に突入。                                      
洗濯にいきた〜い。                                       


7月22日    土曜日                                    

10時にシャワー。                                       
今日は病院のすぐ前にある神社のお祭り。だが病室の窓からは残念ながら音しか聞こえない。      
病棟の隅にある窓へ行くとかろうじて少し見えた。                         
遠くに見える神輿の列は、少し寂し気で幻のような儚さをたたえていた。               
午後には父、母、兄がやってくる。父が足をひきずっているのがきになった。母も昨年の入院以来、杖の世
話になっているのだが、夫婦二人とも足に来ているとは・・・                    
私も今病棟から出られないので、兄に洗濯と買い物を頼めて助かった。                
結局2時間以上足止めしてしまった。                               
脇の痛みは昨日に比べ半分程度痛みになり、昨日の夕方から抗生剤が「メロペン」に変わったせいか熱も平
熱になっている。                                        


7月23日    日曜日                                    

てぇへんだ!てぇへんだ!!                                   
昼食にな、なんと”うなぎ”が。                                 
うなぎ大明神様じゃ〜!                                     
こんな事して病院は大丈夫なのだろうか、潰れたりしないのだろうか。                
例え台湾・中国の養殖うなぎであろうと”うなぎ”様は”うなぎ”様じゃ〜。             
”うなぎ”様を見ていると、生きる希望が湧いてくるのは私だけだろうか。              
先日から白昼夢のようによく見る夢に、『うな重の2段重ね』がある。いつかきっと実現してやる〜。  



うなぎ様神々しいお姿
うなぎ様じゃ〜!頭がたか〜い!


脇の下のしこりも抗生剤がメロペンに変わってすぐにほとんど痛みを感じないまでになった。      
抗生剤で治るということは細菌性のものではなかったかということである。              


7月24日    月曜日                                    

朝、採血。CRP値は下がっているようである。                          
洗濯や、レストランでの食事、売店での買い物のお許しが出るのではないかと期待したが、何も動きはなし
であった。終日部屋から出ず。コーヒーの味が少し戻ってきているので、朝から3〜4杯飲む。     
夕方からは紅茶を2杯。                                     
DVD『大魔人怒る』と『わんぱく王子の大蛇退治』2本立て。                   


7月25日    火曜日                                    

洗濯いきたい・・・                                       
売店いきたい・・・                                       
もうすぐ八月。夏休み。お盆・・・・それにしてもまだ梅雨明けしていないようだし・・・       
Amazonから本・CDが届く。『男の作法』をさっそく読んでいる時に偶然作者池波正太郎が白血病で
亡くなっている事を知る。今までそんな事まったく気にしないで読んでいた。白血病が引き寄せたのだろう
か。薄い本なのですぐに読了。『日本残酷物語1』を読みはじめる。                 


7月26日    水曜日                                    

「病棟内フリーの許可が出ました」と看護士に伝えられた。聞いた私は一瞬何の事かわからなかったが、直
に何の意味もない許可だという事に気が付いた。なんの事はない水が自動販売機で買えるようになるだけの
事なのだ。洗濯はもちろん売店へ買い物に行けるわけでもない。正直そんなしょうもないこといちいち報告
するな!というのが今の気持ち、うれしくも何ともないし逆に落ち込むだけだ。まったく。       

身近な家族といえば、老齢で足を悪くしている両親と仕事で忙しい兄しかいない私。          
両親には見舞いには来なくていいと言ってある。母は杖をつき、父は足を少し引きずりながら生活している
のだ。誰が来てくれと言えようか。その辺がまったく分かっていないのだ。自分の事は極力自分でやる。 
たとえどんな病気、病状であってもだ。                              
毎日のように家族がきて、身の回り世話をしてくれるなどは望むべくもないのだ私には。        

と、ここまで書いているところで、何とか洗濯だけはOKとなった。正直「転院」または「自主退院」も頭
をよぎっていたので間一髪というところであった。                         


7月27日    木曜日                                    

午前中シャワー。その後洗濯へ。                                 
洗濯は何日振りだろうか。実に11日振りである。                         
週末の外泊を許可される。                                    
次回地固めで背中への骨髄注射をする旨告げられる。背骨へ針を注すなんていかにも痛そうだが・・・・・
外は相当に暑そうである。                                    


7月28日    金曜日                                    

明日からの外泊が正式に許可になった。                              
月曜日31日の午前中までの予定である。                             
とりあえずは、うなぎを食べまくる事になるだろう。外泊許可の申請書にも「うなぎが食べたい」というの
が理由となっている。                                      
入院以来、初の外泊となる。3カ月振りに病院以外で寝るというのはどんなものであろうか。      


7月29日    土曜日                                    

今日から外泊。                                         
火曜までこの日記はお休みします。                                


7月31日    月曜日                                    

29日、外は暑い。病院から一直線にうなぎ屋「川豊」へ。看護士さん達からここは美味しいと聞きさっそ
く訪問。店で一番高いうな重を注文。正直な感想としてはよく味がわからなかった。抗癌剤のせいだと思う
が味覚がまだおかしいようだ。しかしうなぎはうなぎ、完食させていただきました。          
家へのおみやげに3人前持って実家へ。当然夜もうなぎとあいなった。                
駅の階段を登るも途中で息が切れてきて、登ったところのベンチで休まざるをえない。自分が病気であるこ
とを思い知らされた。                                      
30日、終日家でのんびりすごす。何もしない1日であった。                    
31日午前中、ふたたび病院へ。                                 
採血による血液検査の後、午後にマルク。                             








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・044 扇野 山本周五郎(新潮文庫)                             
・045 食卓の情景 池波正太郎(新潮文庫)                          
・046 大炊介始末 山本周五郎(新潮文庫)                          
・047 橋ものがたり 藤沢周平(新潮文庫)                          
・048 水木しげるの奇妙な劇画集 水木しげる(筑摩文庫)                   
・049 ウルトラマン誕生 実相寺昭雄(筑摩文庫)                       
・050 散歩のとき何か食べたくなって 池波正太郎(新潮文庫)                 
・051 日暮れ竹河岸 藤沢周平(文春文庫)                          
・052 柳橋物語・むかしも今も 山本周五郎(新潮文庫)                    
・053 脇役 子母澤寛(文春文庫)                              
・054 味覚極楽 子母澤寛(中公文庫)                            
・055 私、映画のために1億5千万円集めました。 益田裕美子(角川書店)           
・056 元祖怪獣少年の日本特撮映画研究四十年 竹内博(実業之日本社)             
・057 伊丹万作「演技指導論草案」精読 佐藤忠男(岩波現代文庫)               
・058 父の詫び状 向田邦子(文春文庫)                           
・059 雪明かり 藤沢周平(講談社文庫)                           
・060 思い出トランプ 向田邦子(新潮文庫)                         
・061 剣客商売一 剣客商売 池波正太郎(新潮文庫)                     
・062 男の作法 池波正太郎(新潮文庫)※作者が白血病で亡くなっている事を知る。       
・063 日本残酷物語1ー貧しき人々のむれ(平凡社)                      
・064 むかしの味 池波正太郎(新潮文庫)                          
・065 日曜日の夕刊 重松清(新潮文庫)                           
・066 なめくじ艦隊 古今亭志ん生                              








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ