パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記 2006年 8月



8月 1日    火曜日                                    

8月になってしまった。春の盛りに入院し、季節は夏に。                      
退院できるのは秋?、それとも冬?。                               
午前中シャワー。その後洗濯。洗濯機2台分の洗濯。                        
午後は手紙を書いたり本を読んだりで過ごす。                           


8月 2日    水曜日                                    

午前中は特に何もなし。                                     
今日の夕食の味、臭いがまったく受け付けられなかったので、弁当を急遽買いに行ってしのぐ。     
白血球、好中球共に正常の範囲に入ってきた。前回よりはゆっくりめのようである。          
主治医から一食のみ以前のようにレストラン、弁当が許される。明日からである。           


8月 3日    木曜日                                    

午後一番でシャワー。                                      
Amazonから本が届く。今回は夏らしくホラーを中心にしてみた。夜トイレいけないかも・・・・・ 
今日から夕食のみレストラン叉は弁当。きょうはレストランでそばとミニ天丼セット。やはり病院食よりは
美味しく食べられた。明日はなにを食べようか。入院していると楽しみは食べる事ぐらいしかない。しかも
月の半分ぐらいは抗癌剤の影響か味の感覚がかなりおかしくなってしうので、あるていどまともに食べる事
を楽しめるのは残りの半分しかない。楽しめる時に楽しんでおかないと。               
こういうホームページをやっていると、見ず知らずの方から励ましのメールをいただいたりして驚く事があ
る。ありがたいことである。                                   


8月 4日    金曜日                                    

同室の方一人が退院。いままで4人部屋の入り口側だったのだが、窓側へ移動。いままでの所に不満があっ
た訳ではないが、これがこの病院のしきたりらしい。一気に日中が明るくなる。            
窓から見える景色は以前無菌室から見ていたのと変わらないので特に新鮮味はないが、視界が一気に開けた
ので開放感はある。退院の時までここで過ごすのであろうか。                    
夕食はスパゲッティーナポリタン、カレーパン。                          


8月 5日    土曜日                                    

私以外のの仲間達は仕事で充実した日々を送っているようである。                  
それに引き換え私はといえば・・・                                
先日の外出で思い知らせれたあの体力ではとても以前のような仕事は無理ではないか。どの程度回復するの
かが今はわからないので何ともいえないが、正直階段の上で今にも座り込みそうな息をしている自分に愕然
とし、次に情けなくて涙が出そうになった事はよく覚えている。                   
自分の身体が自分の思うように動かないという苛立ちと焦燥感。                   
何だか暗たんたる未来が少しづつ見えてきているような漠然とした不安が日に日に大きくなっている。  
もとのような生活に戻れる「回復」が「回復」だとおもっていたが、そうは問屋が卸さないかもしれない。
抗生剤の点滴が今日よりなくなる。                                
主治医が来て、月曜より地固め3セット目を開始する旨告げられる。今回は背中の骨に注射し、骨髄に直接
薬を入れる治療があるようだ。同時に今日明日外出の許可が出るが、今日は何をしていいか分からず、明日
近所のコンビニへ買い物に行く事にする。                             
今日の夕食は病院の売店でのり弁とおいなりさん。                         


8月 6日    日曜日                                    

昼、広島の原爆犠牲者へ黙とう。                                 
外出は結局コンビニではなく歩いて15分程のイトーヨーカドーへ行くことに。            
外は以外と涼しい。汗をかかないようにゆっくり歩く。                       
本屋で本を物色。地下のとんかつ弁当屋で同室の人の分も弁当を買い病院へ戻る。           
とんかつを満喫し、洗濯。夜の洗濯室には誰もおらず以外と怖い。                  


8月 7日    月曜日                                    

今日から地固め3セット目開始。                                 
午後背中への骨髄注射(略して髄注・・・ピカチューの親戚?)から始まる。脳へ悪い血液が行かない為の
薬を注入するそうである。思ったよりは痛くはなかった。                      
その後「アクラシノン」という出来損ないのフランス人の様な薬の点滴が始まる。           



アクラシノン
赤、青と来たらやっぱり・・・


入院直前まで撮影していた「お伊勢さまに学ぶ 豊かな自然と恵み」財団法人 神道文化会DVDが完成し
送られて来る。まだ紀伊国屋版3本が編集中なのでそちらを観てから色々考える事にする。       

夕方ぐらいから、薬のせいか少し頭が重い感じがし始める。                     


8月 8日    火曜日                                    

24時間ぶっ続けの抗癌剤点滴中である。                             
少しだるさを感じる。                                      

ところで病院食には今までごはんとパンの選択肢しかないと思っていたのが、同室の人から麺の選択もある
事を聞きさっそく夕食より変更してもらう。うどんであったが満足であった。何で早く教えておいてくれな
かったのか。病院側からは麺の存在の説明は一切なかった。                     

Amazonから本とDVDが届く。                               


8月 9日    水曜日                                    

朝から台風の影響か雨。                                     
私はここで何をしているのだろうか?                               
この病気に治癒なんてありうるのか?                               
もしないとすれば今こうしている時間は一体何の為の時間になるのだろうか?             
退院=治癒なのか?                                       
日に日に、「復活なんて出来るのだろうか」という疑問がふくれていく。               
以前のように仕事する事はかなり難しいことなのかもしれない。                   


8月10日    木曜日                                    

昨日とはうって変わって日本晴れ。                                
暑そうである。外には一切出ていないのでわからないが。                      
抗癌剤続行中。少し気分がすぐれない。髪の毛も少量だが抜けはじめる。               
今回は5日間ぶっ続けの「キロサイド」と「アクラシノン」も明日まで連日あるようだ。        
味がわからなくなっているようで、コーヒーは昨日あたりから飲みたくなくなっている。        
とにかくこの点滴中は点滴スタンドを押して歩かなければならないので、わずらわしい。        
いきおいほとんど動かなくなるので終日ベッドの上で過ごしている事が多くなってしまう。       
午前中シャワー。その後洗濯。                                  


8月11日    金曜日                                    

朝からどんよりとした雲がたれこめている。                            
コーヒーに続いて紅茶も飲みたくなくなる。                            
後1日でとりあえず点滴スタンドからは解放される。                        
夕方、晴れてくる。                                       
夜、主治医が来て明日の赤血球の輸血を告げていく。                        


8月12日    土曜日                                    

昼前の点滴でやられた。                                     
気分がすぐれず、昼食はほとんど残してしまう。                          
赤血球の輸血も午後に始まる。                                  
血小板以外の輸血は始めてである。                                
いがいと遅くなり、午後5時に全ての点滴が終了。あわててレストランに駆け付けるも土・日は5時終了な
のですでに終わっていた。しかたなく1階売店の味付きイカフライ弁当で済ませる。          
スパゲティーを食べようと楽しみにしていたのでちょっとがっかり。                 
夜はDVDで「七人の侍」を観る。3時間27分、一気に魅せるその作品世界に没頭する。       



赤血球1赤血球2
点滴の締めくくり




8月13日    日曜日                                    

午前中、することもないのでシャワーにする。                           
午後、友人3人(鈴木・安田・岡崎)が訪ねてくれる。差し入れにうなぎ。しかし味の感覚がまったくだめ
なのを再認識する結果となった。まったくといっていいほど味がしない。かすかに匂いを感じるだけである
。美味しそうなうなぎなのに・・・                                
しかし、久々の馬鹿話しに気分も晴れた。                             
差し入れにヒッチコックとホークス、そしてタランティーノの「キル・ビル」などのDVD。      
夜さっそく「キル・ビル」を観る。タランティーノの日本おたく振りがいかんなんく発揮されているその内
容に圧倒されっぱなし。千葉真一の「熱さ」も健在。とにかくタランティーノは日本的に「斬り」たかった
んだろうと思う。最後の石井のやられ方だけ「ゾンビ」が入っているような。とにかく「2」が観たくなっ
た(以前レンタルで借りて、最後まで観れなかったのはこの2かもしれないが・・・)。        
それから同じく差入れの「PLWTO プルートウ」浦沢直樹×手塚治虫も面白い作品で一気に読んでしま
った。原作の「鉄腕アトム 地上最大のロボット」を再読したくなった。               


8月14日    月曜日                                    

午前中は晴れていたとおもったらにわかにかき曇り、どしゃぶりの雨になり、そしてすぐにまた入道雲の青
空となるというような、まことに夏らしい天気だった。                       
世の中は「お盆」のまっただなか。帰省ラッシュで100キロ渋滞等と聞こえてはくるが、病院には関係の
ない話し。病室から見える病院の駐車場もいつもよりは少ないかな程度で、外来も賑わっているようだ。 
朝の採血の結果は、順調に白血球数、好中球数共に下がっているようだ。               
あさっての水曜日に輸血をする旨報告が主治医からあった。                     
午後はぼんやりとネットを見たり、本を読んだり、CDを聞いたりして過ごす。            
まだ頭が少し重い感じが続いている。                               
味覚は今が最悪のようである。何を食べてももそもそした感じが舌にあるだけ。においもあまり感じない。
夕食はレストランでスパゲティーミートソースを食べる。                      
不思議なことだがデザートに売店で買っているアイスクリームの味は普通にする。何故なのだろう。   


8月15日    火曜日                                    

天気がぐずつき雨模様の1日。                                  
午前中シャワー。                                        
食事はレストランでカツカレー。先日から生物のサラダを最初からつけなくていいとリクエストすると、替
りにコーヒーをつけてくれる。感謝。                               
夕方、同室の方の容態が急変したのだが、すぐに持ち直しホッとしている。歩けないのでお茶を運んであげ
る。夜は久々に「快獣ブースカ」DVD。相変わらずの夢のある話にひきこまれる。          


8月16日    水曜日                                    

ぼんやりと過ごした一日。                                    
午前中は天気もぐずつき、雨も。                                 
午後になり夏らしい積乱雲が空に描かれる。窓越しの風景、特にベットに横になり空だけ見ているとそこは
画のような世界だ。窓枠が額縁である。                              
血小板の輸血。                                         
終わってからアレルギー反応のかゆみと発疹が少し出る。すぐに薬でおさえると一時間もしないで消える。
しかし37°代の微熱が夜まで続く。                               
朝の採血の結果は白血球数が1100、好中球値が11。間もなく安静度が上げられ、行動に制限が出る日
も近いだろう。                                         
夕食はそばと天丼のセット。                                   
差し入れのDVD「三つ数えろ」を見るが、集中できなかったせいもあるのか、あまり面白い作品ではなか
った。ボガートはかっこいいマーローだっったが、バコールの魅力が生かしきれていないと感じた。   
撮影も特に特筆するような技術は感じられなかった。                        


8月17日    木曜日                                    

午前中少し雨が降るも午後は晴れる。夏らしい空だ。                        
昼間はネットラジオで音楽を聞いて過ごす。今、剣客商売の本が残り一冊残るのみの状態で、次の本が到着
するのが日曜か月曜になりそうなので、わざと読まずにいる。                    
夕食はスパゲティーナポリタン大盛り。味はあいかわらずまったく分からないが、満腹感はあった。   
夜は差し入れDVD「バルカン超特急」。観るのはおよそ20年振りぐらいだろうか。ヒッチコックのイギ
リス時代の作品。何かDVDの字幕がせわしなく翻訳も稚拙な感じがする。しかし列車に乗ってからの展開
はスリリングであきさせないのはさすがと思わせる。列車関連でミニチュア特撮が多用されているのはやは
りイギリスの伝統であろうか。この辺の感覚日本映画に非常に近いものがある。スクリーンプロセスなどの
簡易な合成も効果的に使われている。列車の窓伝いに男が移動するその向こうから対向列車がすれ違う場面
など後の列車サスペンスには必ずといっていいほどの定番となった。                 
9時ぐらいには観終わってしまったので、「快獣ブースカ」を3本程観て就寝。            


8月18日    金曜日                                    

今日は朝から快晴。                                       
昼過ぎ、ひょっこりと父が現れる。                                
高齢なので、この暑さのなか電車をのりついでやってきたのかと思うと逆にこちらの方が心配になる。  
夕方、レストランから戻ると、安静度が上がった旨知らせが。                    
明日から3食とも病院食になる。                                 
夜はDVDでヒッチコックの「見知らぬ乗客」。昨日の「バルカン超特急」よりもよりヒッチコックらしさ
が顕著になっている作品である。殺人、狂気、時間のサスペンス等など。娯楽性の高い作品。      
映像的にも「眼鏡に写る炎」や「画面をかたむけた不安定な構図」など凝っている。          
おおいに楽しめた。                                       


8月19日    土曜日                                    

今日からベットの上にアイソレーターという簡易の無菌室をつけられる。               
白血球、好中球数が上昇するまでは行動に制限が加えられる。                    
飲み物を買いに行く以外は終日ベットで過ごす。                          
夜、耳鳴りがひどく体も何となくだるい。8時過ぎには寝てしまったようだ。             


8月20日    日曜日                                    

今日で入院後丸4ヶ月が経過した。                                
早かったような、遅かったような。                                
とにかく短くはない日々ではあった。                               
この白血病という病を宣告され、何だか分からないうちに入院し、治療しながら馴れていったというのが正
直なところ。最初の月は、熱が40°突破したりはじめての抗癌剤に気持ち悪くなったり。次の月は貧血症
状に悩まされ。3カ月目は無菌室から大部屋へ引っ越し。比較的安定した4ヶ月目。          
後どのくらいで退院できるのかは今のところ分からないが、順調であれば来月一杯といったところなのだろ
うか。予断は禁物だが・・・                                   
Amazonからやっと本が届いた。                               



8月21日    月曜日                                    

今日から5ヶ月目に突入!!                                   
春・夏・秋と三つの季節を過ごす事になるのでしょう。                       
先日読んだ「夕凪の街 桜の国」という漫画をふたたび読む。                    
ヒロシマで被爆した人々の3世代に渡る物語。しかしその語り口はやさしさに包まれている。      
短いお話の中にこれらを巧みに織込んでいる。「生きてしまった」事に苛まれる皆実(みなみ)が同僚の平
野から愛情をしめされて戸惑い、悩み、「生きて行くこと」に気が付いた時に運命はそれを許さない。  
淡々とした語り口が逆に皆実の生を際立たせる。                          
版を重ねているようなので相当読まれているようだが、素晴らしい作品でした。きっと今後もくり返し読む
ことになる作品です。                                      

夜、少し微熱が出る。                                      




8月22日    火曜日                                    

「夕凪の街 桜の国」には風と匂いが描かれている。だから物語がすんなりと心に染込んでくるのだろう。
作者のこうの史代、しばらく追い掛ける事になりそうである。                    

一日中アイソレーターの中で過ごす。音楽を聞いたり、本を読んだり。アイソレーターにかかるビニールを
通してみる風景は少し歪んでいる。雲も空も建物も。                        
終日微熱がある。37.2〜5°ぐらいをフラフラと。                       
入院当初、43.3°まで熱が上がったのが懐かしいと看護士さん。確かに私は昔から熱が出やすく、しか
も出る時は高熱になる事が多い。今までも40°を突破した事は記憶しているかぎりで3回ある。    
37°台ではびくともしないのである。                              




8月23日    水曜日                                    

CRP値が上がっているようで、今日から抗生剤メロペンの点滴が追加された。今日は夕方と夜の2回だが
、明日からは一日3回となる。                                  
日中少し雲が出たがおおむねよい天気の一日であった。外は暑いんだろうな・・・           

昼すぎから「二十四の瞳」をふたたび観賞。この作品も昭和29年の作品。この昭和29年は「七人の侍」
「ゴジラ」も公開された年である。今にして思えば凄い年だな。                   
夜は先日Amazonで購入した「飢餓海峡」のDVDを観る。                   
3時間の大作だが、何回観ても飽きない。もう一体何回観ただろうか。おそらく2、30回ではきかないだ
ろう。伴淳三郎が素晴らしい。監督の内田吐夢からそうとう厳しい演技指導をされたようだが、執念の刑事
を演じきっている。左幸子、三国連太郎も素晴らしい。あのトロッコでの出会いの場で美味しそうにおにぎ
りにかぶりつく二人は何度観ても印象に残る。文句無しの傑作である。                




8月24日    木曜日                                    

昼頃から熱が38、3°まで上昇。採血とレントゲン。抗生剤が増やされる。             
食欲はあるが、体がだるい。                                   




8月25日    金曜日                                    

朝、熱が38、6°まで上昇。夕べは寒気も短時間だがあった。                   
夕方39.1°まで一時的に上がる。                               
解熱剤を服用。熱は36.9°まで下がる。                            
終日ベットの中なので腰が痛い。                                 




8月26日    土曜日                                    

朝、38.8°。                                        
夕方、38.9°。双方とも解熱剤の服用で平熱まで下がる。                    
夕食は、同室の方が外出で買ってきてくれたパンをいただく。おいしい。               




8月27日    日曜日                                    

今日は誕生日。とりあえず47年間は生きる事ができた。                      
熱は朝、36.3°。夕方は37.7°。                             
38°台になることはなかった。ようやく抗生剤が効いてきたようだ。おそらくCRP値も下がっているだ
ろう。解熱剤は使用せずに抗生剤の点滴のみで過ごす。                       
一週間で9册の本を読了してしまった。少しペースを落とさないと、本を買い過ぎてしまう。      
ゆっくり読んでいるつもりなのだが、やはり有余る時間がそれを許してしまうのだろう。        



4人部屋
47年目・・・状況






8月28日    月曜日                                    

空には秋の気配がする。外の事はわからないが、気温もそれほど高くはないのではないだろうか。    
朝、採血。白血球、好中球共にプラスに転じているような気がする。CRP値も下がっているだろう。  
そろそろ安静度も下がるのではと期待している。何せ、アイソレーターをベットの上につけられてから11
日目、洗濯にも行かずに耐えて来たのだから。                           
あさっての採血の結果で決まるのではと思っている。                        
とりあえず今日の採血の結果は知らせてもらえなかった。                      




8月29日    火曜日                                    

CRP値は6.6。思った程下がってはいなかった。白血球数も1200。              
ただ熱は上がらないので楽だ。午後、赤血球の輸血。ヘモグロビンが5.7と普通の半分しかない為だ。 
貧血症状としては耳鳴りぐらいのものなのだが、念の為だろう。                   
先月より全体の回復ペースが遅くなっているようだ。                        
アイソレーター12日目。解放されるのはいつになるのか・・・                   




8月30日    水曜日                                    

静脈カテーテルからの採血や点滴がうまくできなくなった。何らかの原因で管の内部が詰り気味なのだろう
か。明日管の入れ換えをおこなう事に。                              
採血の結果、白血球数は1900。とりあえず洗濯はOKになった。                 
アイソレーターはまだ外れない。                                 
夕方さっそくたまった洗濯をかたずけに。                             
夕立ち。                                            
夕食に以前買ってあったミニカップヌードルカレー味を食べる。                   
久々なのでうまい。                                       




8月31日    木曜日                                    

看護師長がやってきて、部屋を変わってほしいと突然告げられる。                  
病棟に女性の大部屋をつくる為に男性患者を整理しているとのこと。                 
それによってまたまた無菌室へ移動となった。                           
決して病状がわるくなったからという訳ではなく、あくまで人数整理の為とのこと。          
以前いた準無菌2ではなく、無菌2号室へ。また冷蔵庫が使えるのが唯一嬉しい。           
しかし、大部屋にも慣れたところで移動となったため、話す人もいなくなり、人の気配も遠ざかってしまっ
た印象があるせいか少し寂しい。                                 










○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・067 あやかし通信『怪』 大迫純一(ハルキ・ホラー文庫)                  
・068 怖い本1 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)                       
・070 怖い本2 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)                       
・071 怖い本3 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)                       
・072 剣客商売二 辻斬り 池波正太郎(新潮文庫)                      
・073 きよしこ 重松清(新潮文庫)                             
・074 東電OL殺人事件 佐野眞一(新潮文庫)                        
・075 剣客商売三 陽炎の男 池波正太郎(新潮文庫)                     
・076 怖い本4 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)                       
・077 怖い本5 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)                       
・078 東京伝説 死に逝く街の怖い話 平山夢明(竹書房文庫)                 
・079 東京伝説 渇いた街の怖い話 平山夢明(竹書房文庫)                  
・080 もっとソバ屋で憩う 杉浦日向子とソ連編著(新潮文庫)                 
・081 PLWTO プルートウ 01 浦沢直樹×手塚治虫(小学館)              
・082 PLWTO プルートウ 02 浦沢直樹×手塚治虫(小学館)              
・083 PLWTO プルートウ 03 浦沢直樹×手塚治虫(小学館)              
・084 夕凪の街 桜の国 こうの史代(双葉社)                        
・085 剣客商売四 天魔 池波正太郎(新潮社)                        
・086 怖い本6 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)                       
・087 ホクサイの世界 小松左京ショートショート全集1 小松左京(ハルキ文庫)        
・088 西の魔女が死んだ 梨木香歩(新潮文庫)                        
・089 われはロボット[決定版] アイザック・アシモフ(ハヤカワ文庫)            
・090 第三の時効 横山秀夫(集英社文庫)                          
・091 月よ、さらば 小松左京ショートショート全集2 小松左京(ハルキ文庫)         
・092 剣客商売五 白い鬼 池波正太郎(新潮社)                       
・093 終着の浜辺 J・G・バラード(創元SF文庫)                     
・094 果てしなき流れの果に 小松左京(ハルキ文庫)                     
・095 剣客商売六 新妻 池波正太郎(新潮社)                        








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ