パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記 2006年 9月



9月 1日    金曜日                                    

9月でございます。                                       
秋ふかしの9月でございます。                                  
天高くでございます。                                      
この空の下、柴又のさくらやおいちゃん達も・・・                         
う・・・ゆ、夢か・・・                                     

Amazonから本が届く。「こっこさん」を読了。こうの史代、この人はまず絵がうまい。お話も日常の
ありふれたものなのだが、絵で魅せる。買って正解でした。                     
読んでいると知らず知らず、心がフワーっとしたもので満たされていることに気付く。そんな作品です。 

今日やっと安静度が下がり、病院内フリーとなる。                         
白血球数2900。                                       
さっそくレストランで「カツカレー大盛り」を。娑婆のめしはうまいなぁ〜。             



無菌室1無菌室2
新しい住処




9月 2日    土曜日                                    

静脈カテーテルの調子が1週間前ぐらいからおかしかったのだが、今日入れ替える事になる。      
「翼はいつまでも」川上健一読了。最初ビートルズ絡みの青春小説とのことで最後まで読めるかどうか不安
があったのだが、面白くて最後まで一気に読んでしまった。主人公の中学生と同じく私も中学時代に野球部
だったし、小説とは逆だが転校にまつわる想い出もあり、素直に感情移入ができた。          
夏、十和田湖の木製棧橋に座る主人公の神山と斉藤多恵との情景が美しい。              

少しのびてきていた頭髪が抜け始めている。                            
先週ぐらいから抜け始めた眉毛ももうやばい。「仁義なき戦いー成田死闘編」である。         
夜道でいきなり刺されるかもしれない面相になってきた。                      



仁義なき戦い
往生しいや!!




9月 3日    日曜日                                    

こうの史代の本をゆっくり読もうと考えていたのだが、面白くて全部読んでしまった。         
「さんさん録」では人が死んでも残せる言葉という魂がある事を。「長い道」では男女の気持ちのすれ違い
を。ぴっぴら帳では人々の優しさを。各々が傑作だとおもった。何度も読み返す作品になるだろう。   
惚れ込める作品である。                                     
「ぼくらのサイテーの夏」も夕食後から読み始めて読了。短い作品だが、テンポがいいので一気に読めた。

9月の地固め治療が11日週からになりそうな気配である。                     
そうなってくるといままでの経過からも治療後の経過観察に3週間はかかっているので、9月中の退院はど
うもなさそうである。順調にいって10月上旬か中旬になるだろう。とにかくその時までどうなるかはわか
らないが・・・                                         

夕食は売店の弁当とカップラーメンで済ませる。                          
このところ一日2個アイスクリームを食べてしまっているせいか、太りはじめてしまった。       
でも病院内だけだが、自由はやっぱりいい。                            


9月 4日    月曜日                                    

隣の部屋にやってきた新入院患者のテレビの音に終日悩まされる。                  
挨拶にも来ないので今現在どんな人物なのかも分からないが常識を疑う様な人間である事は間違いない。 
上の写真左を見ていただくとわかると思うが、今いる無菌室にはドアというものが無い。廊下はおろかドア
から外の音は筒抜けである。他の準無菌と言われる部屋にはスライドドアがついているのだが。その無菌室
が2部屋あり、その一つに私、もう一つに非常識氏が入っているわけである。ドアのない部屋でイヤホン無
しでテレビを見れば音は外へ簡単にもれる。夜10時前まで我慢したがさすがに消灯時間も過ぎているので
看護師を通じて抗議。とりあえず音はやんだのだが、翌日(5日)の朝5時から再びテレビの音で起こされ
る。すぐにナースコールで対処してもらう。こういう人間もいるとあきらめればそれまでかもしれないが、
一体何をしに来ているのか、自分の家と勘違いしているとしか思えない馬鹿野郎のようだ。       
と、ここまで書いて6時に再びテレビの音が。今度は直接「イヤホンで聞け!」と本人に伝える。    
本人は後で看護師に「ここは個室ではないのか」とか言い訳していたようだが、完全防音の個室ならいざ知
らず、ドアも無い部屋で音出してるその常識の無さ、看護師も「説明不足でした」などと謝る必要等どこに
もないのだ。周りに気配りもできない、その事自体が問題なのだから。                


9月 5日    火曜日                                    

明日までで抗生剤の点滴を終了する旨報告があった。                        
今回は前回7月に比較して、白血球の戻りも、炎症反応(CRP値)の回復も若干遅かった。      
さすがに抗癌剤を4回流し込んでいるので、骨髄も疲れて来たのか。                 
木曜日にマルクをおこない、その後は外出か外泊が許可になるであろう。               
来週11日から最後(予定)の地固め抗癌剤点滴がはじまる。                    
「復活の日」小松左京 読了。                                  


9月 6日    水曜日                                    

朝から雨模様の天気。                                      
終日読書。「機関車先生」伊集院静 読了。                            
我ながら本を読むペースが早すぎる。もう補充を考えなければならなくなりそうないきおいだ。     
夜はレストランでハンバーグ定食。                                
抗生剤の点滴を終了する。CRP値は0.5。                           
「クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲」、何度めかは忘れたが観る。               
相変わらず、家族の素晴らしさが伝わる感動作。病院に入院していると、毎日家族が訪れる人とそうではな
い人とがいる。私の所へはもちろん誰も来ないが、それは家族を持たなかったから。          
だから寂しいとかいう訳ではないが、家族の持つ素晴らしさは分かる。人間として生まれたからには家族を
つくる事が義務だという考えもある。前から時々思っていたのだが、私はその義務を果たさないが為に滅ぼ
されようとしているのではないか。つまり動物的には種の保存などの義務を果たさない生命だということで
その生命を断たれようとしているのが現在の状態や、過去の大病ではないのか。それを現代の医学というの
が救ってくれているだけでなのではないか。ふとそういう思いに駆られる時がある。          
しかし、私は自分がかかわって生み出す映像作品が家族だと思っている。生み出した後一人歩きをして成長
していく。その映像作品を生み出す為には生きていなければならない。今生かされていると考える事もでき
る訳だ。                                            
ともかく、「クレヨンしんちゃん」はその家族を擬似的に体験できるという意味でも私にとっては貴重な作
品なのである。                                         
深夜、隣のアイソレーターの轟音で目が覚める。しばらく我慢していたが止める気配がないのでやむなくナ
ースコール。静かになる。隣の迷惑氏、なかなか手強い。                      


9月 7日    木曜日                                    

日射しも風も秋の気配である。今年は残暑もなくこのまま秋になってしまうのだろう。         
昨年の残暑が嘘のようである。                                  
午後、骨髄穿刺(マルク)。主治医が夏休みで今週は不在の為、他の先生におこなってもらう。     
外出、外泊の許可も近くなっているだろうか。                           
多少雨も降っていたようだが、穏やかな一日だった。                        


9月 8日    金曜日                                    

午後外出。                                           
前回から1ヶ月以上出ていなかったので久々である。                        
看護士さんお薦めのうなぎやさんへ。住宅街のまん中にまるで喫茶店のような店構え、正直「大丈夫かな」
と思わせる。店内にはジャズが流れ、本当におしゃれな喫茶店のようだ。しかしながらコーヒーはないよう
だ。特上のうな重を注文。以前成田駅前の川豊という老舗のうなぎやへ行き注文したら5分とかからず出て
来た。おそらく既に焼いてあるものを温めただけであろう。しかしここ「鰻処さかた」は違った。注文を受
けてから焼いているようだ。15分程して特上うなぎが置かれ食す、これがうまい。実に香りといい、鰻の
質といい、たれの加減といい、いいのだ。こじんまりとしたお店だが実においしい鰻を食べさせる。   
老舗の奢りの前にこういった小さなお店の頑張りが勝っている。                   

体の方は相変わらず。判断を誤り、長袖を着て外出したのが失敗。出て5分もしないうちに汗びっしょり。
公園などで汗をひかせながら少しづつ進む。15°ぐらいの勾配の坂でフーフー息が上がる。      
本調子にはほど遠い。                                      
予定は6時過ぎだったが、4時には病院へ戻ってしまった。                     


9月 9日    土曜日                                    

午後外出。外出2日目。                                     
病院を出、昨日目をつけておいた中華屋へ。残念ながら土曜日定休の文字。              
その少し先にあった中華屋へ入り、高菜チャーハンで昼食。                     
少しべちゃっとしていたが、味はまぁまぁ。                            
味の感覚はほとんど戻っているようだ。                              
店を出、周辺をぶらぶら。日が出ていて暑い。汗が滝のように流れる。喫茶店に避難しアイスコーヒー。 
ひとごごち。汗もひく。                                     
病院前の神社にお参り。                                     
ふたたび外へ。とたんに汗が。木陰で休み休み。                          
本屋へ。本を3册購入。また周辺を歩く。汗が。アイスコーヒーでのどを潤す。            
夕食用にコンビニで幕の内弁当を買って病院へ戻る。                        
昨日よりは調子がいいようにおもうが、やはり長い距離やゆるい坂などは息が上がり気味。だがこうやって
少しづつ慣らせば回復していくような気も。                            
久々の長時間散歩に、足の筋肉が少し痛む。                            
明日も午後外出の予定。                                     


9月10日    日曜日                                    

午後外出。外出3日目。                                     
今日は暑い。日射しが夏に戻っている。汗が一気に吹き出す。                    
おととい目をつけていて昨日定休だった中華屋へ。チャーハン560円。昨日の店よりはうまかった。  
あまりの暑さに、一旦病院へ戻る。1階ロビーで汗がひくのを待つ。30分程休む。          
イトーヨーカドーへ。昨日も一昨日も行っているが、歩いていけるのはここぐらいしかないので仕方ない。
しばらく木陰で休む。友人へ電話。とりとめのない話をしているうちに汗もひく。           
店内へ。本屋へ向かい、文庫の書棚を端から全てチェックしていく。2時間ほど本屋で過ごし本を2册購入
。地下のスーパーで以前4人部屋の時親しくなった人から頼まれた寿司とかきフライを買う。私はロースか
つ弁当。たらたらと病院へ戻ると5時20分頃。                          
洗濯を仕掛け、夕食には買ってきた弁当を食べる。                         
あいかわらず、ほんの少しの坂道がつらいし、15分以上の歩きはしんどい。             
ヘモグロビン値が通常の人の半分程度しかないのが辛さの原因。この値は入院して抗癌剤治療が始まってか
ら平常値まで回復した事はない。夜、看護士の人と話していて、「半分の値で我々何かだと立ち上がる事も
できないだろう」とのこと。正直歩いている事自体驚異的な事らしい。この病気の患者はもうそれに慣れて
しまっているので普通に動く事ができるのだそうだ。この値は抗癌剤治療をやめ、造血力が回復していけば
正常値へ戻っていくが、どのくらいの期間で戻るかは個人差があって一概には言えないとの事。     
仕事への復帰の鍵となるのがこの値かもしれない。                         


9月11日    月曜日                                    

今日から地固め抗癌剤点滴の4セット目開始。予定ではこれが最後である。              
寛解導入と合わせると5回目の点滴となる。                            
何だか今回のは効きが早いような。午後抗癌剤の点滴が始まってからすぐにだるい感じがしてきて寝てしま
う。昨日までの外出の疲れなのか。今はこのだるさだけである。                   


9月12日    火曜日                                    

昼前、胸のあたりに違和感を感じる。すぐに心電図をとるも異常はなし。               
何か以前にも感じたような記憶がある。夜主治医から念の為レントゲンを撮る旨報告あり。       
「愛のひだりがわ」筒井康隆、「ものいう髑髏」夢枕獏 読了。                   
入院直前までやっていた仕事、「伊勢神宮」のDVDが届く。                    


9月13日    水曜日                                    

胸の違和感調査の為のレントゲン。                                
特に異常はないようだ。                                     
だるさ、食欲後退がある。抗癌剤のせいであろう。                         
あまり動こうという気もしない。                                 
「高円寺純情商店街」ねじめ正一 読了。                             


9月14日    木曜日                                    

今回の抗癌剤は従来のキロサイドに加え、「ラステッド」という。                  
地固め4セット目でラストだから「ラステッド」。なかなか粋な名前をつけるじゃないかと思ったら、そう
いう意味ではないとすぐに否定されました。                            
だるさが少し軽減したような気もする。                              
終日雨模様の天気。台風のような風が吹いている。                         



ラステッド
ラステッド




9月15日    金曜日                                    

晴天である。雲はすっかり秋の雲である。                             
抗癌剤点滴は休みなく続いている。いつもより食欲が少しない程度でそれほど辛くはない。       
舌にカスの様なものがつくぐらいでその他に気になる様な事はない。熱も平熱が続いている。      
耳鳴りは小さくではあるが続いている。                              
地固め開始から3日間便秘していたが、自動販売機のコーヒーの効果は素晴らしく、今日全て「出た!」と
いう感じである。ホントにこれは効く。買える内にと6個買って常備する事にした。          
今の私の眉毛および頭髪の状況であるが、下の写真を御参考に願いたい。               
対社会的にはOKであろうか?                                  
「剣客商売七」 読了。                                     



眉毛及び頭髪状況
まだ少しあるといえばある・・・




9月16日    土曜日                                    

雲が多くハッキリしない空模様だ。台風13号の影響かもしれない。                 
赤血球の輸血が追加されていたが、今日でいよいよ地固め抗癌剤投与が終わる。連続120時間点滴もこれ
で最後になるか。当初の予定で行けば、この後経過を見て判断になるはずだが。            
上手くいって後4〜5週間だろうか?まぁ「捕らぬ狸の皮算用」にならなければいいが。        
午後4時55分、点滴終了。これで約5カ月にわたった治療の予定は全て終了した。          
ちょうど「2001年宇宙の旅」の木星での惑星直列のカットの時だった。              



最後の治療最後の抗癌剤
最後?の抗癌剤


レストランへ久し振りの食事に向かう前、屋上に出ると秋の空が広がっていた。「生きてるんだなぁ」とし
みじみと思う。普通の人にとってはなんの変哲もないいつもの空なのだろうが、私にとっては涙があふれそ
うになる空だ。この空を永遠にとどめておきたくなり、病室へ戻ってカメラをとり再び屋上へ。     
忘れたくない空だ。                                       



2006/9/16
2006年9月16日、治療終了の空


と思ったら、今回18日と20日に30分程度の点滴だが抗癌剤の投与があるとフェイントかまされてしま
いました。トホホ・・・                                     


9月17日    日曜日                                    

朝、曇り。午後になって雨。                                   
午前中に洗濯を済ませ、部屋に返って音楽を聞いて過ごす。                     
午後、友人鈴木氏が訪ねてくれる。事前に半村良「妖星伝」(講談社文庫)全巻が古本屋にないか調べても
らったのだが、なかったそうである。このカバーデザインが横尾忠則の文庫が現在絶版となっていて、入手
が難しいようだ。                                        
それでついでと言っては何だが、食パン(6枚切り)を買ってきてもらう。何だか急にトーストが食べたく
なったからだ。残念ながら病院の売店では売っていないのである。                  
後、村上春樹「アンダーグラウンド」を差し入れてもらう。感謝。                  
4時頃から雨が本格的に降り始める。九州では台風の影響で大雨が降り、竜巻きが発生して列車が横転して
いた。                                             


9月18日    月曜日                                    

まだ台風の影響なのか一日中はっきりしない天気。                         
雲の流れが早い。                                        
昨日差し入れてもらった食パンをトーストにして食べる。5カ月振りのトーストである。        
病院食にもパンはあるが、何故かトーストはない。まぁ、何百とトースト作ってたら大変な事になるからだ
ろうけど。                                           
無菌室共同のオーブントースターで久々にこんがりと焼き上がったトースト。おいしかった。      

午前中、オンコビンなる抗癌剤を点滴。少量で5分もかからなかった。                




オンコビン
料理で言えば仕上げの調味料といったところか


鏡などそれほどしげしげと見る方ではないが、頭の毛の生え方がおかしいことに気付く。        
生え方がおかしいのではなく、ところどころが抜けてしまった結果なのだろう。            
おもいっきり斑(まだら)だ。                                  
このままだと長さがまちまちの頭になってしまう。床屋へいって一度剃ってしおうか。         
先日の外出の時もこの頭でうろついていたんだなぁ・・・                      



二百三高地
二百三高地?


テレビで吉野屋の牛丼復活のニュース。2年半近く姿を消していた吉野屋の牛丼が一日限定だが戻ってきた
のだ。画面ではおいしそうに牛丼を食べる人々の姿が。よくたべたものなぁ。仕事の時など、朝から牛丼で
全然平気なぐらい好きだった。あ〜食べたい。                           

夜、セルジオ・レオーネの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」をテレビでやっていて2時間
ちょっとみたところで眠くなってしまい、結局寝てしまった。面白かったので最後まで観たかったのだが1
時近くまでおきているのは少々つらい。                              


9月19日    火曜日                                    

午前中シャワーを浴び、洗濯。                                  
1階の床屋へ行き、頭もヒゲも剃ってもらう。                           
何かあやしい坊さんがそこに。                                  




出家1出家2
厳しい抗癌剤修行を経て得度いたしました僧名”昭覚(しょうがく)”と申します


午後、主治医から安静度の上がったことが告げられ、売店、レストラン禁止となった。         
何か予感はしていたのだが、意外に早くやってきた。                        
また気の晴れない監禁状態の日々がやってくる。                          
今日Amazonでまたポチっとしてしまったので、それが届くのを楽しみにしていよう。       
インターネットで「白血病」を久々に検索。化学療法で退院後もかなりの高確率で再発しているのが実体の
ようだ。もちろん「完治」という人もいるが、これは今後も厳しい現実が待っていることがある事ももう一
度再認識しておいた方がよさそうだ。                               



今未来A未来B
眉毛で遊んでみました。    今現在 → とほほ → おじゃる丸




9月20日    水曜日                                    

気が付けば今日で入院丸5カ月が経過した。                            
季節は春、夏、そして秋と変化した。                               
入院生活、気楽にやっているようで実は結構ストレスも多い。                    
非日常の世界であることは間違いないのだから。                          
自分でもよく耐えてるなぁとおもうぐらいだから、時々イライラした他の患者さんを見たりするとその苛立
ちがよくわかる。私だけでなく入院していいる人全てに同情したくなる。               

こんなに時間をかけて治療しても、結局再発するならこの時間は一体何の意味を持つのだろうか。    

考えても仕方のない事を考えてしまう。                              

午前中、最後?の抗癌剤フィルデシンを点滴。午後、血小板の輸血。少しアレルギーが出る。      

「急性骨髄性白血病」、これが私が抱えている病気の名前である。                  


9月21日    木曜日                                    

入院後6ヶ月目がスタート。                                   
秋晴れの一日だが肌で感じる事はできない。                            
味覚が完全におかしくなっている。何を食べても「もさもさ」しているだけで美味しくない。      
抗癌剤の副作用であろう。                                    
午後、背中に違和感があり触ると腫れている。押すと痛い。見えないので何とも形容しがたいが、虫刺され
のような感じらしい。明日皮膚科で診察してもらうことに。                     
夜痛くて寝返りうつのも一苦労。                                 


9月22日    金曜日                                    

午前中Amazonからの荷物がおかしな事になっているので、各方面へ電話。            
クレジットカード決済で購入しているのに、「代引」になっているお金を警備へ預けてくれとの電話が昨日
あったのだ。                                          
結局、配達員の勘違いという結論。でも正直言うとすっきりしない。私が直接受け取る訳ではないので、も
し勘違いしてお金を預けてしまえば簡単に二重取りも可能な訳だ。                  

午後、皮膚科の診察。背中の腫れは、細菌への抵抗力が低くなっているせいでおきているらしい。    
抗生剤の点滴で治療するとの事。                                 
さっそく夕方より抗生剤(メロペン)の点滴がはじまる。                      
Amazonからの荷物も無事到着。                               
背中はあいかわらず痛く、仰向けで寝るのに一苦労である。                     


9月23日    土曜日                                    

撮影監督の奥村祐治氏から「映画撮影」が送られてきた。                      
みんな頑張っているのを見て、映画撮影の面白さと同時に、独り取り残され、遠くになっている自分を感じ
る。何だかもうそこへは戻れないような寂しさといったらいいだろうか。               
背中の腫れ物は変化なし。夜、熱が突然38.1°まで上がるが、氷り枕と抗生剤ですぐに下がる。   


9月24日    日曜日                                    

37.1°で目覚める。今日からバンコマイシンという抗生剤が追加。                
ずっと読書の一日。                                       
外は秋晴れ。                                          
夜、37.8°。                                        
半村良「石の血脈」読了。                                    


9月25日    月曜日                                    

熱はあいかわらず37°前後をふらふらしている。                         
背中の腫れは幾分痛みが軽くなってきた。鏡でみると自分の予想以上に赤黒くなっているのでびっくり。 
バンコマイシンが一日にニ回。メロペンが三回。抗生剤が効きにくい体になっているのだろうか。    

夜、「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」のDVDを見る。私がそもそもクレヨンしんちゃん
を見続けるきっかけになった作品である。ちょうど今から10年前になるだろうか、テレビで放映している
のを何気なく見ている内に引込まれてしまった。特に「すげーなすごいです」のカードを預けられたしんち
ゃんの日常描写とス・ノーマン・パーの描写には感心した。その後映画シリーズをレンタルビデオで直にチ
ェック。そのエンタテイメント性の高さに驚かされる。以後「しんちゃん」を見ろ見ろと周りに勧めまくる
。お薦めは「ヘンダーランドの大冒険」「暗黒タマタマ大追跡」「爆発!温泉わくわく大決戦」「モーレツ
オトナ帝国の逆襲」「アッパレ戦国大合戦」。どれも一級の娯楽作品だ。               

「バイバイスクール」読了。子供向けの本だが、なかなかどうして面白い。学校の7不思議をめぐるお話だ
がその背後にあるのが廃校という問題だったりしてちょっと興味をそそられる。            
挿し絵を吾妻ひでおが書いているのも選んだ理由だ。映画にしても面白いかもしれない。        


9月26日    火曜日                                    

背中の腫れ、痛みはだいぶなくなってきた。赤黒くなっている範囲はさほど変りはないようだ。     
熱も相変わらず37°前後をふらふらしている。あれだけ抗生剤を点滴しているのになかなか安定してくれ
ない。                                             
今月一杯で主治医が移動との事で変わる旨報告があった。入院から今までの5カ月間お世話になり、もしか
したら退院も間近だというのに残念である。                            
病院やスタッフの名前等は今まで伏せてきた。特に許可を取ってはいないからだ(地元の人には分かってし
まっているかもしれないが)。(そういう訳で今は名前はあげず主治医さんとしておく)主治医さん、あり
がとうございました。おかげで何とかここまで生き、回復することができました。次の現場でも頑張ってく
ださい。                                            


9月27日    水曜日                                    

午前中は台風の様な雨。                                     
雷も時々なっていたようで(無菌室では外の音はまったく聞こえない)、空が光る。          
腫れの方は快方に向かっているようで、痛みはほとんど感じられなくなった。             
午後、天気は急速に変化し晴れ間がのぞく。                            
外は結構涼しいそうである。                                   
今日は終日本を開く事がなかった。昼はテレビで「郡上一揆」(神山征二郎監督作)を観てモブシーンの面
白さに感心。久々に群集のパワーを感じる作品であった。                      
夜も久々にバラエティー番組のスペシャルを見てから寝てしまった。                 
現在、白血球数は900。                                    


9月28日    木曜日                                    

朝日が美しかった秋晴れの一日。                                 
午後、赤血球の点滴追加。                                    
あいかわらず、抗生剤(メロペン・バンコマイシン)の点滴は続いている。              
背中の腫れは、痛みはほとんどなくなったが、今度はかゆみが始まる。治っている証拠か。       

夜はDVDで「砂の器」を観る。先日亡くなった丹波哲朗氏追悼の意味も含めて。           
思えば、「007は二度死ぬ」を小学生の時に観て以来、「日本沈没」「ノストラダムスの大予言」「人間
革命」「続・人間革命」(念の為言っておくと、私はこの頃は創価学会に対して何の感情もなかったが、そ
の後その間違った教義や政治への介入、強引な勧誘などを知ったり体験していくうちに大嫌いな新興宗教団
体となっています)「砂の器」「新幹線大爆破」最近では「さくや妖怪伝」「クレヨンしんちゃん 温泉わ
くわく大決戦」等、主役、脇役、声と様々な作品でその演技を見つめてきているのだ。         
「砂の器」何度観ても泣けます。                                 


9月29日    金曜日                                    

曇りの一日。                                          
朝、お通じの特効薬として毎日飲んでいる(密かに”液体マグミット”と呼んでいる)パック入りコーヒー
を自動販売機に買いに行く。すると以前にもあったように商品はあるのに機会が故障していて買う事ができ
ない。買置きしてあるが、それも明日までの分しかない。                      
このコーヒーを飲むと今までは100パーセント、3〜4時間以内に必ずお通じがあるとういう私にとって
は魔法の飲物なのである。                                    

夜、DVD「悪魔の手毬唄」。見始めると止まらない。もう何度観たことだろう。           

採血の結果は、白血球数1000、好中球数は0。土日は採血がないので、院内を自由に歩けるようになる
のは来週になってしまいそうである。                               


9月30日    土曜日                                    

今日で9月も終わり。月日のたつのが本当に早い。                         
何かで聞いたか読んだかした事に、時間の感覚が歳を重ねる毎に短く感じる理由の説明があった。    
例えば、10歳の人間にとって1年間というのは全人生の10分の1の時間だが、50歳の人間にとっては
50分の1の時間でしかない。自分の生命時間からある一定の時間をみるとき、歳をとっていればいるほど
その感じ方は短くなる、というのだ。                               
これを聞いた(読んだ)とき、妙に納得できた事を覚えている。新しい事を学習し咀嚼する時間と、既に経
験していてその対処も分かっている時間の差と言ったらいいのか。                  

10月から主治医が変わるとのことで、新しい主治医を紹介される。                 
後少しで退院になるかもしれないので残念だ。こうやってあらゆる科を経験した後に、自分の希望する科を
決めていくそうである。いままでは若い女医さんが主治医でした。他の科に行かれても頑張ってほしいもの
だ。ある朝、病棟の廊下を歩いていると目を真っ赤ににしたその先生が病室から出てきた。病室の前の廊下
には空のベットが置かれていたので、患者さんがおそらく亡くなったのだなとピンときた。その疲れた顔が
印象に残っている。医者というのは大変な仕事である。                       
看護士さん達も24時間3交代制であるが、みていると日勤をやって深夜勤というように結構ハードなロー
テーションである。本当に御苦労な事で頭が下がる。                        
患者はただ寝ていれば、治療してもらえる一番楽な存在である。                   








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・096 こっこさん こうの史代(宙出版)                           
・097 翼はいつまでも 川上健一(集英社文庫)                        
・098 さんさん録1 こうの史代(双葉社)                          
・099 さんさん録2 こうの史代(双葉社)                          
・100 長い道 こうの史代(双葉社)                             
・101 ぴっぴら帳1 こうの史代(双葉社)                          
・102 ぴっぴら帳 完結編 こうの史代(双葉社)                       
・103 ぼくらのサイテーの夏 笹生陽子(講談社文庫)                     
・104 復活の日 小松左京(ハルキ文庫)                           
・105 機関車先生 伊集院静(講談社文庫)                          
・106 動機 横山秀夫(文春文庫)                              
・107 東電OL症候群 佐野眞一(新潮文庫)                         
・108 愛のひだりがわ 筒井康隆(新潮文庫)                         
・109 ものいふ髑髏 夢枕獏(集英社文庫)                          
・110 高円寺純情商店街 ねじめ正一(新潮文庫)                       
・111 剣客商売七 隠れ蓑 池波正太郎(新潮文庫)                      
・112 幻少女 高椅克彦(角川文庫)                             
・113 アンダーグラウンド 村上春樹(講談社)                        
・114 ゴルディアスの結び目 小松左京(ハルキ文庫)                     
・115 剣客商売八 狂乱 池波正太郎(新潮文庫)                       
・116 石の血脈 半村良(角川文庫)                             
・117 深追い 横山秀夫(実業之日本社 ジョイ・ノベルス)                  
・118 バイバイ スクール はやみねかおる/作 吾妻ひでお/絵(講談社 青い鳥文庫)     
・119 柿の種 寺田寅彦(岩波文庫)                             
・120 オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎(新潮文庫)                      








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ