パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記 2006年 10月



10月 1日    日曜日                                   

曇りの一日。                                          
とうとう10月。                                        
4月の下旬から、5、6、7、8、9月と5カ月以上が経っている。                 
さぁ、今月こそは何か動きがあるはずだ。めでたく退院となればいいのだが・・・           
生物(なまもの)、刺身や生野菜をこの入院中一切食べていない。刺身は食事に出ないし、野菜はすべてボ
イルされている(これが食べられないんだなぁ)。退院したらぜひ刺身と生野菜は食べてみたい。    
この前の抗癌剤投与中から味覚異常がおきているが、少し回復の方向ではあるようだ。あと今回はじめて指
先のしびれが出てきている。抗癌剤の副作用であろうが、今も両手の指先がジーンとしている。     
背中の腫れ物は大分小さくなっているようだが、まだ消えるところまではいっておらず、抗生剤の点滴は続
いている。                                           
液体マグミットのコーヒー。販売機が復活していたのでさっそく4個買う。しょっちゅう故障しているので
買える時に買っておかないと。                                  
明日は採血があるので結果が楽しみだ。                              




10月 2日    月曜日                                   

期待していた院内フリー、残念ながら白血球数1100でダメであった。               
これで丸2週間、病棟から出られないでいる。                           
次の採血は水曜日なので少なくてもそれまで動きはないはずである。この調子だと今週中は難しいかもしれ
ない。今回は相当回復が遅そうである。地固め時の抗癌剤を強力にしてその後の維持療法をやらない方向へ
切り替えつつあるという話しを聞いたが、私はそちらのほうらしい。                 
いままでは地固め後に維持療法というのをやり、退院になり、その後も5日間程度の短期入院を何度かして
維持療法を受けるというのが普通だったらしい。そういえば4人部屋にいた時にそういう人が何人かいた。
なるべく短い治療で効果をあげる方向へ変わりつつあるところらしい。                

夜、腫れの痛みがひどくなり、寝返りもきびしくなる。痛み止めをもらい何とか寝ることができた。   




10月 3日    火曜日                                   

朝、背中の痛みがひどくなっている。何もしなくても痛みが感じられる。               
歩くとさらに痛い。                                       
錠剤のロキソニンを飲むと痛みは和らぐ。                             
仰向けになれないのと痛みで本を読む集中力なし。音楽を聞いて誤魔化す。              
昼はなんとかロキソニンを我慢して、夜寝る前に飲む。                       
とにかく治さなくては。                                     




10月 4日    水曜日                                   

白血球数2、600、好中球19.0。院内フリーとなった。                    
逆にCRPは3.6と上がってしまった。                             

そして金曜日にマルクを行ない、その結果次第だが来週中には退院できそうな気配となってきた。    
やっと、その日が来るのかという期待で胸が弾む。しかしまだ決定ではないので静かにその時を待とう。 

取りあえずは明日からの院内フリーを楽しませてもらおう。                     

すっかり病院生活に馴染んでしまったが、これからはまた別の苦労が待っている。体力、血液の復活。  
仕事先への挨拶。生活費の事等・・・                               
今の私の状態は会社員ではなくフリーランスの道を選んで来ているので、一回完全失業したようなものだ。
きっと病院にいたほうが楽だったとおもう事も色々あるとおもうが、それもまた治療の内と考えるべきなの
だろう。あせらず(あせるだろうな・・・)、さわがず(さわぐだろうな・・・)、粛々と事を運べたらい
いのだが。                                           




10月 5日    木曜日                                   

夕食はレストランへ。ナポリタン。                                
売店にも3週間振りに行き、パンとアイスを買う。                         
やっぱり娑婆の飯はうまい。申し訳ない事なのは百も承知だが、病院食はやっぱり美味しいとはどうしても
おもえなかった。                                        

背中の腫れは回復方向へ向かっているらしく、痛みの範囲が大分小さくなった。            

今体に点滴用のカテーテルを刺してあるのだが、これとももしかしたら後数日でおさらばできるかもしれな
いので写真を撮っておく。鎖骨下にある静脈に直接カテーテルを刺したもので、2本ある。       
入院直後からずっとなので、もうかれこれ5ヶ月以上刺しっぱなし。風呂にはもちろん入れず、シャワーに
なるのだが、その際も看護士さんにサランラップとテープで簡易カバーをしてもらって濡れないようにして
いる。糸で体に固定してあるので時々引っ張られて痛い時もある。                  
2回程カテーテルの中が詰まり、掃除と入れ替えを各々おこなっている。今も細い方の一本の調子が悪くな
ってきているが、もう一本で何とか退院まで頑張ろうという状況。                  




中心静脈カテーテル
中心静脈カテーテル






10月 6日    金曜日                                   

外は嵐である。強風で雨が真横に降っている。                           
とは言うものの実は今私のいる無菌室では、無菌室自体の窓と面会廊下の窓、二重のガラス越しの風景なの
である。だからまったく外の音が聞こえない。大荒れの天気も無声映画のようである。         
以前4人部屋の時は窓が一重だったので、救急車のサイレンが24時間ひっきりなしだった。こんなにうる
さかったんだとその時はじめてわかったのだ(近所に住んでいる人は大変だろうな)。         
午後、背中の腫れ物を切開し膿を出す為、皮膚科へ。                        
いや〜正直痛かった。マルクと今回の切開、どっちか好きな方を選べと言われれば迷う事なくマルクをとる
だろうなってぐらいである。女医さんが切開してくれたのだが、いちいち「ほら、こんなに膿がたまってい
ましたよ」とか5ミリぐらいの植物の球根のようなものをつまみ上げ「この中にばい菌がたまっていて」等
と見せてくれるのだが、こっちはそんな事どうでもいいから早く終わってくれ〜って感じである。    
心なしかその時の女医さんは球根のようなものを見つめ、うっとり微笑んでいたような気がしたのだが・・
命をとられることなく無事、処置を終える。                            
夕食はレストランでカツ丼。                                   
主治医から来週火曜日にマルクを行なった後、いつでも退院していい旨話がある。           
しかし、実は来週金曜日に皮膚科を受診しなければならず、なおかつ土日に退院すると会計ができず後日出
直す事になってしまうのだ。                                   
しばらく考え、今月16日の月曜を退院日とすることに決定した。                  
前日の15日を外泊とし、16日自ら車で荷物をとりに来ようという段取りである。          
やっと、退院。                                         
ほぼ6カ月の入院生活であった。最初は自分が白血病である自覚がなかなか湧かないまま入院し、東京の部
屋の後始末を友人達に頼み、抗癌剤の投与でフラフラになりながら寛解になり、歯を数本抜き、毛が抜け始
め・・・色々ありました。                                    
後は最後まで気を抜かずに過ごす事だろう。退院前日に発疹が出て、退院が一週間のびた人を知っている。
まぁ、ここまできたら一週間なんてあっという間だとおもうが。                   
ちょっと早いですが、お世話になった皆様、ありがとうございました。                
重枝は16日に退院いたします。                                 


10月 7日    土曜日                                   

海波悪次郎 作                                         
『剣客商い 辻斬り』                                      
小間物屋の茂吉はぶら提灯を片手に下げ、ほろよいかげんで四ッ谷の自宅へ向かっていた。       
問屋である伊勢屋さんで商売の話しの後「まぁ、いいじゃないですか」と主人からすすめられた酒でいい気
持ちになり、先方を出た時には暮れ六つの鐘があたりに闇の気配を充たし始めていた。夜道を心配する主人
から提灯を持たされ、恋女房のおさきが待つ家へ帰ろうとしていたのである。             
「おさきのやつ、伊勢屋に出入りする小間物屋の中で一番の売り上げをした俺様が金一両の報奨金をもらっ
たと聞いたら腰を抜かすにちげえねえ」                              
宿場女郎だったおさきに惚れ、好きな酒もひかえて貯めた金で身請けし晴れて夫婦になったのが2年前。 
それは茂吉にとって、おさきの喜ぶ顔を見るのが生きがいとばかりがむしゃらに働いた2年間でもあった。
日本橋の伊勢屋を出て小半刻もたったであろうか、半蔵門を左にまがりすっかり闇に包まれた道を提灯の灯
りをたよりに歩いていた。江戸時代のこの時刻ではおもだった商店なども店を閉めており、辻に立つ夜鷹蕎
麦屋の仄かな灯りが夜の暗さを際立たせているのみで、茂吉の足は自然といままでより早くなっていた。 
ふと茂吉の足が止まった。行く手の路上に何かがある。                       
茂吉はもっとよく見ようと提灯を脇にし、闇に目を慣らそうとその何かの方を窺った。         
何か大きな荷物のようなものが道に置かれているのはわかるのだが、それが何なのかがわからない。   
茂吉はゆっくりとそれに近付いていった。                             
「ひっ、」と喉をならして茂吉の体が凍りついた。それは荷物ではなく人だったのである。       




辻切り
無惨な辻切りの犠牲者


弥七、徳二郎が来た時には殺害された遺体の周りにまだ誰も到着してはいなかった。          
茂吉は殺害された死体を発見するとすぐに同じ町内に住む十手持ちの弥七のところへ駆け込んだのだ。  
「こいつは素人のやったことじゃねえな」弥七は死体をみるなりそういった。             
「なんでですかい」「見ろ、致命傷は背中への一太刀だが、その傷の上に布がおかれているだろ」    
徳二郎はそう言われて、「確かに背中に怪我を養生するような布がありやすね」。           
弥七はじっと死体を見つめていった、「こりゃ下手人は医者かもしれねえ・・・」「えっどうして医者だと
」「それも女の医者かもしれねえ」「女医者、一体どうして」。しかし弥七はそれ以上答えず、死体の傍ら
へしゃがみ込んだ。「坊さんかな」確かに死体の頭ははげ上がっている。「それとも按摩」、弥七はまた黙
りこんでしまった。                                       
しばらくして、「おう徳さん、秋山大治郎さまのお屋敷へ一走りたのまあ」と弥七が言うと、すぐに徳二郎
は駆け出した。その後ろ姿を見送った弥七がつぶやいた、「辻斬り・・・こりゃあ、とんでもねえ事になる
かもしれねえ・・」                                       


続く・・・かもしれない                                     

※この物語は基本的にはフィクションですが一部事実に基づいて構成されています。          


なんて事やってたら熱が上がって38.8までいってしまった。                   





10月 8日    日曜日                                   

昨日の熱が嘘のようにひいてしまった。                              
ただ、大事をとって終日寝ていた。                                
鼻水が出る。風邪?抗生剤飲んでいるのに?                            
背中の切ったところは看護士さんいわく、「唇みたいに」開いているそうである。わざと開いておいて残っ
た膿を出してしまおうというのが目的らしい。自分でも見たい様な見たくない様な。          

夕食は、昨日熱が出たので病院食。しかし本当に申し訳ないが熱もないので売店で買ったカップラーメンを
食べてしまった。                                        
「フレンチ・コネクション」DVDを観てから寝る。                        




10月 9日    月曜日                                   

体育の日で全国的にお休み。                                   
熱は安定している。ちなみに昨日書いた抗生剤と風邪の件だが、抗生剤が効くのは細菌に対してで、風邪等
のウイルスには効かない。                                    

今いる無菌室という所は、終始部屋の中に風が流されて、状況に応じて強弱する事ができるようになってい
るのだが、この風を完全に止める事は出来ない。常に風が循環しているのだ。今では気にならなくなってい
るが、低くファンの音がし続けている。これが結構寒い。昨日からセーターを着るようにしたら、鼻水はピ
タリとおさまった。なので日中はセーター着用で過ごすことにする。                 

夕食は売店で買った、しょうが焼き弁当。                             
「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」DVDを観てから寝る(実は先日観たばかり)。     




10月10日    火曜日                                   

退院にあたって不安要素がひとつ出てきた。                            
「血色素量」(簡単に言うとヘモグロビン)が少しづつ減ってきてしまっているのだ。         
現在の数値は5.8(これは正常値の半分以下)(正常値は13〜17といわれている)。       
これが減るといわゆる貧血状態になっているという事なのだ。                    
今日久し振りにシャワーを浴びたのだが、10分程のシャワーでえらく疲れてしまった。        

入院し、抗癌剤の投与を始めてから一番回復した時でも最高9.2。                 
これは6月(治療初期)の事でその後は7.0以上にはなった事がなく、平均すると6.0台が多い。  
1ヶ月以上抗癌剤投与が空いた事は入院中ないので、この数値ともいえる。今後1ヶ月以上の期間でどれほ
ど回復していくかはこれから初体験となるので何とも言えない。                   

午後、マルク。                                         
結果は「寛解」状態で問題はないらしい。                             
今の処16日退院予定に変りはないが、今後「血色素量」が減り続けるようであれば変わる可能性はある。
うれしくて、「16日に退院します」といろんな所へメールしてしまったが・・・・          
みなさん、もう退院の御報告は実際に退院してからにします。                    

夕食はレストランでカツカレー。                                 

「クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲」DVDを観てから寝る(これも先日観たばかり)。     




10月11日    水曜日                                   

午前中は眠くて昼前まで寝てしまった。                              
午後洗濯。                                           
本を整理する。                                         
退院にあたっては、いろいろと忠告してくれる人もあり、自分で運転してというのはやめにする。    
貧血気味なので、万が一を考え安全をとることにする。                       
荷物は全て、宅急便で送るつもりである。                             
またまた「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」を観て寝る。               




10月12日    木曜日                                   

朝、採血。                                           
問題の血色素は6.0とわずかながら上昇。                            
これで16日退院はほぼ決定といっていいだろう。                         
ちょっと安心。                                         
午後アムールの飯塚氏が訪ねてくれる。私の今後の事や色々と心配してくれる。            
ありがたい事だ。体力復活の鍵は「血色素量」だと思うが、この数値の復活までどれくらいかかるか・・・
いろいろな方の話や情報を総合してみると、退院後2〜3カ月で仕事復帰している方が多いようだ。   
もちろん人各々でばらつきはあるだろうが。                            

荷物整理をはじめる。とりあえず本を段ボールへつめる。結局4箱になってしまった。         
夕方、売店から発送。                                      

夜は消灯後そのまま寝てしまう。                                 




10月13日    金曜日                                   

午前中は残った荷物の整理。                                   
あと二箱で何とか全部いけそうである。                              
三交代の看護士さん達にお世話になったお礼を言う。                        
看護士さん達が24時間体制でこの6カ月間様々なサポートをしてくれたおかげで今の自分がある事を強く
感じる。この場でも、ありがとうと言わせてもらいたい。                      
完全看護の今の環境から、普通の生活に戻ったらきっと「病院」の方がよかったと思う事だろう。    
これからはナースコールなんて無い生活が待っているのだ。                     

退院したら家で食べたいものに、納豆or卵かけごはん、卵焼きがある。私の朝食の定番メニューだ。  
退院したら生食を食べてもいいと言われているので楽しみだ。この6ヶ月間刺身などの生食を一切口にして
こなかった。病院食は細菌などの感染予防の為だとおもうが、野菜もすべて湯通しされていて正直閉口して
いた。納豆は一度(おそらく何かの間違いで)だけ配食されたことがあるのだが、それだけである。   
楽しみだ。                                           

皮膚科へいく。                                         
先週治療した背中の腫れの経過確認である。幸い経過は順調で既に痛みもなく、仰向けに寝ても違和感を感
じることもない。後は塗り薬をつけて切った傷口が塞がればOKとなった。やれやれである。      

午後は何だか眠くてうつらうつらしていたが、何とか眼を覚まし昨日飯塚氏からいただいたDVDを観る。

夕食はレストランでうどんとミニ天丼のセット。                          
明日はレストランの営業が早く終わってしまうので、月曜日に退院する事といままでのお礼を言う。   
カレーやスパゲティーなどサラダがつくメニューの時にサラダの代りにコーヒーをつけてくれたし、生水で
なくお茶が黙っていても出るようになっていた。そういった事も含めてお礼を。            

夜、「もののけ姫」DVDを観る。                                




10月14日    土曜日                                   

朝、入院中最後の採血。                                     
昼前、静脈カテーテルを抜く。約半年身体に入っていたカテーテルが抜かれる。            
採血の結果はCRP0.7、白血球59、赤血球196、血色素量6.4。              

午後、背中を養生するためのガーゼを買いに売店へいくも、買うものを間違えてしまい、看護士さんが返品
してきてくれた。                                        

夜は売店のお弁当。                                       

テレビの「男はつらいよ 真実一路」を観る。最初の夢のシーンに「宇宙大怪獣ギララ」の画が使われてい
て懐かしかった。子供の頃夢中になって観た映画である。                      




10月15日    日曜日                                   

今日が入院最終日。                                       
6カ月に渡る治療の成果が確定出来るのはまだまだ先だが、日常への復帰の第1歩となるのが明日の退院で
あろう。弥がうえにも興奮します。                                
昼過ぎに最後の洗濯をすませ、荷作り。宅急便で送る物で残りは最低限の着替えだけとなった。     
思い起こせば4月、「白血病」を血液の癌ぐらいにしか認識できず、頭の中真っ白に近く3時間ぐらいかけ
て四ッ谷からここまでやってきた時。あれから半年が過ぎてしまったのだ。              
この間に抗癌剤により、「寛解」となりその代償として髪の毛は無くなり、眉毛も抜け落ちた。     
私より長く入院している人も沢山いる現実を見れば、いかに運がいいかが自ずとわかる。        
運を司る者がいるならば、その者に感謝しなければならないだろう。                 
とりあえずは「生き延びたんだな」というのが実感である。                     




入院最終日2006/10/15
2006年10月15日。入院最終日。  
入院中支えてくれた仕事関係や友人達、  
病院関係者の皆様、ありがとうございました






10月16日    月曜日                                   

いよいよ退院です。                                       
御心配いただいた皆々様、本当にありがとうございました。                     
実家に着いたら夜にでも今日の分を更新したいとおもいます。                    
(朝日の差し込む無菌2号室にて AM6:15)                         

午前11時過ぎ、看護士さん達に見送られ、病院を後に。                      
タクシーで最寄りの駅前へ行き、蕎麦屋で天丼。                          
電車にゆられて午後1時半頃実家到着。母親の愚痴を聞きながら、ホッと一息。これを書いています。  
今夜はすき焼きをリクエストしました。                              


白血病との闘いはまだ終わった訳ではなく、これからも続きます。                  

この日記も毎日ではないですが今暫く続けたいと考えています。                   

御心配やお世話になった方々、本当にありがとうございました。                   


夜、すき焼きを食べるも味覚がおかしい。病院では判断ができなかったが、やはり元には戻っていなかった
ようだ。今しばらく時間がかかるのだろう。                            
夕食後、テレビを見ている内に疲れてしまっのか9時過ぎには寝てしまった。             
考えてみれば1ヶ月以上外出していなかったので、そのせいだろう。                 








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・121 寺田寅彦随筆集 第一巻 小宮豊隆編(岩波文庫)                    
・122 どぶどろ 半村良(扶桑社文庫)                            
・123 遺す言葉、その他の短篇 アイリーン・ガン(早川書房)                 
・124 容疑者xの献身 東野圭吾(文藝春秋)                         








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ