パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記ー療養編 2006年 10月



10月17日    火曜日                                   

退院後第1日目。                                        
何をしてもすぐに息が切れてしまう。                               
食事以外の時はごろごろと寝て過ごす。                              
荷物の整理などやろうという気力が出てこない。                          

昨日退院時の注意として病院から聞かされた事を書いておこう、                   

○食事制限なし                                         
○就業は様子をみながら半年〜1年かけて徐々に復帰してください                  
○退院後約半年間は人ごみの多い場所をなるべく避け、庭仕事なども避ける              
○免疫力(生まれてから獲得した)が元に戻るには半年〜一年かかる                 
○退院後5年間再発がなかった時、白血病は治癒したと言ってもよい状態となる            

就業に関しては、体調との相談だが半年〜一年なんて言ってたら生活が出来ない。           
ある程度体調が戻ったところで復帰することになるのだろう。                    




10月18日    水曜日                                   

病院から送った荷物だけでも整理しようかとおもったが、箱1つも整理しきれなかった。        
あんな単純作業でも息が切れるし、気力が続かない。                        
食事以外は終日寝てすごす。                                   
病院がいかに至れり尽くせりであったか思い知らされる。                      
家の階段昇り降りするだけでもつらい。                              
入院で筋力が落ちたのと、ヘモグロビンが正常値になっていないせいであろう。            
何もやる気がしない。                                      




10月19日    木曜日                                   

食事の時以外起き上がる気力が出ない。                              
終日寝て過ごす。                                        
何だか病人みたいだ(病人か!?)。                               




10月20日    金曜日                                   

だるさはあいかわらず。                                     
例えて言うなら、病院にいた時よりも重力が1.5倍くらいに感じる。                
回復を待つ以外に道はない。                                   




10月21日    土曜日                                   

一人の人生の内で、結核と白血病、両方経験した人っているのだろうか?               
少なくても私は知らない。                                    
病気を糧にしてなどと軽々しく言う人もあるが、そんな人は一度も大病を経験した事のない人に違いない。
病気はしないに越した事はないのだから。                             




10月22日    日曜日                                   

以前お世話になっていた渋谷昶子監督が東京国際映画祭の女性映画祭でクロージング作品に選ばれる快挙を
成し遂げました。オープニングの赤絨毯も歩いたそうです。「さっちゃん」というドキュメンタリー作品で
す。今月26日だそうです。お時間ある方は観て下さい。                      
女性監督として日本ではじめてカンヌでグランプリを取った監督です。                
監督の詳細は当ページの
渋谷昶子監督を御覧下さい。

私は相変わらずの穀潰し生活で、黒い絨毯の上を歩いております(昔「黒い絨毯」という蟻の大軍がジャン
グルを食い付くす映画がありました)。                              




10月23日    月曜日                                   

1.5倍だった重力が1.4ぐらいになったような気がする。                    
二階への階段の昇り降りでもほんの少し息切れの程度が軽くなったような気がする。          
午後、退院のお礼状を半分ほど書く。                               




10月24日    火曜日                                   

重力が1.2ぐらいになった感じがする。                             
階段の昇り降りで息が切れることはなくなった。                          
何だかこの数日一日ごとに体調がよくなっているような気がする。                  
後は外へ出てどうかだが、もう少し様子を見てからにする。                     
今日は新宿の紀伊国屋で、昨年撮影していた「伊勢神宮」のお披露目上映会があったはずである。    
参加するのは当初からあきらめていたが、どうだったのだろうか。                  
お礼状を書き終わり、父に投函してもらう。                            




10月25日    水曜日                                   

久し振りの秋晴れ。                                       
昨日の寒さが嘘のように穏やかな一日。                              
体調もいい。                                          
今ある症状は指先の痺れぐらいのものだ。これはあきらかに9月に投与した抗癌剤の副作用であろう。  




10月26日    木曜日                                   

暇なのでテレビを見る事が多いのだが、やたらと保険のコマーシャルが目につく。癌保険や入院保険という
やつだ。今さら入れる訳もないのだが、自分が病気してはじめてわかった。癌治療にはそれそうとうのお金
がかかる。サラリーマンでないぶん、こういった保険に入っておく事は必要なのかもしれない。     
後同じテレビに感じるのは、社会の中にある小さな違法行為を取り上げ、当事者にマイクを向け、そのやり
とりを放送しているものが目立ってきている。これは完全に作り手が意図的に過剰な反応を当初から期待し
た作り方になっていて、正直一番無法なのは作り手であるメディアの側だと感じさせる。違法行為の当事者
にカメラやマイクを向ければどういう反応が返ってくるかは誰でも予想できる事で、その当事者の過剰な反
応を見せ物にして視聴者の感心をひこうとしている。例えばゴミの不法投棄などがあればメディア自らが規
範となるように自分達でそれをかたずけるとか、交通トラブルがあるならば自ら交通整理するなどを見せる
べきなのではないだろうか。それを当事者となる人や役所にいって「何とかしろ!」ともんくしかいわない
。こういったメディアの姿勢が世の中を悪くしている元凶に思えてならない。             
メディアの無責任と驕りが目立つ。                                




10月27日    金曜日                                   

指先の痺れはあいかわらず。しかし、体調はすこぶるいい。                     
もう階段で息切れすることもない。おとなしくしているぶんには自分が病人だとは感じられない。    
月曜日ぐらいから少しずつ外へ出てみようかとおもう。来週は木曜日に退院後初の検診もあるので、せめて
車で動き回れるようにしておきたい。                               




10月28日    土曜日                                   

あたたかい一日。                                        
入院前と違うのは、そんな時着ている服で体温調整をこまめにするようになったことであろうか。    
以前はめんどくさがって風邪をひいたりしていたが、今はそんなこともない。             




10月29日    日曜日                                   

朝から降っていた雨も午前中にあがり、秋晴れの空が広がった。                   
特に変わったこともなく一日が過ぎる。                              
指先の痺れは相変わらずである。いつになったらなくなるのだろう。                 
入院前にやっていた「伊勢神宮」の中学・高校生向けDVDが届く。モニターでちゃんとみたいので、荷物
の片付けが終わってから見る事にする。                              




10月30日    月曜日                                   

半年ぶりに車の運転。違和感はまったくなかった。何の不安もなく市役所と警察へ行き、運転免許の住所変
更手続きを終える。                                       
午後は、引っ越し荷物の片付けを始める。5月末からほったらかしだったので約5カ月目だ。      
あらためて荷物と向き合う。当初は1ヶ月ぐらいかかるかもしれないと思っていたが、ゆっくりやっても1
〜2週間でケリがつくかもしれない。                               
休み休みだが、さほど疲れもしないし、息があがるような事もなかった。               




引っ越し荷物1引っ越し荷物2引っ越し荷物3




10月31日    火曜日                                   

本格的に荷物の整理をはじめる。                                 
はじめてみて分かったのだが、荷物の中身がわからない。                      
病気が分かって翌日には入院してしまったので、四ッ谷の荷物整理を友人達に頼んだのだが、やはり自分で
やっていないと細かい内容物がわからない。全て開封し中身をあらためるスペースがあればいいのだが、そ
れもできない。これはやはり時間がかかりそうである。                       

荷物整理に必要なものを車で買いにいく。                             

本や書類の入った段ボールのいくつかは持ち上げることができないほど重い。             
道険しである。                                         








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・121 寺田寅彦随筆集 第一巻 小宮豊隆編(岩波文庫)                    
・122 どぶどろ 半村良(扶桑社文庫)                            
・123 遺す言葉、その他の短篇 アイリーン・ガン(早川書房)                 
・124 容疑者xの献身 東野圭吾(文藝春秋)                         








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
11月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ