パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記ー療養編 2006年 12月



12月 1日    金曜日                                   

12月である。今年も残すところ後1ヶ月。                            
本当に色々とあった年であった。                                 

軽い貧血のような感じが数回したので夜も9時頃には床について寝る事にした。            




退院後2ヶ月1
12月1日状況


眉毛及び頭髪状況退院後2ヶ月2
二ヶ月前                  現在




12月 2日    土曜日                                   

昨日あった貧血のような感じが数回ある。                             
料理作りも今日は中止。先日つけた漬け物、浅漬けだが食べてみる。美味しい。            
初漬け物としては上出来ではないだろうか。                            
(貧血症状、これを書いている3日朝現在では特になく、違和感も消えている)            




12月 3日    日曜日                                   

特に違和感も感じない。ただ大事をとって食事作りはしばらくお休み。                
VHSを整理するためにパソコンに取り込む、DVDにする為だ。                  
ただソフトウエアエンコードの為、実時間の3倍程度エンコードにかかってしまう。          
まぁ時間はくさるほどあるので別に問題はないのだが、一日1本DVDにするのが精一杯だ。      




12月 4日    月曜日                                   

昨日エンコードしたファイル、ビートレートが高すぎて使えない事がわかり再エンコード。       
出来たのは結局夜であった。                                   
その夜、実家の電話に不審な電話あり。いわゆる「振り込め詐欺」である。電話に出た父の話しでは、向こ
うは最初に兄の名前を告げたそうである。「携帯を落として番号を変えた」と言ったそうだが、幸い父は声
が違う事に気付き指摘すると、「風邪をひいた」「また後でかける」といって切ったそうである。    
困っている人を見て笑っているようなこんな輩がいる世の中になってしまったんだなぁ。        




12月 5日    火曜日                                   

午前中再び「振り込め詐欺」の電話がある。今回は私が出たのですぐにわかった。           
電話に出ると「おれおれ〜(兄の名前)」と言ってきた。「あんた誰」と返すとすぐに電話は切られた。 
電話の設定がおかしかったので断言はできないのだが確かに兄の携帯番号で着信しているようだ。    
今度かかってきたら騙されたふりをして口座番号を聞き出して潰してやろうとおもう。         
その後ネットで調べるとIP電話や海外のサービスを使う事で番号の偽装は可能のようだ。       
ナンバーディスプレーを悪用した卑劣な手口である。                        
たとえ本人からの着信であろうと信用はできないということだ。                   
しかし、もっと恐いのは少なくても兄の名前とこの実家を結び付けるデータを詐欺グループは持っていると
いう事。個人情報の管理は厳重にするべき時代になった。しかし、これが行き着くところはおそらく人を信
用できない社会。考えなければならない。                             

午後はアナログレコードをデジタル化。                              
中学生の頃から買い続けたアナログレコードがおそらく300枚以上あるのだが、それをパソコンで録音、
デジタル化し、CDに焼く。冨田勲の「展覧会の絵」など5枚を作業した。              




12月 6日    水曜日                                   

体調的には何の違和感もなくなった。                               
軽い貧血のような感じも今はもうない。                              
指先のしびれももうまったくない。                                

残念ながら「振り込め詐欺」からの電話はなかった。こっちは療養中で暇だからつきやってやろうと思って
いたのに残念。                                         

映画1本をDVD化。                                      
車でコーヒー豆を買いに行く。                                  




12月 7日    木曜日                                   

VHSの映画2本パソコンに取り込む。                              
エンコード作業。                                        
体全体の体毛がどんどんのびている。病気前はけっこう毛深いほうだったが、またああいう風になってしま
うのだろうか。そうなるとあのつるつるお肌が懐かしい。                      
吾妻ひでおの本を読んでいて、ふと最後の発行日を見ると30年前になっている。本自体はさして時代を感
じさせないのだが。物持ちの良さにしばしあきれる。                        




12月 8日    金曜日                                   

昨日取り込んだ映画2本をDVDに焼く。                             
続けてまたVHSの映画2本パソコンに取り込む。                         
それだけで夕方になってしまった。あまり生産的とはいえないなぁ。                 
夜、鼻水が出てくる。風邪かと思ったがすぐに治まった。                      
寝る前に取り込んだ映画のエンコードを仕掛けて10時すぎには就寝。                
最近寝る前に吾妻ひでおの漫画を読返している。                          




12月 9日    土曜日                                   

朝から雨が降り出す。                                      
雨が降ると町が静かになるので落ち着く。                             
ここは住宅地なので子供の声や犬の泣き声でけっこう五月蝿いのだ。                 
私の家の回りでは並んで7軒ぐらい犬を飼っているのだが、宅配や犬の散歩がとおりかかるとまるで「野性
の王国」だ。特に神経質な犬がいて、近所に訪問者が来ている間中吠え続ける。その犬に対しては自治会か
らも文書で苦情をもうしたてたらしいのだが改善する気はまったくないらしい。こういう自分勝手な権利意
識しか持たない低俗な人間が本当に増えてきているような気がするのだが、いかがなものであろう。   
だから雨が好きになる。                                     

今は食事作りは暫し休息。後片付けだけするようにしている。                    




12月10日    日曜日                                   

お昼頃から晴れてきた。                                     
アナログレコード4枚をデジタル化。                               
本棚や押し入れにあった本を整理。段ボール2箱分の本をBookOffへ。             
1700円余りで買い取ってもらった。                              

暇なので、ムービーキャメラをメンテがてら出してみた。                      
実に半年振りに、カメラを操作してみる。自分がカメラマンだった事すら忘れてしまいがちな状況なので、
いい刺激にもなるかもしれないと考えての事でもある。                       
このARRIFLEX(アリフレックス)キャメラは35mmフィルムの撮影機でムービー全盛の頃は劇映
画、CM、ニュース、PR映画と大活躍していた。私が助手生活を始めた頃はまだ主流はフィルムだったの
でずいぶんお世話になった。                                   
キャメラを眺めていてそんな昔の事に想いを馳せている。                      




ARRIFLEX1ARRIFLEX2
ARRIFLEX35 2(2はローマ数字表記)CBV




12月11日    月曜日                                   

朝から晴れ。                                          
布団をベランダに干し、1階、2階を全て掃除。車も洗車。                     
レコードのデジタル化3枚。                                   
夜、昔NHKで放送された「キャメラマンの映画100年」を見ながら同時にパソコンに取り込む。   

しかし、病気について書くこことが何もない。いたって普通だからである。              




12月12日    火曜日                                   

昼前から雨になる。静かだ。                                   
映画を1本デジタル化。                                     
配線を見直しているうちに夕方になってしまう。                          
夜はさんまを焼く。いつの間にかさんまを焼くのは私の役目になってしまった。            
体調に変化なし。                                        




12月13日    水曜日                                   

午前中は晴れていたが、午後は雨。                                
父と車で買い物。                                        
昨日の映画をDVDに焼く。                                   
特に体調に変化なし。                                      




12月14日    木曜日                                   

明日は一ヶ月振りの検診。                                    
今月のはじめにあった少しのぼせたような症状が気になっているので、実は少々不安である。      
再入院なんてことにならなければいいのだが・・・                         




12月15日    金曜日                                   

8時前に家を出る。9時病院到着。血液の採取。病棟に顔を出し看護士さんに挨拶。          
検査結果は特に問題なし。今月頭にあったのぼせた様な感覚は、入院が長く、抗癌剤などの影響もあって、
血圧の調整がまだうまくいかない時があるのではという事だった。                  
まだ低いのが、赤血球395(基準値414〜548)。                      
血色素量13.3(ヘモグロビン基準値13〜17)、ヘマトクリット42.5(基準値41〜51)と基
準値の範囲に入った。                                      
次回検診は1月12日となった。                                 
退院から今日で丸2ヶ月。とりあえずのりきった。                         




12月16日    土曜日                                   

ビデオのエンコード作業。                                    
話は専門的になるが、今までMP2にエンコードする時2PASでやっていたのだが、元素材がVHSなの
であまり意味がない事に気がつく。1PASでエンコードすればエンコード時間は30%ほど速くなる。 
何もしない日が続いている。あるサイトにあった「ストレスチェック」というのをやってみたら「すぐ医者
にかかれ」というレベルになってしまった。                            
退屈である。暇である。                                     




12月17日    日曜日                                   

終日エンコード作業。                                      
しかし、毎日毎日こんな事でいいのだろうか・・・                         
あせるのは良くないとおもいつつも、いらだってしまう。                      
だがどうにもならない事も分つている。                              
この日記も病気に関して書く事がほとんどなくなってしまった。                   
そろそろ一区切りつけたほうがいいのかもしれないなぁ。                      




12月18日    月曜日                                   

父のお供で買い物に。                                      
座椅子を下見。野菜。米。                                    
エンコード作業の続き。                                     
このところ、魚中心の食事。来月の検査結果が楽しみ。                       
「認知症」のテレビ番組を見る。私も仕事でだが実際認知症の取材をしたことがある。人ごとではない。 




12月19日    火曜日                                   

頼まれていたDVDを郵便局にて発送。                              
今日はエンコードもアナログレコードのデジタル化もお休み。                    
何となく一日が過ぎていく。                                   
夜、夕方5時から9時まで前の家の犬が吠え続けてうるさく、いらいら。               




12月20日    水曜日                                   

ホームページのトップページを改修。                               
大分コンテンツが増えたのでボタン領域を広げる。                         
午後はインターネットで調べもの。                                
前の家はどこからか苦情がきたのか、犬を室内へ入れたようだ。静かな夜が戻ってきた。        




12月21日    木曜日                                   

映画4本、パソコンに取り込む。                                 

犬の騒音、昨日はたまたまだったようで、今日は夕方7時くらいから10時すぎまで断続的に鳴きわめいて
いた。私のいる2階の真ん前にあたるので、音がかなり響く。音は上へ上がる性質があるので特にだ。  
この家の住人は少しおかしく、家の前で出会うと黙って背中を向けて移動していく。子供介した付き合いは
しているようだが、お隣を含めた近所の人と挨拶しているのを見た事がない。             
自分勝手な一家である。子供も相当けたたましい。週末になるとトラックでやってくる年寄りがいるのだが
、四六時中外でたばこを吸いながら咳を繰り返している。一度車を家の駐車場の前に止めていて車が出られ
ないので注意するまで、数年間平気で家の駐車場の前に車を止め続けた鈍感な人間だ。         
人を思いやれる感情の欠如した一家である。                            




12月22日    金曜日                                   

昨日エンコードした4本のうち1本がダブってエンコードされていて明日やり直し。設定ミスであろう。 
母の病院にお伴。朝9時から11時半ぐらいまでかかる。場所が場所なのでマスクを着用。       
帰りは一緒にご飯を食べて、買い物にも付き合う。母は脚が少し悪いので疲れたようだ。        




12月23日    土曜日                                   

エンコードのやり直し終了。                                   

昨夜、相変わらず前の家の犬がうるさいのでカーテンを開けて、夜3時まで明かりをつけておいた。   
今日の朝、眼の家の主人と母親らしき人間が外でばたばたと掃除をはじめたので私も外へ出てこれ見よがし
に掃除をはじめる。もちろん挨拶はない。私は通りかかる人でも眼が合えば挨拶するが、前の家はそれもな
い。ところが掃除も終わりかけた頃、その家の嫁さんとおぼしき人物が「犬がうるさくてすみません」と向
こうから言ってきた。私も「そうですねと」と。「捨て犬でまだ子供の犬との事」。犬なのだから鳴くのは
当たり前だし、まして子供の躾の出来ていない時期ならばいたしかたないのも理解出来る。だがここは野中
の一軒家ではないのである。ひとまず「お互い様の部分はありますが、犬がうるさいとは思う」という事と
「現在白血病で療養中」であることは告げた。こちらもいい歳をして四六時中仕事もせずに家にいるので、
病気の事は言っておいた方がいいだろうと考えての事だ。今の状況は少々不審がられても仕方がない。  
ひとまずそんな事で夜は昨日程ひどくはなく、許せる範囲であった。                 

この日記は白血病の闘病記であり、療養記でもあるのだが、こんな日常の事しか書けない状況である。  
こんなの意味あるのだろうか?                                  





12月24日    日曜日                                   

先週、お笑い芸人さんが白血病が原因の肺炎で亡くなった。                     
そのニュースを見たとき、初めて「白血病」だった事を知ったのだが、何故か「やはりそうだったのか」と
いう思いにとらわれた。一度退院してからの再発のようで人事ではなかった。             
なんの根拠もないのだが、最近白血病が増えていないだろうか。自分が病気になり関心があるからそう感じ
るだけなのだろうか。                                      
静かなクリスマスイブである。                                  




12月25日    月曜日                                   

車で外出。年賀状の事をすっかり忘れていた。年賀はがきを購入。その他プリンタ用品なども買う。   
母から頼まれた座椅子も購入。帰って年賀はがきのレイアウト。                   
一日がたつのが早い。                                      




12月26日    火曜日                                   

午前中から雨。けっこう激しい降りだ。                              
年賀状の印刷を開始。午後には刷り上がる。傘をさしてポストへ。                  
傘をさしたのは9ヶ月振りぐらいではないだろうか。何だか小さなときめきが。            
傘に当たる雨音が心地よい。                                   
冷たい空気が肺に入る。体の中に確かに感じる冷気。生きているからこそ感じられる。         
生とはこんなことなのかもしれない。                               
そしてこんなことを幸せと感じられるのは人間だけなのかな。                    
無菌室から見た雨は無声映画のように、「映像」でしかなかった。                  
菌だけでなく、音も無い部屋。                                  
寂しい部屋だったんだなぁと今にして思う。                            

雨は素敵だ。                                          



夜の無菌室




12月27日    水曜日                                   

父の買い物につきあう。                                     
豪雨と強風の一夜が明けて、台風一過のような日本晴れ。                      

高校生の頃作った自主制作映画と映画学校時代の作品をエンコード。                 
映写画面をビデオカメラで再撮影した素材なので画質はよくないが、逆に映写機のフリッカーが「映画らし
さ」を醸しだしているのかもしれない。高校時代に40分と85分の作品2本を作ったのだが今にしてみれ
ば工夫のない構成だが、言いたい事はストーレートに伝わっているような気がする。          
「映画青年」という言葉があったが中学生の頃から「映画」しかない生き方だったと今更ながら思う。  

DVDにした後、高校時代の友人に送ってあげようと思う。                     




12月28日    木曜日                                   

風邪の強い一日。                                        
自主映画のDVDパッケージをつくり、友人のところへ発送。                    

銀行の住所変更がまだ終わらない。変更届けを最初出したのが11月の末なのだが以前の住所の表記中「〜
ビル」と称していたものが登記上は「〜ハイツ」だからだ。以前住んでいた建物の外には「〜ビル」と表記
していた。あの不動産屋と家主共々、まともではない。                       
引っ越しの時もリフォーム代金の過大請求等があったが、いまだに悩まされるとは。          

変更届けを書き直して投函。                                   
後気になっているのは郵便の配達が以前に比べ、遅くなっているような気がしてしょうがない。今の時期だ
からという訳ではなく普段からである。以前はがきや封書は近県宛ならば投函後翌日か翌々日には配達され
ていたと思うのだが、このところ3〜5日ぐらいかかっているような気がする。気のせいだろうか。   




12月29日    金曜日                                   

昼過ぎまで強風が続く。                                     
買い物のお手伝い。                                       

VHSのデジタル化で、パソコンにキャプチャーしたファイルの音声がずれる。原因を特定した訳ではない
が数日前から異音を発するハードディスクに入れていたので原因はその辺が関係しているのではないかと思
う。数年前、やはり異音を発するハードディスクが突然昇天してしまった事がある。ちょうど納品しなけれ
ばならないデータが入っていて、その納品日の前日だった。頭が真っ白になったのを覚えている。    
結局何とか約束の時間をずらしてもらい、全てやり直して納品した。あの時発していた音と同じである。 
データ復旧サービスなるものもあるようだが、100%直る保証もなく、しかも数十万円はかかるようだ。
皆さんもハードディスクの異音には要注意。少しでもおかしいと思ったら大事なデータは他のディスクにバ
ックアップする事をお勧めします。仕事のデータだったら異音とかも関係なく常にバックアップしておく事
が大切です。                                          

音ズレが2本も出て、合計で8時間は無駄にしただろうか。しばらくデジタル化はお休み。       




12月30日    土曜日                                   

父と正月用品の買い出し。                                    
どこも人であふれている。もうすぐお正月。                            
もしかしたらお正月を迎える事もできなかったかもしれないと思うと現代の医療とそれにたずさわる人々に
感謝。                                             

昨日の音ズレ、ハードディスクの断片化が原因のようだ。                      
ファイルを他のディスクにコピーしたら正常に再生された。コピーしたファイルを元のディスクに書き戻し
てみたが、やはり音ズレはない。                                 
このところデジタル化作業で何十ギガものファイルを書き込んだり消したりを繰り返していたのでそれが原
因だろう。                                           
メインのパソコンにハードディスクを増設。OSをインストール。メインで使っているOSが最近少し挙動
がおかしい事があるので踏切った。いままでの環境はそのまま温存し、新しい環境へ徐々に移行しようとい
う作戦だ。Macは起動ディスクを簡単に切り替えられので助かる。いまメインのマシンには4台ハードディ
スクが載っているが、そのどれからもブートできるようになっているので緊急時は本当に便利だ。    




12月31日    日曜日                                   

2006年も今日で終わる。                                   
今年はまさに病気の年であった。それもこれ以上はないというくらいの重病。             
正直病名を告げられた時は「死」を覚悟した。幸い治療が順調に進んだからこその今日である。     
しかし、完治のない病気でもある。入院中は病気と闘う事で集中できるが、これからは「再発」におびえな
がらの生活になるのだ。一体どちらが楽であろうか・・・                      
昨日書き忘れたが、半年振りに湯船に浸かった。今日も入ったが、特にのぼせるような事もなかった。  
やはり風呂は気持ちいい。体は使っていないから疲れはないが、精神の疲れがお湯にとけていく。湯気で白
く煙った浴室の中、ぼんやりとしているのが心地よい。                       
これも生きていればこそ味わえる感覚。「死」とはまさにこの「感覚」の停止。            
死ななかった意味、生き残った意味・・・                             
今あるのは生きて2007年を迎えられる事への感謝のみである。                  

大晦日、CS放送で「ウルトラQ」全話放送がある。今このときに私の原点とも言える作品と共に2006年
を終わろうと思う。                                       








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・127〜129おろち1、2、3 楳図かずお (秋田コミック)※再読               
・130〜131恐怖1、2 楳図かずお (秋田コミック)※再読                  
・132    ぶつぶつ冒険記 吾妻ひでお (東京三省世社)※再読                
・133    海から来た機械 吾妻ひでお (奇想天外社)※再読                 
・134    ぱるぷちゃんの大冒険 吾妻ひでお (ぱるぷ)※再読                
・135    贋作 ひでお八犬伝 吾妻ひでお (奇想天外コミック)※再読            
・136    魔女にあイブ 吾妻ひでお (秋田コミック)※再読                 
・137    ハイパードール 吾妻ひでお (秋田コミック)※再読                
・138    ミニティー夜夢 吾妻ひでお (秋田コミック)※再読                
・139    チョコレートデリンジャー 吾妻ひでお (秋田コミック)※再読           
・140    自己の探究 中村元 (青土社)※再読                       
・141    映画撮影とは何か 山口猛 編 (平凡社)※再読                  
・142    映像を彫る 撮影監督宮川一夫の世界 改訂版 渡辺浩 (パンドラ)※再読      
・143    円谷英二の映像世界 完全・増補版 竹内博・山本眞吾 編 (実業之日本社)※再読  
・144    殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) 池波正太郎(講談社文庫)           
・145〜172人間交差点1〜27巻 矢島正雄作 弘兼憲史画(小学館BIG COMICS)※再読 








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ