パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー療養編 2007年1月



 1月 1日    月曜日                                   

明けましておめでとうございます。                                

昨夜の大晦日は布団の中で本を読みながら年越し。                         
特に正月らしい事もなく一日が過ぎる。                              
夜テレビで黒澤明の「赤ひげ」を見る。何度見たかは覚えていないが、また感動。           
今回は直接パソコンに取り込む。現在エンコード中。                        




 1月 2日    火曜日                                   

「赤ひげ」がDVD1層では収まらなくなってしまった。                       
それで初めて2層のプロジェクトで作成。パソコン上では切り替えポイント等もうまくいったのだが、2層
用のメディアの値段を調べると一枚で7〜800円する。VHS整理が当初の目的なのでなんだかもったいな
いような気がしてきた。2層対応のハードは随分前から使用しているのだが、まだ一度も2層で焼いた事が
ない。経験として2層に挑戦する意味はあるのだが、せこい話ではあるがもし失敗したらと考えてしまう。
悩む。                                             

午後兄夫婦がやってきて家族が揃う。お正月。                           
もしかしたらこんな事も体験できなくなっていたかもしれないと思うと感謝の気持ちがわいてくる。   
無事に年をこせたんだなぁ。                                   




 1月 3日    水曜日                                   

明け方雨が降ったようだ。朝雨戸を明けると道がぬれている。どことなく空気も暖かい。        
朝7時前には朝食を食べ終え、コーヒーを入れながらこの日記を書くのが日課になっている。      
コーヒー豆を挽いていると、あの何とも言えない豊かな香りが部屋にあふれるあの時間が好きだ。    
たっぷりと2杯分。一日の中で一番落ち着く時間かもしれない。                   

午後はパソコンをいじっているうちに終わる。                           




 1月 4日    木曜日                                   

やっと一枚DVDが出来た。                                   
年末にOSを新しく入れ替えたのでその調整に手間取っていて今になってしまった。          
退院してから急激に太ってしまったので少し前から食事の量を制限している。今はほとんど運動らしいこと
もしていないので当然と言えば当然の結果。                            
前回の血液検査の結果でもコレステロールが増えていた。少し自重しなければ。            




 1月 5日    金曜日                                   

アナログレコード5枚、CDに焼く。                               
CS放送で「ピンクレディーの活動大写真」を観る。当初は何気なく観ていたのだが、撮影がいいので思わ
ず全部観てしまった。レンズの選択がいい。と思っていたら最後のエンドロールで「撮影 稲垣涌三」の文
字。当「短編映画製造計画」でもおなじみのあの稲垣さんだった。ちなみに監督は「小谷承靖」あの「ゴキ
ブリ刑事」の監督である。「中野稔」さんも合成で頑張っていた。                  




 1月 6日    土曜日                                   

インターネットの調子が悪いのでルーターやハブを初期化し再設定。                 
結局原因はハブの接続ケーブルの一本がループしてしまっていた事だったようだ。           
先月メインのメールアドレスを変更したのでユーザーIDとログインIDが別になってしまっているのも原
因を特定するのを遅らせていたようだ。                              

夜、デジタル化しながら「キネマの天地」を観る。                         
山田洋次の作品の中では話題になることも少ない作品だが、主人公の父役の渥美清がいい。       
無法松の一生の松五郎を病弱にしたような設定だが、実に細かい芝居をしている。やはり稀有な役者さんだ
ったのだなぁと改めて関心し感動させられた。                           
水野晴郎ではないが「映画って、ほんとにいいもんですね」。                    




 1月 7日    日曜日                                   

今日は「山椒大夫」を観る。                                   
監督溝口健二、撮影宮川一夫。安寿と厨子王の説話である。                     
別れ別れになった親子のものがたり。                               
数十年の時間がよどむ事なく流れていく。                             
観る者はそのゆったりとした語り口にただ身を委ねていればよい。                  
親が子を、子が親を、兄が妹を、妹が兄を思う。ただそれだけを見つめていればよい。         
「まだ人が人としてめざめていない頃のお話」のとおり人買いや奴婢など、地獄のような時代。     
観る者はそんな時代を生きる親子を通じ自然と「人として」の自分を見つめはじめる。         
兄を救う為に命を捧げる妹。妹や奴婢を助けようとする兄。遠く海を隔てた島から子供たちを思う母。  
ものがたりが具現化し体験となっていく。                             
そして最後ぼろぼろになって親と子が再会する姿に、深い共感を持って感動するのだ。         




 1月 8日    月曜日                                   

黒澤明の「どん底」。                                      
つっかえ棒でやっと建っている木賃宿に吹き溜まった人々。                     
彼らも建物同様、嘘や世の中への反抗というつっかえ棒がなくては生きていけない。          
左卜全演じる遍路姿の老人が彼らのそんな心を表出させる。                     
人は例えそれが悪い事でも、夢がなければ生きては行けない。                    
酒毒で五臓六腑をやられ、大好きだった台詞すら忘れてしまった者に老人は言う、「人間、好きなものがあ
って辛抱できるんだから」と。                                  
演じる役者達が凄い。名傍役達が揃っている。                           
左卜全をはじめ、三井弘次、千秋実、清川虹子、根岸明美、東野英治郎、田中春男、渡辺篤、上田吉二郎、
藤原釜足・・・香川京子、三船敏郎、山田五十鈴、中村鴈治郎・・・                 
最後、酒によって始まるセッションが凄い。生きようとする人間の力。                
「こん、こん、こんちきしょう」「こん、こん、ちきしょう、こんちきしょう」「こっちはおけらだすって
んてん」・・・                                         
どん底へ落ちた人間がそれでも人間でいようとする物語。                      




 1月 9日    火曜日                                   

今日はがらっと趣向を変えて「黄金バット」。                           
いつでも何が可笑しいのか笑っている。                              
ただの死体じゃないかと思うなかれ、これが滅法強い(相手が弱すぎ?)。              
しかし特撮は結構よく出来ている。特撮監督は上村貞夫。監督はあの「吸血鬼ゴケミドロ」の佐藤肇。  
この話私が学生時代に作った「怪彗星おむすび」に似ている。当時この作品は未見であったが、ようするに
誰でも考えそうなお話という事か。                                
娯楽作品としてはよくできていると思う。特筆すべきは沼田曜一の怪演が光っている。         




 1月10日    水曜日                                   

コーヒー豆を買いに。                                      

夜は「私が愛したウルトラセブン」。                               
13年前にNHKで放送されたドラマである。                           
ウルトラセブン制作時の円谷プロが舞台になっている。                       
アンヌを田村英里子、ダンを松村雄基、金城哲夫を佐野史郎、円谷英二を鈴木清順が演じている。    
脚本は市川森一。ベトナム戦争、沖縄にゆれる時代の中でウルトラセブンというテレビドラマを作る人々の
思いを描いた2部作3時間の作品。                                
特に脚本家金城哲夫のエピソードが印象に残る。                          
自身が沖縄の出身者であり、セブンと宇宙人、ウルトラ警備隊と宇宙人の対立を描くうちにウルトラ警備隊
が自衛隊に、セブンがアメリカ第七艦隊に、ベトナムが宇宙人というように感じられてしまい苦悩する。 
本土に何度も侵略された沖縄人の血が流れていることがセブンをただのヒーローに描く事を躊躇させはじめ
る。ついには作品の中で「ウルトラ警備隊の馬鹿やろう!」と人間に滅ぼされた民族の魂に叫ばせてしまう
これらはほとんど実話のようだ。金城の関係者達が表した書物の中でもこの金城の苦悩は語られる。   
私が仕事で沖縄を訪れた時、この金城家の経営する料理屋で食事をした事があり、その時金城哲夫を知る家
族(記憶ではお姉さんだったはず)にお話を聞く機会に恵まれた事がある。金城家は沖縄では知らない者の
ないほどの旧家で相当に裕福な家だったようだ。料理屋も金城家をそのまま店にしたもので、広大な土地に
立派な木造の家が建てられていた。                                
金城自身があの時代本土の学校で勉強できたのもそんな背景があるからだろう。しかしそのことも彼には「
本土でぬくぬくと生活している場合ではない」という思いを抱かせたという。             
そして「沖縄の為に働きたい」という思いが彼を沖縄に戻らせた。金城は後に沖縄海洋博推進の中心人物と
なり、海洋博は日の目をみた。がしかし成功とは言えなかったその博覧会で深く傷つき、晩年はアル中のよ
うになってしまったという。最後も自殺のような死だったらしい。                  
しかし、沖縄の為にという思いは達せられなかったかもしれないが、彼が創造した「ウルトラQ」、「ウル
トラマン」そして「ウルトラセブン」は私も含めて金城と同じ時代子供だった者達にメッセージを残した。
それは受け取った者の人生を変えてしまう程、強烈なものであったと思う。              
金城哲夫を忘れる事は出来ない。                                 




 1月11日    木曜日                                   

「ウルトラマンをつくった男たち」。TBSで作られたドラマ。                   
昨日の「私が愛したウルトラセブン」に比べると「特撮に夢を賭けた人々」の物語としてストーレートに描
いている。が、演出に冴えはなく、役者さん達も空回りの演技。特撮に関心のある者しか引き込めない内容
だと思う。現場の人間達の苦悩をそのまま描くだけで深みがない。どうしても登場人物が薄っぺらくなって
しまっている。情熱を声高に叫ぶ台詞で表現してしまっている。                   
物語る事を忘れ、エピソードだけでつながっていて感情が伝わらないのだ。              
ドラマは難しい。                                        
ドキュメンタリーは人物そのものの持つ魅力で引っ張っていく事もできるが、ドラマは一からそれを作り上
げなければならない。シチュエーション(事態や状況)の嘘はいいが感情が嘘をついていると観客はついて
いけなくなってしまう。                                     




 1月12日    金曜日                                   

定期検診。午後の予約なので、昼前に家を出る。                          
実は気になる事がまったくない訳ではないので少々緊張している。                  
着いてすぐに採血。1時間以上待ってようやく順番がきた。                     
結果は何も問題なし。                                      
ほっとする。                                          
全ての血液データが基準値に入った。                               
白血球68(基準値33〜81)、赤血球434(基準値414〜548)、血色素量(ヘモグロビン基準
値13から17)、ヘマトクリット44.9(赤血球容量基準値41〜51)、MCV103.5(平均赤
血球容積基準値87〜102)、MCH32.9(平均赤血球色素量基準値28〜34)、MCHC31.
8(平均赤血球色素濃度基準値31〜34)、PLT22.0(血小板数基準値14〜31)。     
4月からだからほぼ10ヶ月振りに正常値になった事になる。                    
長い道のりでした。                                       

夜、「どですかでん」を観る。                                  
黒澤作品の中ではあまり話題にならない作品だが、私は何故か好きだ。                
数えた訳ではないが20回以上は観ているだろう。                         
この作品も「どん底」と同じく役者達がいい。特に伴淳三郎が秀逸。足を引きずり、時々おそう引きつけに
もかかわらず、穏やかで朗らかで。山本周五郎の原作「季節のない街」の季節とはなにか。       
単純に四季がないという事だろうか。                               
私は思う。それは変化しない、つまり普遍という事ではないだろうか。                
舞台は、バラックといっていい家ばかりの街で一般の空間とは切り離されている。           
そしてそこには悪もあるし、善もある。裏切りもあるし、泥棒もいる。姦通もあるし、純愛もあるのだ。 
つまりそれは人間の社会そのものであるということにはならないだろうか。              
何千年も同じ過ちをくりかえす人間という生き物達。そのミニチュアが「季節のない街」なのではないだろ
うか。                                             




 1月13日    土曜日                                   

ちょっと考えている事があって、オークションでデジタルカメラを5000円で落札した。       
同じカメラを後最低2台、合計で3台揃えようと思っている。                    
そのカメラはオークションで人気もなく。競り合うような事もなく手に入れられた。          
実はこのカメラ、動画をやる人にとっては興味ある機能があるのだ。                 
考えている事というのは今は秘密にしておく。結果が出してからにしたい。              
しかし、発売当時の価格は8万円のカメラがたった4、5年で5000円なのだから世の中の進み具合は早
いものだ。                                           

昨日、検診の前に気になる事があると書いたが、それは耳鳴りがするという事。入院中もしていたし、実は
この病気になる以前もしていた。医者に一応相談すると、あまりひどいようなら耳鼻科へという話だった。




 1月14日    日曜日                                   

朝からいい天気。                                        
以前人からもらった望遠鏡キットを出してきて、部品のあれこれを組み合わせたりしてみる。      
以前から「虫の眼レンズ」に興味があって、自分でも作れないだろうかと思っていたからだが、なかなか一
筋縄ではいかないようだ。細かい工作ができる機械があれば何とかなるかもしれないのだが。      
あれこれ考えているうちに夕方になってしまった。                         
夜はホームーページの手直しをする。                               




 1月15日    月曜日                                   

HDのことを調べる。                                      
入院前にも調べていたのだが、人から頼まれた事もありまた調べはじめている。            
一口にHDといっても、民生用のHDV、AVCHD、業務以上のDVCーPROHD、XDCAMーHD
、HDCAMと様々だ。このなかでHDVが売れているようだ。しかし発売当初から疑問だったのだが、こ
のHDVは以前のDVと同じテープに同じ時間収録できるようになっている。これはデータ量としてみれば
DVとHDVはまったく同じという事になる(実際そうだが)。ちなみにHDCAMーSRのデータレート
440Mbps(これは1秒に記録するデータ量の事)だがHDVは25Mbpsである。実にHDVの1
8倍のデータをもっている事になるわけだ。これらを同じ「HD」と称していいのだろうか。      
しかしモニターで御覧になった方なら分かると思うが、あきらかにDVよりHDVの方が画質がまさってい
る。これが意味するのは圧縮技術の差があるという事だ。                      
DVは1フレームごとに画像を圧縮、記録しているが、HDVは15フレームを1つの単位として圧縮して
いる。そうしてこの15フレームのうちの1フレームにデータを集中させ後は徹底的に圧縮する。そうやっ
て高画質を実現している訳である。                                
確かに見た目は高画質なのだからいいじゃないかと思われる方もいると思うが、はたしてそうだろうか。弊
害はその圧縮方法にある。映像編集は1フレームを単位として行うものなので、このMPEG技術の映像は
一回气tレーム単位に戻してやる必要があるからだ。                        
それからHDVはメディアにテープのみが考えられていて、ノンリニア編集する場合必ずキャプチャーとい
う作業が発生する。                                       
圧縮という方向はいいとしてもこのテープをメディアとして記録する方向はこの先あるとは思えない。  
実際後発のAVCHD規格はDVDやメモリに書き込める仕様になっている。つまりHDVはおそらくすぐ
にこれらの陰で消えてしまうのではないだろうか。                         
かといって現在のAVCHDも中途半端な仕様になっている。                    
HDは今過渡期にある。                                     




 1月16日    火曜日                                   

今日もHDの事を調べる。しかし次第に興味は虫の眼レンズや他の方向へ。              
気が付いたらHDの事は忘れていた。                               

友人から高校時代に作った自主映画の台本が送られてきた。                     
自分でもそんなものがあるとは思ってもいなかったのでビックリ。                  
公民館を借りて公開したときのポスターまである。                         
ほんとにあの頃から本質的には何も変わっていない自分がいる(進歩してないとも言うか?)。     
何であんなに映画に取り付かれたのだろうか・・・                         
その答えを見つける為にこの仕事に選んだのだろうか・・・                     
答えは今も分からない。                                     
しかし、まだまだしていないこと、やりたいことは沢山ある。                    
問題は時間だ。                                         
人間遅かれ早かれいつかは死ぬ。そう考えると特に死も怖くもなくなる。               
困るのは、果たしてどのぐらい時間は残されているかが分からない事                 




 1月17日    水曜日                                   

朝から雨が降りだす。                                      
父と車で買い物。私が魚を焼くようになってからすっかり父も母もさんまのファンになってしまった。  
近くに繁盛している魚屋があるのだが、そこでさんまを9尾買う。一尾39円也。           
これはすぐに食べる訳ではなくすぐにラップで一尾づつ包んで冷蔵庫の冷凍室へ。こうしておくと数ヶ月は
保つ。焼くときは冷凍庫から出してそのまま焼けばよい。最初だけ弱火で、解凍されたら後は普通に焼けば
よいのだ。昨日も一ヶ月前に買ったさんまを食べたが、買ってきたばかりのものと味の違いはなく、おいし
く食べられた。                                         
今日の夕食はステーキ。ちゃんとした牛肉は入院以来食べてはいなかったとおもうので久々だ。     
温野菜とスープも添えて作る。                                  
やっぱり牛はおいしい。                                     

さて明日だが、入院以来はじめて友人の家に泊まりにいく予定。車で移動するつもりだ。        
ちょっと緊張している。しかし復帰への第一歩。楽しみでもある。ちょうど遠足前の小学生といったところ
だろうか。病院でも外泊・外出の前の日は結構興奮していたからなぁ。                

ということで明日の日記はお休みさせていただきます。                       




 1月18日    木曜日                                   

外泊で日記はお休み。                                      




 1月19日    金曜日                                   

昨日は昼過ぎに車で家を出る。10ヶ月振りの高速道路。ちょっと緊張。               
都心に近づく。ビルの街が遠くに霞んで見える。妙に美しい。飛ばさず、ゆっくりと走る。       
高速で分岐を間違える。かなり遠回りしてしまった。でも時間はたっぷりある。高速を降りてからも道に迷
うが、結構楽しい。もう少し迷っていたいぐらいだったが、見覚えのあるところに出てしまい着いてしまっ
た。あ〜ぁ。                                          
友人の家へ。入院する当日も一緒だったし、引っ越しの指揮もしてくれた。感謝。           
以前と変わりなく色々な話に花が咲く。楽しい楽しい。                       
夜は友人の作るお好み焼き。美味しい美味しい美味しい。                      
奄美の(ちなみに私の一家は私を除いて全員奄美大島生まれ)泡盛をいただく。入院中一度だけ外泊時にビ
ールを一杯飲んだが、その時以来。酒ってこんなに美味しいものなのね。               
そうはいっても4、5杯でもうかなり酔った。いい気持ち。                     
話は夜の1時過ぎまで続いた。                                  

そして今日。友人の家の近くにとても好きなチャーハンを出す店がある。入院中何度も白昼夢のように頭に
浮かんだ念願のチャーハン。絶品、絶品。                             
友人は気がつかなかっただろうが、一口食べた時感動で涙が出そうになった。             
何とも安上がりな感動ではあるが・・・                              
昼過ぎ友人と二人、近くのプロダクションを訪ねる。HDの機材検討。                
意見交換の後、方針が決まる。                                  
入院前貸していた機材を引き上げ帰路につく。                           

この機材をさわって見れば自分がどの程度回復しているかが分かるような気がする。回復のバロメーター。
それにしても本当に楽しい2日間であった。生きるというのは人と交わる事なんだと再確認。      
でも気は緩めない。私は昔の病歴から細菌には弱い傾向があるのは自覚している。慎重になるべきところは
慎重にならなければならない。                                  




 1月20日    土曜日                                   

少し疲れたのかよく眠れた。                                   

オークションで落札したデジカメが届く。2000円也。                      
先週落札したものとまったく同じ機種。このカメラ、かなり高度なインターバル撮影機能がついている。 
CCDもハイビジョンクラスのカメラ以上のスペックを持っている。                 
以前から思っていたのだが、こういった特殊な撮影をしようとするとどうしても時間がかかってしまう。 
予算が潤沢であればそれでもかまわないのだが、昨今はそういった作品ばかりではない。メインスタッフや
機材を長時間ワンカットの為に拘束する事はなかなかできない場合も多く、いきおいそういった撮影手法を
最初からあきらめてしまう。それを安価でしかも無人化できれば、セットしてしまえば後は他の作業に時間
が使える。以前の方法でもセットしてしまえば後は高価なカメラの番をしているような状況だったが、この
方法ならばさほどカメラの心配はしなくてもよくなる。                       
まぁそういった考えから最近オークションを注意深く見ているというわけだ。             
それに他にすることもないしね。                                 




 1月21日    日曜日                                   

少し雨がぱらつく天気。                                     
疲れが残っているのか昼間も眠い。                                
昨夜はことのほか寒かった。                                   
たのまれたオークションの原稿を書く。                              
夜、もう一台のデジカメを落札する。これでカメラは揃った。                    
山田風太郎の「人間臨終図鑑」を読んでいるが、人間病気で死ぬ事が多いのだなぁとあらためて関心する。
ここ数日以来、パソコンのマウスの調子が悪くいらいらさせられる。                 




 1月22日    月曜日                                   

マウスを交換。タブレットに元々付属していたものが未使用で置いてあったのを引っ張りだす。     
性能は若干落ちるが快調、快調。                                 
前のマウスはドラッグしていても途中で解除されてしまったりして非常にいらいらさせられていた。   
今、家では結構壊れているものが多い。                              
レーザーディスク、カセットプレーヤー、プリンター、8ミリビデオデッキ・・・           
しかし、私自身も壊れているんだから文句が言えない。                       

今日から父と一日交代での夕食作りを復活。スパゲティーナポリタン。                
学生時代、サウナの深夜バイトをしたとき、軽食を作ってお客さんに出していた時によく作った。    
あの時は、自分で作っていながら「美味しい」と感じ、以来よく食べるようになった。まぁ簡単だから誰が
作ってもさほど変わりはしないだろうけど。                            




 1月23日    火曜日                                   

先日の外泊時に引き上げた機材を整備する。                            
カメラボディの蓋を開け、基盤のボリュームを調整。本当はディティール量を調整したかったのだが今日は
その位置が分からず断念。                                    
さらに、三脚へ独自に取り付けた小さなライトを付け替える事にしたのだが、取り付け方で悩む。    
結局、夜まであれこれ考えて「まぁ、いいだろう」という方法へ落ち着く。              
機材に触れていると時間が経つのが本当に早い。                          
ここ4・5日、テレビもビデオも見ていない。                           




 1月24日    水曜日                                   

もう数年前からになるが、天井裏に鳥が住みついている。いや、実際にその姿を見たわけではないので正確
には「鳥らしい」と言うべきか。時々騒々しく動く時があるので分かるのだがなかなか元気がいい。   
二階の屋根の下に出入りしていると思しき穴もある。最初は天井を下から叩いたりしていたのだが今はもう
あきらめた。どんな鳥なのか知らないが、生き物が住むというのはここが安全と考えてのことだろうから悪
い事ではないような気がするからだ。「共存」である。                       
午後は取説やら何やら読んでいてあっという間に過ぎた。                      




 1月25日    木曜日                                   

録画しておいた「四季ーユートピアノ」を見る。                          
佐々木昭一郎の作品で、今から27年前にNHKで放送された番組である。              
過去2回再放送を見ているので今回で4回目になる。                        
最初に見た時の感動は強く、しばらくテレビの前から動けなかったことを覚えている。         
全編フィルムで撮られたこの作品の特筆すべきは、キャメラワークの凄さである。           
キャメラマンは吉田秀夫。NHKでは伝説になるほどの人だったらしい。               
同じコンビで撮られた「夢の島少女」も凄かったが、今作もまるで主人公の心がそのままキャメラに乗り移
ったような印象。20歳の時に見たわけだが、こんなに長く心に留まる作品にそのとき出会えた事は幸運だ
ったと思う。                                          
ドラマとドキュメンタリーが渾然と一体になった構成。主人公A子(榮子)は「音」を探している。それは
亡くなった兄の記憶と結びついている。そしてA子の側には裸電球や太陽の光が寄り添っている。    
「光」と「音」。これは映像そのもではないかと今気づいた。そうかこれは光と音の物語。       
A子の音探しは無くしたものを記憶する為。しかし音は確かにそこにあったのにやがて消えてしまう。  
空気を震わせたあの「音」はどこへいってしまうのか。そして「人」は・・・。            
「音」と「人」。                                        
A子は一台のピアノを8年の月賦で買う。それは「音」を永遠に所有できるからなのか。しかしA子はその
ピアノを兄との思い出の学校へ寄付してしまう。きっと兄の側でそのピアノから「音」が出る事に意味があ
るから。貨車に載せられたピアノが雪原を行くとき、まるで送り火のようなせつない感情がわき上がるのは
そのためなのだろう。                                      
A子以外の登場人物は全て本当の人々が「演じて」いる。その場所の匂いを体から滲ませている人々。  
フィクションでありながらノンフィクション。小説にも出来ないし、舞台でも出来ない。        
映像の持つ本当の力を感じさせる作品である。                           




 1月26日    金曜日                                   

母を定期検診で病院へ連れて行く。足が不自由な母は外へはほとんど出ようとしない。母にとってはこの病
院の日が唯一といっていい外出となる。診断後、二人で食事しに行き、近くに量販店で買い物。1時間近く
歩き回る。かご一杯の商品が母の鬱積を表している。したいようにさせた。              




 1月27日    土曜日                                   

父の畑に蒔く為の肥料を買いにいく。後は細々とした用事で一日が過ぎる。              

夜、「男はつらいよ」の渥美清最後の作品を観る。想像していたより元気だった印象。だが所々疲労が見て
とれる。最初の頃と比較してしまうとどうしても「寅」に元気がない。病をおして出演し続けた渥美清の心
中はいかばかりであったろうか。しかし、作品としてきちんと伝えたい事が伝わるのはさすがだと思う。 
山田洋次はこの「男はつらいよ」シリーズで「寅」や「寅屋」人々の性格や行動は変えなかったが、それに
からむマドンナ達は「時代」をきちんと生きているように描く。観客もそうであるように、「寅」達へのあ
こがれと現実がうまく調合されている。そんなところが息の長いシリーズの人気を支えていたのかもしれな
い。                                              




 1月28日    日曜日                                   

ホムーページの掲示板をあらためる作業で終日すごす。                       
一年ほど前からアダルトの投稿が毎日繰り返されていた。それを毎日手動で消していた。おそらく掲示板を
自動で探し、自動で書き込む形でおこなわれていたようだ。                     
今回そういった自動プログラムに対抗できる掲示板を設置した。                   
それにしても最初掲示板を設置した時には考えられなかった事がおこる。掲示板からメールアドレスやUR
Lを収集されるとは。人間は情報に翻弄されている。                        
コンピューターができて便利な部分もあるが、こういった事もおこるのだから実際「便利」になったと言い
切れるのか疑問である。                                     




 1月29日    月曜日                                   

あるプロダクションからの依頼で16ミリカメラをオークションに出そうとしていて、ヤフーの説明を読ん
で驚いた。落札価格の5%+消費税を落札された場合ヤフーに支払うシステムになっていたのだ。    
5年程前にも16ミリカメラを同じように売った事があったが、その時には一切利用料はかからなかった。
オークション詐欺などへの対応ばかりとは思えない。ヤフー商法とでも言えばいいのか・・・      

夜は白菜などをあしらった蕎麦を作る。                              




 1月30日    火曜日                                   

録画した「南極物語」を観る。泣きました。                            
その後、DVDにする為のエンコード作業。10時間かかりました。泣きました。           


 1月31日    水曜日                                   

今日で1月も終わり。                                      
体調的には変わりはない。耳鳴りは相変わらず。今日食事を作っているとき少し目眩があった。     
しゃがんでいて急に立ち上がったせいだとは思うが。                        

DVD「南極物語」を焼く。2層ディスク。切り替えポイントも分からないぐらいスムーズにいく。   
だいぶ2層ディスクの作り方のコツを覚えてきた。                         








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・173〜183漂流教室1〜11巻 楳図かずお(小学館少年サンデーコミック)※再読       
・184〜193わたしは真悟1〜10巻 楳図かずお(小学館BC)※再読             
・184 隣りの女 つげ義春 (日本文芸社)※再読                       
・185 姫田眞左久のパン棒人生 姫田眞左久(ダゲレオ出版)※再読               
・186 改訂版 撮影監督宮川一夫の世界・映像を彫る 渡辺浩(パンドラ・現代書館)※再読    
・187 こっこさん こうの史代(宙出版)※再読                        
・188 夕凪の街 桜の国 こうの史代(双葉社)※再読                     
・189 暗黒神話 諸星大二郎(集英社)※再読                         
・190〜192 人間臨終図鑑1・2・3 山田風太郎(徳間書店)※再読             








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月
2007年 療養編
2月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ