パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー療養編 2007年2月



 2月 1日    木曜日                                   

ある日の半日を赤裸々に描いたドキュメンタリー!                         

先日オークションで買った2、000円のデジカメで撮りました。5時間を8秒に縮めてあります。   




 2月 2日    金曜日                                   

母と毎年恒例の神社へ。外は風が強く滅法寒い。                          
杖を使わなければならない母は歩く気力もあまりない。神社の後行ったデパートも駐車場からデパートの前
でくじけてしまい、結局デパートの中には入らず帰路についた。                   
そんな状態でも役所的には介護度が1またはそれ以下。要支援がいいところなのだ。          
カツを買って帰り、夜はカツ丼。見た目は少々悪くなってしまったが、味は抜群。           
志ん生の落語を聞きながら寝る。                                 




 2月 3日    土曜日                                   

朝からホームページのレイアウト変更作業。                            
基本は作成ソフトでやるが、書き出したのちに手作業でHTMLを書き足す。             
夕方まで没頭していた。                                     
夜。節分。遠くに豆まきする声が聞こえる。                            




 2月 4日    日曜日                                   

晴天。今日もホームページの変更作業。コンテンツを見直す。                    
それに伴い、昔つくったCG素材を変換する作業。これがなかなかうまくいかず時間を浪費した。    
夜は辛し明太子スパゲッティー。明太を入れすぎてしまい、辛くて全部食べきれなかった。       
「気をつけよう、暗い夜道と辛し明太」。                             




 2月 5日    月曜日                                   

終日CG作業。このところテレビも一切見ない。もちろんニュースも。                
なんだか最果ての地にきた世捨て人のような生活。                         
家から出る用事もないのでこのところ外へも出ない。                        
肩が凝る。それ以外いつもの日常である。                             
志ん生を聞きながら寝てしまった。                                




 2月 6日    火曜日                                   

終日CG作業。                                         
試行錯誤がはじまり時間が過ぎる。                                
夜はチャーハンを作る。                                     
フライパンのテフロンが剥がれているのか、焦げ付いてうまくかえせない。              
それにしても3人前となると結構重い。                              
夜はこのところいつもの志ん生を聞きながら寝る。                         




 2月 7日    水曜日                                   

父のお伴で千葉へ。                                       
銀行の用事だったが、肝心の通帳を間違えている。                         
父も母も間もなく80歳になろうとしている。                           
物忘れはかなりひどく、もう二人だけでの生活は厳しいものがあると感じる。             
帰ってからCG作業。                                      
インターネットで調べものなどしているうちに夜。                         
今日も志ん生を聞く。                                      




 2月 8日    木曜日                                   

なんだかこのごろ急に暖かくなってきた。まだ2月だというのに。                  
なんでも世間では「暖冬」とのことらしい。                            
確かに5度くらい気温が高いようだ。こんな片隅に生きていても地球の事が心配になる。        
この数年続いている大災害なども無関係ではないだろう。                      
いや、環境だけではない。アフリカではチンパンジーがかつて例がないほど大集団化し、飢えている訳でも
ないのに他の群れを定期的に襲い、あろう事か敵のチンパンジーを殺し、食べてしまうという。     
その映像を見たとき、背筋が凍るような気がした。かつて見た地獄絵の世界だ。            
人間と同じように生物全体が「何か」を感じはじめているのかもしれない。              




 2月 9日    金曜日                                   

今日は検診日。午後からなので昼に出る。                             
午後のせいか幾分外来は空いている。診断の結果は「血液学的にはまったく問題ない」。        
しかし、先月から気になりだした耳鳴りが続いているので念のため後日耳鼻科の検診を受ける事になった。
外来で順番を待っている頃から鼻がぐずりだしていたのだが、風邪をひいてしまったようだ。      
炎症反応の数値が上がっているとの事。                              
帰りは定番となったラーメン屋でラーメンとチャーハン。特に美味しい店ではないのだが車で入りやすいの
でいつも病院の帰りには寄る。本屋に寄ろうと行ってみると棚卸しで休み。仕方なく別の小さな本屋へ。 
浦沢直樹と吉村昭を買う。                                    
病院で処方された風邪薬と抗生物質を飲み寝る。                          
効いたようで、これを書いている現在はもうすっきりしている。                   




 2月10日    土曜日                                   

父と食料品の買い出し。風邪もすっかり治りさわやか。                       
プリンターのインクを購入。                                   
午後はパソコンで調べもの。                                   
実に暖かい日であった。少し動くと汗ばむほどである。                       




 2月11日    日曜日                                   

終日CGのモデリング作業。                                   
吉村昭の遺作短編集「死顔」を読了。                               
氏の作品に共通する。丹念な描写は徹底した取材にもとずいていて、読む者を作品世界に引き込む。   
しかしこの遺作短編集にはどちらかというと随筆に近い。自身の身辺におこる死に関連した出来事が綴られ
ている。人が死を思うときそれが他人の死であってもそれは自身の死を深く見つめている。       
重いが、静かな力をもった作品である。                              




 2月12日    月曜日                                   

(2007年2月12日19時59分 読売新聞)                         
「浴室での80代夫婦死亡、夫は水死・妻は凍死・・・大阪」                    
大阪市住吉区墨江の無職男性(82)方の浴室で11日夜、死亡しているのが見つかった男性と妻(81)
の死因は、大阪府警の司法解剖の結果、男性は水死、妻は凍死の疑いが強いことがわかった。      
 調べでは、男性方は2人暮らし。男性は今月6日ごろ、妻は10日午後に死亡したとみられる。妻には認
知症の症状があったといい、同署は男性が死亡した後、妻がそのまま浴槽に入ったとみている。     

ネットの新聞記事である。                                    
認知症の妻が風呂で死んでいる夫とどうしようとしたのか。自分の意志で夫の風呂へ入ったのだとすれば・
・・・いや、やめようどんな考えも推測にすぎない。                        
いたましい記事である。                                     




 2月13日    火曜日                                   

今日も終日CG作業。                                      
没頭すると時間が経つのが早い。                                 
ネットラジオで音楽を聴きながら作業する。以前からAppelのiTunesに入っているAmbien
tがお気に入りだ。作業は軽快に進む。                              




 2月14日    水曜日                                   

外は嵐のような雨。今日も終日CG作業。                             
セッティングも終わりレンダリング。中々良いとおもうのだが。                   
今創っているムービーは姉妹ホームページの「特撮大陸パンゲア」にてリニューアルと共に公開しようと考
えているもので、東宝特撮テイストをふんだんに取り入れたものにしようと考えている。        
もちろん自分のオリジナリティーも出しながらであるが。                      
いわゆる「怪獣」ではなく「SF」の世界観で統一する。                      
ネットでの公開なので長尺にはできないのだが、合わせて本ホームページのプライベートCGにも使えるか
ら一石二鳥である。                                       




 2月15日    木曜日                                   

午前中、耳鳴りの件で耳鼻科へ。                                 
受け付けてから4時間待たされた。CTを撮り、聴力検査。結果は異常は認められず。         
「耳鳴りとうまく付き合ってください」というのが診断結果である。                 
予想はしていたが、合計5時間近くいてこの結果なのだから喜んでいいのか・・・           
文庫本は一冊読めたけど・・・                                  
昼も食べずにいたので帰りに行きつけのラーメンで食事して夕方帰る。                


 2月16日    金曜日                                   

父と買い物。CGの新しいカットを仕込む。アイディアで悩む。                   
時間が過ぎていく。                                       




 2月17日    土曜日                                   

CGのアイディアが膨らみ、カットが増えていく。                         
しかし、計画をちゃんとたてないでスタートしているせいで無駄も多い。               
まぁ行き当たりばったっりでやっていると言っていいだろう。                    
しかし自分で言うのも何だが、いまのところ結構満足のいく出来映えだ。               
集中しているせいか時間がたつのがあっという間だ。                        
それに耳鳴りもこういう時は気にならないのも助かる。                       




 2月18日    日曜日                                   

朝5時過ぎ、雨の音で目が覚める。                                
布団の中でジッとそれを聞いていると妙に物悲しい気配があたりを包みはじめる。           
ふたたび眠りにつくのは困難と判断し、起き上がる。                        
外はまだ暗い。                                         
パソコンに灯を入れ、昨日のCG作業の確認をしてみる。                      
その充実が体にゆっくりと、そして静かにもどりはじめるのを感じる。                

雨は強さを増していく。                                     




 2月19日    月曜日                                   

「荒野の用心棒ー早撃ちMac対殺し屋Win」                          

西部のとある小さな街。                                     
砂埃が舞う街のメインストリートで対峙する早撃ちMacと殺し屋Winのふたり。          
Mac「おうっWin! お前最近また名前を変えたそうだな!」                  
Win「ふんっ、それがどうした!」                               
Mac「今はVistaだと! その前はXPで、その前は確か2000だったな!」         
Win「Meってのもあったぜ!」                                
Mac「てめえ、いったいどういう了見でそうコロコロ名前を変えるんだ!意味わかんないし!」    
Win「てめえの知った事か!!」                                
Mac「それから、酒も毎日あびるほど飲んでるっていうじゃねえか」                
Win「文句あるか」                                      
Mac「メモリ酒をほとんどお前に飲まれちまうって酒場の親父が困っているんだ!」         
Win「ふんっ、いっそのこと酒場にあるメモリ酒を全部飲み干してやるぜ!」            
Mac「抜け!」                                        
二人の手は同時に腰のマウスへ。左クリック。                           
Winはアップルメニュー、Macはスタートメニュー。                      
Win「システム終了!」Mac「シャットダウン!」                       
二人が倒れたのは同時だった。ひときわ大きな砂塵があたりを吹き抜ける。              
するとWinがゆっくりと立ち上がった。                             
そう、Macがクリックした「Windowsの終了」ウインドのメニュー選択が「シャットダウン」では
なく「再起動」だったのだ。                                   




 2月20日    火曜日                                   

午前中からしのつく雨。静かである。まるで雨が音を吸収してしまっているかのよう。         
CGとホームページの改修作業で終日すごす。                           




 2月21日    水曜日                                   

今日はうってかわってよい天気。                                 
CGのレンダリング作業。カット数が結構あるので時間がかかる。                  
体調その他変わりなし。耳鳴りは相変わらず。                           




 2月22日    木曜日                                   

今日もいい天気。父と確定申告の説明会場へ。順番待ちの人の多さに驚く。              
聞けば、書き方が分からない為の相談とのこと。説明は聞かず買い物をして家へ帰る。         
すぐに申告書を作り始める。今はネット上で入力するだけで完成する。                
1時間ほどで申告書完成。                                    
自分の申告書も作らねば。                                    




 2月23日    金曜日                                   

今日は母のお伴で病院へ。病院というのは「待つ」ところなり。診察を待つ。会計を待つ。薬を待つ・・・
どんな病院でも2時間で出られるところはないであろう。病院が少ないのか、それとも病人が多いのか。 
今回は2時間半で出られた。                                   
朝からの雨が強くなる。                                     
近くのファミレスで食事し、大きなスーパーで買い物。                       
前回も来たが、ここはスペースが広くとってあって母のように杖をついた者でも比較的安心して買い物が出
来るのだ。安い事だけを売り物にしているスーパーなどでは通路が狭く、無遠慮な人がどんと当たって来た
りするから怖い。結局2時間程もいる。                              
買い物を終え帰宅。                                       




 2月24日    土曜日                                   

よい天気だが寒さが少しもどってきたようだ。                           
午前中近くまで買い物に行く。                                  
近所も家族でどこかへ出かけたようで実に静かだ。                         
確定申告書類作成のため領収書やレシートを整理。昨年4月以降は白血病の為無収入。あらためて空白の長
さを感じる。                                          
今回インターネットで申告書類を作成。実に楽である。キーボードで入力し、印刷した書類が提出に使える
ので以前のように下書きして清書する手間がいらない。来年からはこれでいこうと思う。        




 2月25日    日曜日                                   

寒さがもどってきた。天気はいいが風が冷たい。                          
先日レンダリングしたCGのカット、気に入らないので再レンダリングをはじめる。          
その間、ホームページ制作。                                   
夜はそばを作ったのだが少し味が薄かったようだ。                         




 2月26日    月曜日                                   

天気もよく、庭の梅が7分咲きなのでキャメラを出して撮影してみる事にする。            
重い機材を庭まで運び、ちゃんとレフも当てて花を撮る。                      
ほぼ一年振りの撮影である。                                   
梅や夏みかん、その他の花をレンズを通してじっくりと見つめていると自然と集中してきていい気持ちであ
る。20年以上仕事でやってきた事だからなのか妙に落ち着く。                   
少し前から構想しているものがあるのだが、もう少ししたら撮影を開始しようと思っているので、今日はそ
の肩ならしといったところか。完全防寒体制だったので少し動くと汗ビッショリになってしまった。   
ほんの短い撮影ではあったが充実した時間であった。                        
ただ、肉体労働は本当に久しぶりなので少々疲れた。                        




 2月27日    火曜日                                   

朝晩はまだ冷えるがずいぶんと暖かくなってきた。                         
今日はお好み焼きを作る。                                    
以前友人からレシピを教えてもらったとうりに作った。なかなか美味しかった。            




 2月28日    水曜日                                   

今日で2月も終わり。退院してから4ヶ月以上が経った。                      
体調的には耳鳴りがあるくらいで特に気になる事はない。しいて言えば運動不足ぐらいだろうか。    
仕事が恋しくなってきた。                                    








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・193 死顔 吉村昭(新潮社)                                
・194 寺田寅彦随筆集 第一巻 小宮豊隆編(岩波文庫)※再読                 
・195 天に遊ぶ 吉村昭(新潮文庫)                             
・196 見えない橋 吉村昭(文春文庫)                            








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 3月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ