パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー療養編 2007年3月



 3月 1日    木曜日                                   

渋谷監督から帽子をプレゼントしていただいた。今風のものなので少しは若返るかも。         
帽子といえば少し前から気になっていることがある。この日記をお読みいただければわかるように退院時髪
の毛はまったくなかったのだが、あれから4ヶ月あまりが経ち今では5センチほどの長さにまで生えてきて
いる。だがである。その髪の毛がいわゆる「くせ毛」なのである。この病気になるまでの私の髪の毛は直毛
でまったくカールしたりしてはいなかったのである。                        
どういう事だろうと自分なりに考えると、まず一つは私の兄が「くせ毛」であること。抗がん剤などの影響
で突然「くせ毛」の遺伝が発現したのではないか。もう一つは入院中毎月のように輸血をしていたが、その
血の影響で「くせ毛」が発現した。後はただ短いからそうなっていていずれは元のようになる。     
これらはもちろん私の勝手な想像である。                             
近々検診があるので、その時に聞いてみよう。                           




 3月 2日    金曜日                                   

終日CG制作。                                         
後2カットほど作ったら終えるつもりである。                           
好きな事をしていると時間が経つのが早い。                            
記録的な暖冬だそうだがまだまだ風は冷たい。                           
特に私は冷え性で、足先が冷たくなる。暖房を入れていてもいつも足は冷たい。            




 3月 3日    土曜日                                   

今日は桃の節句。といっても、父が買ってきた雛あられでわかったのだが。              
春の陽気だ。日中は暖房もいらずに過ごせる。                           

テレビで「太陽を盗んだ男」が放映されていた。久々である。劇場で二回観て、その後レーザーディスクで
も繰り返し観ていた作品。今観てもそのエンタテイメント性には感服する。過剰な心理描写をうまく避けな
がら「原爆」と「アクション」をつないでいく。少々理解に苦しむ展開もあるが、リアルがそれを修正して
いる。こんな日本映画があった事を再認識した。                          

CG、やはりカットを増やしてしまった。自分で増やしてるんだから文句は言えないが。        
でも、どうせやるならである。                                  




 3月 4日    日曜日                                   

春の陽気である。室内で22度。いままで部屋ではどてらを着ていたが、今日は暑くて脱いでしまった。 
庭の梅も満開である。30年以上たっている梅である。                       
毎朝、蜜を吸いにくるのか様々な鳥がやってくる。この辺でこれほどのごちそうがある家もそうはなさそう
なので、鳥達にとってみれば季節限定開店のレストランといったところか。              
いらっしゃいませ〜。                                      

CGとりあえず完成。後はホームページに載せる為の作業が終われば公開できる。ちょっと考えていること
があるので後数日はかかりそうだ。                                




 3月 5日    月曜日                                   

昨日は後数日などと書いておきながら、作業は全て終わってしまったのでCGを公開した。       
ファイルのアップロードと動作の確認作業に少し手間取ったが無事終了。               

今日は風が強く、午後には完全に曇ってしまった。夜半には強い雨が降りだし雨戸に強く打ち付ける程。 
しかし一日一日、春は近づいているようだ。                            




 3月 6日    火曜日                                   

安定しない天気。午前中は家中の掃除。掃除機のごみ取りからはじめたので2時間程かかってしまった。 
午後は昨日アップしたホームページの確認。映像ファイルを圧縮し直す。おおむね好評のようだ。    
夕方雨。一時強く降り、遠雷が聞こえる。春近し。                         




 3月 7日    水曜日                                   

午前中、母の買い物にお伴する。                                 
足が悪く、杖無しでは歩けない母であるが、30分もしないうちに歩けなくなる。ショッピングセンターの
車椅子を借り、その後の買い物を続行。車椅子を押しながら買い物かごも持っていなくてはならないのでけ
っこうしんどい。山のように購入して帰路についたのは2時過ぎ。                  
先方には悪いが、空いているショッピングセンターは本当に助かる。年寄りがよろよろ歩いていても心配が
ないからだ。車椅子のことで言えば通路が広くとられ、床に商品が置かれたりしていないことが重要。  
車椅子でも他のお客さんとすれ違える幅は確保してほしい。                     
それから気になったのは、平積み用の冷凍庫。車椅子の人間からは商品が見にくいし、手前のものにしか手
が届かないのだ。バリアフリーが叫ばれはじめて随分と経つが、まだまだ改良の余地は残されている。  




 3月 8日    木曜日                                   

雲一つない晴天。久々に布団干し。風は少し冷たいが太陽を布団に取り込む。             
資料を読みながら構想を練る。さて次のコンテンツはどうしようか。                 
夜、昼の太陽を一杯に含んだ布団に包まれて寝る。幸せ〜。                     




 3月 9日    金曜日                                   

今日は定期検診日。午後の予約。小雨の中車で病院へ。                       
結果は「特に問題なし」「順調」とのこと。                            
やれ一安心と思ったらγGPTが高くなっている。肝機能に関する数値だ。酒はこのところまったく飲んでい
ないので医師も首をひねる。                                   
私は食事と運動不足のせいではと思うのだが・・・                         
髪の毛の事も聞いてみた。今のくせ毛は抗がん剤の影響がまだ残っている部分なのでいずれ元に戻るでしょ
うとのこと。いやーこのまま田中邦衛みたいになるのかと思っていたのだが残念。しかし最後の投与から5
ヶ月ちかく経つというのに、抗がん剤って強い薬なんだとあらためて感じる。             


5ヶ月の成長記録




 3月10日    土曜日                                   

今日は父の買い物にお伴して米や野菜を車で買いにいく。                      
米は近所の農家がその場で精米してくれるもの。野菜もこれまた近所にあるJAの野菜専門店。質のいい野
菜が安く手に入る。子供の足ぐらいの大根が100円、キャベツ丸一個80円也。           
帰ってからホームページ用の作業、単純作業だが結構時間がかかる。                 
昨日の検査結果から、食事の量には気をつけるようにする。食べ過ぎは禁物。「もったいない」で食べてい
ると後で泣く事になりそうだ。年齢や家族の病歴などを考えても特に糖尿には気をつけないと。     




 3月11日    日曜日                                    

特撮関連のホームページも運営しているのだが、そこに最近CGで作った動画を載せている。      
自分ではWindowsもMacも対応させたつもりだったのだが、掲示板などで話していると、見れないという
人がちらほらといるようなのだ。よくよく聞いてみるとMacの古い(OSX以前)であることがわかってきた
のだ。確かにMacOS9などの環境では見れない。すっかり忘れていたOSであるが、まだまだ使っている
人がいるんだなぁ。とりあえず対策をするつもりである。                      




 3月12日    月曜日                                   

今度は転送量の問題が出てきた。動画のデータを1GBのスペースがあるAppleのサーバに格納していたの
だが、このサーバ1ヶ月の総転送量が10GBまでとなっているらしいのだ。今回お知らせのメールがきて
はじめて転送量の制限があることがわかった。動画を配信するサイトとして考えた場合、これじゃとてもや
っていけない。引っ越しを考えなければならないようだ。幸いもう目をつけているサーバがあるのでそこへ
の移動となるだろう。それから「特撮大陸パンゲア」が正式にヤフーへ登録される事になった。もちろん無
料でである。そうなるとアクセスも増えるであろうから早く作業しなければ。             




 3月13日    火曜日                                   

昨日書き忘れたが、ほぼ10ヶ月ぶりに頭をシャンプーした。                    
抗癌剤で毛が抜けはじめてから全身ボディーソープ一本で済んでいたのだが、久々のシャンプーは爽快。 
サーバ移動は思いのほか簡単で小一時間で全て完了してしまった。結果ファイル転送スピードが格段に早く
なり、移動したのは正解だった。                                 
ヤフーの登録も完了していた。ただこちらが思っていたカテゴリーではなく、「映画グッズ」のカテゴリー
に登録されてしまった。パンフレットやソノシートの方がメインと映ったのだろう。          




 3月14日    水曜日                                   

今度はメインページの更新作業。「小型映画」という雑誌に関してのページを新設した。        
この「小型映画」、8ミリフィルム時代の雑誌なのだが、ちょうど私の青春期に8ミリ映画を撮っていたこ
ともありちょうど10年間読んでいた。捨てずに今までとってあったのを先日数十年ぶりに引っ張りだしぱ
らぱらとページをめくっていると、映画を撮っていた時が甦ってくる。そういった懐かしさと8ミリ映画の
時代を記録しておく必要もあるのではないかという考えでスタートした訳だ。             
70年代、お父さんの趣味だった8ミリを、映像にどっぷりと漬かった子供達が手にしはじめた時代。  
今で言う自主映画が急速に増えはじめた時代でもある。雑誌「ぴあ」がぴあ展と称し、自主映画作家達を育
てはじめたのもこの頃である。                                  
私のように中学生でも8ミリ映画を創る人間がちらほらと出始めていたことがこの雑誌を読むと分かる。 
8ミリの記録であると同時に、映像が人々の間で「観る」から「創る」へ変化していった記録でもある。 




 3月15日    木曜日                                   

ホームページ用に作ったCGがそれの制作に使用した3Dソフト会社のギャラリーに掲載された。    
素直にうれしい。これでより多くに人に見てもらえるだろう。                    

今日も終日「小型映画」の資料採集。                               
また少し寒くなってきた。                                    




 3月16日    金曜日                                   

ホームページのリンクを整理。リンク切れなどを訂正または削除する。                
映像配信について調べる。今後必要になってきそうだからだが、現在はただ流したりダウンロードしたりと
いう形態だが、課金できるシステムに変更していかなければならないだろう。             
もちろん今特撮の方に出しているものはキャラクター自体は東宝のものなので課金することはできないが、
オリジナルの作品であれば問題はない。要は課金するシステムである。ユーザーになるべく面倒くさくなく
スムーズに支払えるシステムと、配信方法によっての著作期限や保護の問題。             
調べてみると、映像配信専門のサーバ運営会社に委託すれば可能なようだが料金が高い。平均20〜30万
(月額)の利用料を取る所が多い。まだ勉強しはじめたばかりなので結論は避けるが、委託はできれば避け
たい。委託すれば当然売り上げのパーセンテージで料金を取られるので、どうしても安くコンテンツを提供
できなくなると思う。今後の課題だ。                               




 3月17日    土曜日                                   

特撮CGの公開を取り止めることにした。評判は上々だったがやはり東宝のキャラを使っている事には変わ
りなく、残念なことではあるが決断した。また別の企画を考えることにする。             
ちょっと調子に乗りすぎたようだ。反省・・・                           
このところ食事量に気をつけるようにしている。ろくに運動もしないのに食べてばかりじゃよくないに決ま
っている。次回の検診でデータとして結果が出ればいいのだが。                   




 3月18日    日曜日                                   

終日、ホームページ用の駄文を書いたり、調べものをして過ごす。                  
もう2、3週間いや1ヶ月近くテレビを見ていない。さすがにニュースぐらい見た方がいいのだろうけど、
見る気がまったく起きない。まずいかな・・・                           
こういう日は本当に無駄な時を過ごしてしまったという感じがしていらだつ。             
これから待っている生活の立て直しや仕事への不安で疲弊する。考えたってどうしようもないことはわかっ
ているのに「白血病に、もしなっていなかったら」などと考えてしまう。               
まっ、こういう焦りがあるうちはまだ大丈夫なんだろうけど。                    




 3月19日    月曜日                                   

午前中は父と車で買い出し。午後は調べもので過ごす。ホームページの企画作りの為である。      
天気はいいのだが風が強く、冷たい。                               




 3月20日    火曜日                                   

特に記する事も無し。ただただ無為に一日が過ぎていくのみ。                    




 3月21日    水曜日                                   

今日は音楽を作ってみる。イントロは比較的簡単にできるのだが、その後の展開がどうもいまひとつピンと
こない。そんなことの繰り返しで一日が終わる。                          
今日でちょうど白血病と診断されてから11ヶ月が経った。                     




 3月22日    木曜日                                   

今日は比較的作業が進んだ。イントロ以後の部分がすんなりと出来ていく。              
ただ、一旦時間をおいて聞き直すと駄目な場合があるので完成とは言い難いが。            
お金になるわけでもないので生産的とは言えないが、何かしていないと落ち着かない。         
明日は母の病院である。                                     




 3月23日    金曜日                                   

母と病院へ。頭部MRTを撮る。医師からは梗塞は何カ所かあるが、脳としては50歳代の脳と言われる。
喜んでいいのか・・・実際は77歳なのだから喜ぶべきか。                     
病院を出、食事してから植木の花を買うのに付き合う。まったくといっていいほど外出しない母なのだが、
やはり自分で買い物するのは楽しいのだろう。しかし小一時間で椅子に座り込む。足がやはりしんどいよう
だ。今自分がしていることが介護だとは思わないけれど、今後は見守りも必要な時がいずれくるのだろう。




 3月24日    土曜日                                   

筆記者により削除                                        




 3月25日    日曜日                                   

筆記者により削除                                        




 3月26日    月曜日                                   

何だか自分が疲れているのを感じたので独り車でドライブへ出た。                  
外に出ている間は気分も落ち着き、他の人と話をする事でまた癒される。               
ですので今日の家の状況はわからない。しかしこの日記は「白血病」の私の日記なのだが・・・     




 3月27日    火曜日                                   

今日も色々あったが詳細は書かない。私自身もつらくなってきた。                  
勝手なのですが、明日からしばらくこの日記もお休みさせていただきます。              




 3月28日    水曜日                                   





 3月29日    木曜日                                   





 3月30日    金曜日                                   

何もやる気が起きず、この二日間はひたすら横になっていた。                    
不愉快な事もあったが、気にせずマイペースでいこうと思う。                    
今日は少し気分もよくなり、こうして日記を再開することにした。                  
とは言うもののこの数ヶ月は白血病に関連するような話題もなく、「白血病療養日記」としての使命もなく
なっていると感じている。次回の検診が4月の6日なのでそこで一度けじめをつけようと思う。     




 3月31日    土曜日                                   

白血病に関しては特に記する事もなし。                              
夕方、母を料理に誘い、クリームシチューを作る。美味し。                     
夜半から猛烈な風邪と雨。雨戸が寝付くまで音をたてる。ちょっとした嵐である。           








○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・197 グッドモーニング、ゴジラ 樋口尚文(筑摩書房) ※再読                
・198 本多猪四郎「ゴジラ」とわが映画人生 本多猪四郎(実業之日本社) ※再読        
・199 竜の柩 高橋克彦(NON NOVEL) ※再読                    
・200 こっこさん こうの史代(宙出版) ※再読                       
・201 さんさん録1 こうの史代(双葉社) ※再読                      
・202 さんさん録2 こうの史代(双葉社) ※再読                      
・203 長い道 こうの史代(双葉社) ※再読                         
・204 ぴっぴら帳1 こうの史代(双葉社) ※再読                      
・205 ぴっぴら帳 完結編 こうの史代(双葉社) ※再読                   
・206 夕凪の街 桜の国 こうの史代(双葉社) ※再読                    








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 4月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ