パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー療養編 2007年4月



 4月 1日    日曜日                                   

少しだるいので寝ている時もあったが、昨日以前に比べれば軽くなった。               
来週末、仕事関係の方々と友人達が集まる事になった。お酒も入るので電車で移動するつもりだ。    
電車に乗るのは退院の日以来なのでちょっと不安。                         




 4月 2日    月曜日                                   

午前中雨。だらだらとすごしてしまった。                             
あまり頭を使わなくてすむ漫画を読みふける。                           
桜は今が見頃のようだ。ちょうど一年前、編集の仕事があり、時間があまりにも不規則だった時期だ。  
あの言いようもない疲労感を感じはじめたのもその頃からであったか。                
あれから一年。今の状況は予想もしていなかったが、そろそろ歩みをはじめなければならない。     




 4月 3日    火曜日                                   

先日、6日の検診後この日記を終えると書いたが、カレンダーを見ていて気が変わった。        
今月の21日で入院してから丸一年となるので、そこまでは続けてみようと思う。その方が何となくきりが
いいように思うからだ(こういう性格だから・・・こりゃ歳とってから絶対惚けるな・・・)。     
午前中は母と買い物。スーパーの買い物かご二つ分。それからDVDプレーヤーを買いに。父と母の故郷奄
美大島が舞台になっている「男はつらいよ」をリビングで見られるようにする為である。二人とも食い入る
ように見ていた。                                        




 4月 4日    水曜日                                   

朝から曇り。夕方激しい雨と雷雨。                                




 4月 5日    木曜日                                   

晴れ。しかし少し寒さが戻ってきた。                               
闘いの日々である。                                       




 4月 6日    金曜日                                   

定期検診。                                           
異常なし。                                           
一年間の総括として下に検査結果を掲載する。                           
上が本日2007年4月。下が2006年入院当初(抗癌剤治療直前)。               

2007/4/6
2007年4月検査結果


2006/4/21-24
2006年4月検査結果


白血球数に注目していただきたい。一年前のものは基準値の3倍近くなっているのがお分かりいただけると
思う。                                             
数値の横に「H」と印字されているものは基準値より高く、「L」と印字されているものは基準値より低い
ことを表している。                                       
現在、γーGTPとGPTが若干高い。                              
γーGTPは通常アルコールの摂取で数値が上がり、肝臓の状態を表す。               
GPTもやはり肝臓の状態を診る時のバロメーターとなる。                     
一応ことわっておくと、昨年の入院以来酒を飲んだのは今年の一月に友人宅に泊まった時焼酎をロックで4
、5杯のみで、その他には一滴もアルコールは口にしていない。                   
元来私は飲めるくちではあるのだが、独りではほとんど飲まない人間なのである。           
まだ検診は続くが、やっと社会復帰ができそうである。                       

今考えてもこの一年は本当に早かった。あれよあれよという間に過ぎた印象がある。          
この経験はどのように役立てられるのか・・・                           
結核の時もそうだったが、医学に助けられて今の自分は生きている。いわばもらった命である。     
このもらった命をどう使うのか・・・それは私の今後の『生き方』が答えということになろう。     

帰り、病院の日はいつもそうするように独りで食事。あれこれと考えるがまとまらない。        
ぼんやりと外を行く人をながめる。いまこうして何の気無しに歩いている人も何か悩みをかかえているのだ
ろうか・・・                                          

※ 明日から10日まで私用により日記はお休みいたします。                    




 4月 7日    土曜日                                   





 4月 8日    日曜日                                   





 4月 9日    月曜日                                   

7日、午前中に家を出電車で東京へ。                               
特に違和感もなく、電車に揺られ渋谷監督の家へ。                         
ビール、ワイン、焼酎と病気以前とさほど変わらない酒量。                     
楽しくお酒を飲み、夜友人宅へ。話をしながら気がつくと午前4時近い。こんな夜更かしも1年振りだ。 
8日は友人達が集まり飲む。こちらもいつものように楽しく過ごす。お酒が美味しい。         
ワイン、サワー合わせて5、6杯は飲んだのではなかろうか。                    
9日、朝は友人の作ったカレーうどん。散歩しながら隣り駅へ。                   
キネマ旬報の4月上旬号に入院直前まで撮影していた「伊勢神宮」が出ていると先日聞いたので探す。  
結局友人宅近くにはなかった。トンカツとビールで昼食。                      
東京駅で降り、八重洲ブックセンターでキネ旬を購入。                       
帰りの車中雨が強く降るも、すぐに止む。                             
夕方5時半に無事帰宅。運動不足がたたって足腰に軽い疲労を感じるも体調は問題無し。        




 4月10日    火曜日                                   

今後の事をあれこれと考える。                                  
会社員ではないので復帰=仕事とはならない。フリーランスにとって一年の不在はまさに存在しなくなった
に等しい。経済的にもすぐ何かをはじめる余裕もない。                       
しばらくは撮影以外の仕事をして資金を貯め、東京に以前よりは小さなねぐらを確保する、という方法しか
今は思いつかない。本格的に生活を今の実家から移してしまうと、病気が再発したときに又迷惑をかけてし
まうのでしばらくは考えていない。かと言って実家から通うのはかなりしんどい。時間の決まっている仕事
ではないので、どうしても朝は早いし夜は遅いからだ。                       
母の事もあり、今は少し頭の中が混乱している。                          




 4月11日    水曜日                                   

家族というものはどういうものなのか。家は家なりに家族ではあるのだろうが、早い時期からバラバラにな
っていたように思う。正直私自身家族を持つのは嫌だと十代の頃から思っていた。家族がいいものだと思っ
た事は一度もない。他の家族にふれる機会などあるとなおさら自分の家族の特異性に気づかされるだけだっ
た。世の中にはこういう家族も少なからずあると思う。                       
仕事を持つと同時に私も兄も家を出たのは、ここには居たくないという思いからである。        
独り暮らしは本当に快適だった。家族は私にとって不幸の象徴のようなものでしかない。        




 4月12日    木曜日                                   

昨日録画した映画をDVDにエンコード。ソフトウエアエンコードなので時間がかかる。        
ネットで仕事を探してみる。条件さえ選ばなければ私でもできそうなものもいくつかある。母の件が進展し
たら本格的に探してみよう。夜はスパゲッティーナポリタンとスープ。                




 4月13日    金曜日                                   

母が定期検診で通っている病院へ一人行き、相談する。                       
やっと方向だけは固まる。後はそれが効果的に作用するかどうかだ。                 
検診は来週。                                          
このところ頭の中が少し混乱していて何かに集中できない。                     
時間が解決するのを待つ以外なさそうだ。                             
夜、母と「南極物語」を観る。                                  




 4月14日    土曜日                                   

母が買い物に行きたいとのことで二人車で出る。途中海へ行きたいと言うので急遽コースを変える。   
家族連れで賑わう海浜公園のベンチに座り、とりとめのない話をしながらぼんやりと海を眺める。    
天気がよく、日差しは暖かい。                                  
小一時間程すごし本来の目的の買い物へ。今日は久々の外出と結構歩いたので疲れたようだ。      




 4月15日    日曜日                                   

穏やかな日曜。安定。静寂。                                   
酢豚作りに初挑戦。レシピを見ながらなのでそこそこの味のものができた。              
ちょうどパイナップルがあったので入れてみる。私の好きな場末の中華の雰囲気がでた。        




 4月16日    月曜日                                   

今日は父もいれて3人で出かける。途中から雨が降りだすも3人で出かけるのは久しぶりの事だ。    
母のきまぐれで最初の目的地とは正反対の方向へ戻るはめになってしまったがそれはそれで車を走らせ海の
ある街へ。雨のせいもあり車から外へは出ることができなかったが食事をして帰路につく。       
私自身の体調、食欲に変化なし。                                 




 4月17日    火曜日                                   

雨が降ったり止んだり。特に記するようなこともなく一日がすぎていく。               
ぼんやりと雨音を聞いていると様々なことを考える。病気のこと、母のこと、仕事のこと、作品のこと・・
何かに集中できればいいのだが、今はそれもできない。姉妹ホームページの改修のことが気がかりではある
が、なかなかいいアディアが浮かばない。                             




 4月18日    水曜日                                   

午前中はどんよりとした曇り空。午後雨になる。                          
もやし炒めのあんかけ。あんの味がうまくできない。2回やり直してまぁ納得のいく味になる。     
片栗粉を少し入れすぎたようであんが固めになってしまったが、両親には好評であった。        
人間、生きるとは「めしの心配」をすること也。                          




 4月19日    木曜日                                   

明日は母の病院の日。スタートラインに立てるのか不安ではあるが元気出していこう。         
夕食はさっぱりとまぐろやまかけ丼と煮魚。煮魚がいい味になってうれしかった。           
ちょうど一年前の今日、三重県伊勢神宮の山をカメラをかついで息も絶え絶えになっていた。      
しかし、退院できたのもお伊勢さまのおかげかもしれないな。                    
知り合いとメールのやりとりをしながら就寝。                           




 4月20日    金曜日                                   

今日で入院からちょうど一年が経った。                              

頭が混乱してぼーっとした中、電車に揺られ病院を目指した日から一年が経った。           
即日無菌室に入れられ、病気の重大さをはじめて感じたあの日から一年が経った。           
順調にいっても退院までは半年と言われたあの日から一年が経った。                 
『白血病』・・・そんな病気になるとはまったく考えてもいなかった。                

血液内科。                                           
病院の生活に慣れるまでの不安な日々。                              
抗癌剤の副作用に苦しんだ日々。                                 
脱毛。吐き気。目眩。食欲不振。                                 
トイレで気を失った日。                                     
引っ越し。手続き。                                       
いらだち、落ち込み、怒り、笑い、悲しみ・・・・・                        
「寛解」という言葉をはじめて知った日。                             
食事。シャワー。大部屋。デイルーム。洗濯。レストラン。屋上。売店。床屋。体重計。体温計・・・・・
退院していく人。苦しむ人。自暴自棄になる人。家族と穏やかに談笑する人。医師。看護士・・・・・  
そして亡くなる人・・・・・                                   
外出の時、お寺の階段を昇り、目眩でうずくまった時の絶望感。                   
普通なら10分もかからない坂道を1時間ちかくかけなければ登れなかったあの日。          
自分の体の不甲斐なさに涙があふれた。                              

自分はこの白血病になったことによって何を失い、何を得たのか・・・・・              
正直、この病気を全て理解し受け入れている訳ではないような気がする。入院時の混乱はいまだ続いている
ような気がしてならない。                                    

白血病が確定した時医師が言った「治療しなければ後2、3週間の命」の衝撃。            
直後どんよりとした気持ちで道を歩いて家まで帰った時のあの何ともふわふわした感じ。        
何かを考えているのだが、それが何かはよくわからない。                      
友人達と仕事の仲間達がかけつけてくれ、様々な雑事を請け負ってくれた。              
私自身はただベッドに横になり治療を受けていたに過ぎない。                    
そしてこの日記を綴りはじめた。                                 
毎朝、ベットの上で前日の事を記録しつづけた。とりとめのない感情をこの日記に吐露し続けた。    
そうして一日一日を乗り切った。                                 
それは退院しても続き、そして今日を迎えた。                           

一年・・・・・                                         

この日記は明日から毎日綴る事をやめようと思います。                       
本当はスパッとやめればいいのかもしれませんが、白血病は5年再発がなければ治ったとみなすことには変
わりありません。さらに言ってしまうとこの「5年完治」すら絶対ではありません。          
私の体の中にはおそらく今でも白血病細胞が息をひそめて存在しているはずです。           
ですので定期検診など、この病気に関連した出来事のあった日だけはこれからも記していこうと思います。
そして仕事再開に向けすすんでいきたいと思います。夢はまだまだ実現していません。これからです。  


最後に今までサポートしてくれた友人、仕事関係の方々、医療関係の方々、皆様に深く感謝申し上げます。
そして、この日記を読んでいただいた皆様にも感謝いたします。                   
私を生かしてくれたのは皆様です。ありがとうございました。                    

悔いの残らない生を生きたいと思います。                             



重枝2007年4月26日
2007年4月吉日














○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・207 あやかし通信『怪』 大迫純一(ハルキ・ホラー文庫)                  
・208 怖い本1 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)※再読                    
・209 怖い本2 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)※再読                    
・210 怖い本3 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)※再読                    
・211 怖い本4 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)※再読                    
・212 怖い本5 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)※再読                    
・213 怖い本6 平山夢明(ハルキ・ホラー文庫)※再読                    








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 5月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ