パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー療養編 2007年5月



 5月18日    金曜日                                   

今日は1月半振りの検診の日。                                  
午後の予約なのでゆっくりと家を出る。                              
早めに採血し、近くを散歩。予約時間の20〜30分前には窓口へ戻る。数ヶ月の検診通いで身につけたテ
クニックだ。                                          
診察室に入り、診察台に横になるように指示される。触診は検診をはじめて初めての事だ。       
特に何も言われることもなく、血液データにも再発の兆候は見られないとのこと。           
白血球数が若干基準値よりも高く、92H(基準値は33ー81)。                 
ただ相変わらずγーGPTの値が高い。74H(基準値10ー47)。お酒は日記に書いたとおりで、以後
一滴も飲んではいない。肝機能に障害が出ているのだろうか?                    
いままでと違い、少し気になる結果ではあった。                          

次回は6月下旬の1月半後である。                                

2007/5/18
2007年5月検査結果






 5月28日    月曜日                                   

「白血病を発症してから結婚や恋愛をした人っているのだろうか?」                 
そんな疑問が最近浮かんできた。                                 
自分でもわららず
YAHOOの掲示板にも問いかけてみた。                     
「おいおい、それは自分の状況が分かってないよ」と言われるのがおちだろうか?           

いままでそれらには縁がなく自らも積極的に考える事もほとんどなかったのにどうしてだろうと思う。  
白血病を経験し、命について考えざるを得ない状況だからなのだろうか。               
自分の命がなくなるかもしれないということを意識することは、この病気以前にはなかったことだから。 
命ってなんだろう・・・生きるってなんだろう・・・                        
生きたいという願いがやっと自分に人として生きる事の意味を問いかけはじめているのかもしれない。  














○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          










2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 6月以降


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ