パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー療養編 2007年6月以降



 6月 9日    土曜日                                   

6、7日の両日、山形へ仕事で行ってきました。                          
発病後の初仕事です。                                      
写真でご報告したかったのですが、仕事に没頭するあまり忘れてしまいました。            
ご存知の方も多いと思いますが、「だだ茶豆」の撮影です。                     
WEB用の映像で予算も限られ小さな規模ですが、病後の仕事としては恵まれているのかもしれません。  
キャメラもキャノンのXHーA1という小型カメラでの撮影なので体力的にも問題ありませんでした。  
このようなチャンスを与えて下さったプロダクションには感謝してもし足りないかもしれません。    
山形入りした6日は生産者のお宅へ伺い、打ち合わせという事だったのだが、酒が出、料理が出で結局12
時過ぎまでの5時間あまりで3人で一升空けてしまった。                      
翌日、お酒が残っていたのは言うまでもない。                           
現場でいざ撮影をはじめると自分でもまったく心配なく撮影を終えることができ、安心した。      
食欲も酒欲も仕事欲も旺盛である。                                

ところで、キャノンのXHーA1とSONYのHVRーM15Jとの組み合わせで、再生が出来ないという
不具合が発生しています。現在調査中ではありますが、キャノンのXHーA1で撮影したテープをSONY
のHVRーM15Jにかけると「画が出ない」「出ても画が停まってしまう」という現象です。     
ただキャノンのXHーA1から再生する分には不具合は出ません。                  
SONY側の言い分では「キャノンのXHーA1で撮影したテープのRF信号が基準値より低い」との回答
があったそうです。現在キャノンの回答を待っているのですが、同じような現象、またはこの件について情
報をお持ちの方がいましたら掲示板などに書き込んでいただければと思います。            


 6月10日    日曜日                                   

Canonから回答があり、「RF信号」に不具合があることがわかりました。            
これは個体の問題で、代替え機のCanon XHーA1では起きていません。            

修理すれば直るとのことなのですが、機種をSONYに変更する方向で検討しています。        
CanonXHーA1のレンズは魅力なのですが、仕事で使っているので安全を優先することにしました。

繰り返しますが、Canon XHーA1全てが同じ問題を起こす訳ではないことを明言しておきます。 
あくまで個体の問題でした。                                   




 6月23日    土曜日                                   

20日から昨日22日まで、長野、山形ロケに行ってきました。                   
長野は王滝村の王滝カブ、山形は鶴岡のだだ茶豆である。                      

王滝村は御岳山の麓に広がる広大な面積のほとんどが山林の村である。                
王滝カブは「スンキ漬け」という塩を使わない漬け物として古くからこの地方で食されていたという。  
王滝村は御岳信仰とも深く関わっており、御岳への道には全国各地の「講」と呼ばれた御岳参り集団の建て
た石碑群が続いており、御岳山が霊山であることを強く印象づけられた。               
昭和59年の長野県西部地震による御岳山の崩落により、河がせき止められてできた通称「自然湖」には、
水面から立ち枯れた木々が林立し、自然が作り出す気まぐれな造形の中の美しさを醸し出している。   

新滝
長野県・王滝村 新滝 (修行中??)


自然湖
長野県・王滝村 自然湖


石碑群
長野県・王滝村 御岳信仰


今回滝への道で軽く山を登ったのだが、白血病を発病する直前に登っていた伊勢神宮・神宮林の時と疲れ方
が違うことに気がついた。                                    
伊勢の時は数分登ると息が切れていたが、今回はそれほどでもない。                 
やはりあの時は、じわじわと病気が進行していたのだと実感した。                  

21日昼過ぎに雨の中、山形県の鶴岡に向けて出発。                        
やく7時間かけて湯野浜温泉に到着。                               
温泉で疲れを解かし、懐石料理に舌鼓を打つ。                           
翌朝早起きをして温泉に浸かる。入院していた時は半年間風呂ではなくシャワーのみだったのだが、その時
から「温泉」に入りたかった。これで夢が一つかなった。                      
翌日の撮影も泥だらけになりながら無事に終え、帰路についた。                   

今回も体調に違和感はまったくない。                               




 6月29日    金曜日                                   

定期検診のため病院へ。                                     
家から約1時間弱のドライブ。これが結構いい息抜きになる。                    
CDをガンガン鳴らし(でも聞いているのは「クレヨンしんちゃん」だが)て行く。          
「モーレツ大人帝国の逆襲」では音楽だけで涙ぐんでしまい前がよくみえない(オイッ!)。      
行く道すがら、ワイシャツ姿で営業先へ向かうのかサラリーマンが汗を拭き拭き歩道を歩き、80歳は下ら
ないお年寄りが荷物満載の自転車で坂をやっとという感じで登っていく。               
雨が降りだす。                                         
突然の雨に傘をさしたはいいが、それまで両手に持っていた荷物が持てなくなり途方に暮れるお年寄り。 
みんな生きている。それぞれの生を生きてきた人達。いろんな事を経験し笑いや怒りや悲しみを経ていまこ
こを歩いていたり、立ち止まったり・・・                             
なんか感傷的になってきた。                                   

検査の結果は下記に掲載するが、特に再発の兆候はなし。これで寛解から1年をのりきった。      
まだまだ先は長いがひとまず「よかったね」と自分に言おう。                    
相変わらずγーGPTの値が高い74H(基準値10ー47)。後白血球が88Hと前回よりは下がったが
検査した病院の基準値(33ー81)からすると若干高め。これはγーGPT値の上昇と関係がありそうだ
が、赤血球やPLT(血小板数)が安定しているので問題はないとのこと。              
ちなみにこの基準値だが病院個々の経験やデータで決められており、病院が違うと若干の違いがあるとのこ
とだ。次回は8月10日。                                    

2007/6/29
2007年6月検査結果






 8月10日    金曜日                                   

暑い!                                             
とにかく暑い!                                         
ジッとしていても汗が吹き出す暑さだ。                              
病院の定期検診。                                        
結果は「再発の兆候なし」。                                   
車の中はサウナのような暑さ。                                  
このまま順調にいけばいいのだが。                                

2007/8/10
2007年8月検査結果






 9月21日    金曜日                                   

少し暑さも和らいではきたものの、今日は暑かった。                        
いつものように採血を済ませる。                                 
結果は下の通りだが、γーGPT値が以上に高い。                         
思い当たることが何もないのだが・・・・・                            
その他は正常値(しいて言えばカルシューム不足か)。                       
再発の兆候も今のところないとのこと。一安心。                          
来月で退院から一年になる。                                   

2007/9/21
2007年9月検査結果






 9月27日    木曜日                                   

25日に病院より電話があり、「良くない兆候があるので至急来院されたし」との連絡。        
仕事で札幌に行っていた時である。                                
そして今日、再検査の結果「再発」との診断がくだされた。                     
ベットの空きがないとのことで入院は10月1日からとなった。                   
この日が来なければいいと願ってはいたが、とうとう来てしまった・・・・・             
医師の話しでは「寛解導入療法」後、今回は移植を考えてみましょうとの事だった。          
どうなるのか・・・                                       
再開した仕事も全てキャンセルし、今何も考えてはいない・・・                   
この日記も連日の更新に入院後戻るだろうが、いまのところいつからになるのかはわからない。     
様々な人から入院中、退院後も励ましを頂戴したが、裏切る結果となってしまいました。        
この場を借りてお詫びいたします。                                
申し訳ありませんでした。                                    

                               2007/9/27 PM21:47














○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          










2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ