パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー再発編 2007年10月



10月 1日    月曜日                                   

あいにくの小雨模様。                                      
朝、友人が車を出してくれ病院へ。                                
前回とは違う部屋だが無菌室へ。                                 
懐かしいとかの感慨はほとんどない。                               
マルクを久しぶりに経験。それほど痛みもないが、やはりあの骨髄液を吸い取られる時の引っ張られるよう
な感覚は気持ちのいいものではない。                               
今週は様々な検査が予定されていて、検査で暮れるようだ。                     



無菌室10月1日
無菌室







10月 2日    火曜日                                   

朝方まで降り続いた雨もあがり、青空が広がる。                          
窓の外の音はほとんど聞こえない。風も感じることはできない。                   
あるのはエアコンのたてる低い「ゴーッ」という音。                        
元々テレビをあまり見ない人間なので、パソコンや携帯と向かい合っている。             

午前中はCT、レントゲン、エコーなどの検査で暮れる。                      
検査の時は外来を通るのだが、実に様々な人々が「病気」という共通項で集まっているものである。   
子供からお年寄り、もちろん若い人も。全ての年代が揃っている。                  
風邪の人から、重大な病の人まで。                                
外見は普通に見えても、実は・・・なんて人もきっといるのだろうな。                
検査を待つ間にふとそんなことを思った。                             

夕方主治医から今後の治療についての説明があった。                        
「寛解導入療法」→「地固め」→「移植」の流れでいくそうである。                 
「地固め」までは経験済みであるが、前回からの抗がん剤の蓄積がどう出てくるかは未知数のようである。
問題は「移植」。私には兄が一人いるがその兄の骨髄が合わなければ、「骨髄バンク」「臍帯血バンク」と
なる。そして「生着」し、血液を正常に作り始めれば成功となるのだが、そこには合併症、後遺症などのリ
スクが存在し、移植に至る道程でも危険はあるようである。                     

そこまで聞いて逆に腹が決まった。私はまだ死にたくはない。いや「生きたい」!           
何としてでもこの難局を乗り切るつもりだ。                            

これからもっともっと楽しい人生になると期待していた矢先の再発。                 
絶対に生きる!                                         



青空
窓からの風景





10月 3日    水曜日                                   

朝、やっとFTPソフトでこのページをアップロードできるようになった。              
前回の時とモデム端末が変わっているため少々設定にテコヅッテいる。                
現在まだPCメールの送受信ができない状態。                           







10月 4日    木曜日                                   

昨日から抗がん剤投与が開始された。                               
いまのところそれほど副作用は出ていない。「少し食欲が落ちたかな」ぐらいである。         
ひとまず「寛解」を目指す。                                   
PCメールも快適とは言えないが、何とかアクセスできるようになった。               







10月 5日    金曜日                                   

食べ物の匂いで吐き気がするようになってきた。                          
特に夕食はほとんど食べられなかった。                              
しばらくパン食に変更してもらうことにする。                           







10月 6日    土曜日                                   

食事はますます困難になってきた。食べられるのはパンのみである。                 
これにワインでもあれば「最後の晩餐」なのだが(笑)。                      
頭も若干ボーッとしている。今回熱が出ないのが助かる。前回は40度突破もしたのだが、今のところ平熱
が続いている。でも逆に考えると抗がん剤に耐性ができてしまったのではとも・・・          
考えても仕方ないことを考える。病人は暇なのである。                       
午前中、兄が血液検査のため来院。検査は後日となったが、移植となったときドナーとなりうるかどうかの
チェックのためである。                                     
はたしてマッチするのかどうか・・・                               

今回の無菌室は眺めがいい。                                   
空がよく見える。                                        
昨夜はまるで夜空に浮かぶ船のような月が見えた。                         



月の船
月の船








10月 7日    日曜日                                   

なんだろう・・・以前のような集中力がない・・・                         
本も読めない、音楽も聞き続けることができない、テレビは見る気がしない、正直この日記を書くのも億劫
である。                                            
横になると直ぐに眠くなってしまう・・・気力がわかない・・・                   
疲れた・・・                                          




10月 8日    月曜日                                   

抗がん剤点滴の一日。                                      
疲れあり。どうもいいイメージが持てない。まずいことだが事実だから仕方ない。           
何をしたのかすら思い出せないほど「何もしていない」。                      
考えたってどうにかなる訳でもない。やはりなるようにしかならない。それは前回の治療時も今回も変わら
ない。でも今回は全てにやるきが出てこない。何故?                        
ただされるがままの一日。                                    
「頑張れ」とか聞きたくない。充分に頑張ったと思うから。今だって頑張っているからここにいるんだ。 

そんな時である、テレビで「オズの魔法使い」を観る。確か前回の入院時も観た記憶が。        

そういえば、再発の連絡を受けたのは9月25日札幌でだったのだが、直後に虹が出たのだ。      

ドロシーのように虹を渡れるだろうか。                              




10月 9日    火曜日                                   

ほんとにだるい。                                        
一日中寝ている。                                        
ほんとに眠くて眠くて・・・                                   
点滴に繋がれていることもあり、ほとんど動かない。                        
たまに起き上がってメールのチェックするぐらい。                         
食べて寝て、食べて寝て、食べて寝て・・・                            
札幌で食べた海鮮丼(イクラ・サーモン)、美味しかったな〜。                   
また美味しいもの食べたいから頑張るってのも「食い気だけかい!」と思われそうだし・・・      
仕事も順調になりつつあった矢先の再発の知らせ。みんな途中で投げ出さざるを得なかった。      
迷惑をかけてしまった申し訳なさ。                                
悔しいなぁ、ほんと悔しいなぁ・・・                               
仕事への復帰・・正直今後は難しいだろうな・・                          
退院できたとしても、何か仕事探さなきゃならないだろうな・・・                  
泣き言ばかりだな・・・                                     
夢は夢で終わってしまうのかな・・                                
白血病のバカヤロー!                                      




10月10日    水曜日                                   
午後、やっと点滴から解放された。                                
この一週間体から離れることがなかったので今はホッとしている。                  
味覚異常は相変わらずだが、朝パン、昼夜めんとして何とか食べている。               
おかずはまったく食べられないが・・・                              
これから白血球値がどんどん下がっていくだろう。                         
昨日の段階で、白血球数は800。                                



2007年10月10日状況
2007年10月10日状況








10月11日    木曜日                                   

熱が出てきた。38、6度。                                   
抗生剤の点滴。                                         
おとなしく寝ているしかない。                                  




10月12日    金曜日                                   

午後、熱が39度に。解熱剤を飲んでおさえる。                          
深夜ふたたび熱が39度を突破。解熱剤。                             
栄養と抗生剤の点滴が続く。                                   




10月13日    土曜日                                   

午後熱が39、4度。点滴の抗生剤がメロペンに変わる。                      
夜、テレビで「踊る大捜査線」を観る。                              
夜中2時頃ふたたび39、1度まで熱があがる。解熱剤をもらい服用。                




10月14日    日曜日                                   

抗生剤、またも変更。それでも午後熱は39度まで。                        
なかなか私に合う抗生剤がみつからない。                             
深夜、テレビで「ズラ刑事」のテレビスペシャルを観る。                      
この作品の監督河崎実氏とは、雑誌「小型映画」で何度か一緒になったことがあるのが懐かしく思い出され
る。もう30年以上前の話ではあるが。                              
熱は38度代をキープ。微妙だが少しおさえられたのか・・・                    




10月15日    月曜日                                   

熱は39度までは上がらなくなった。                               
あがっても38度台、37度台がほとんどになった。中途半端ではあるが高熱には悩まされなくなった。 
背中に違和感があり触ってみると、前回の入院最後に背中にできたものと同じものができている様子。  
皮膚科の医師に診てもらう。注射で膿みが引ければ切開してとのことだったが、膿みは引けず、木曜にもう
一度診察することとなった。                                   
満身創痍という感じである。                                   




10月16日    火曜日                                   

相変わらず、集中できない。                                   
本も読み始めて数ページはいくのだが、それ以上になると思考が他のことを追い始めてしまう。     
DVDもまだ一本も観てはいない。                                
とにかく「ボーッ」としてると夜になっているという具合である。                  
食事が美味しくとれていないのもストレスを増しているのかもしれない。               
最大の悩みは「移植」か「寛解で一旦退院」かの選択である。                    




10月17日    水曜日                                   

熱は微熱と平熱をくりかえすようになってきた。                          
身体的には楽な日が続いている。                                 
主治医から「白血球数が上昇していて回復方向へ移った」旨知らされる。               
抗がん剤治療をはじめて直ぐに「芽球数」は0になって「寛解」状態に近くなっていたとも知らされる。 
私の白血病のタイプの場合、この「芽球」が癌化する。                       
ただまだ経過の観察は必要だとのこと。                              
病院食は相変わらず、主食のパン・麺以外は口にできない。先日ためしにと餃子をひとかじりしてみたが、
瞬間こみ上げてくるものがあり、すぐに吐き出してしまった。                    
何故なんだろう。これがレストランや売店のお弁当になると多分食べられると思うのだが・・・     




10月18日    木曜日                                   

見舞い客あり、甘えてカップラーメンと水を差し入れてもらう。                   
もう十数年前に仕事でオーストラリアや国内の様々なところへロケにいった仲間である。当時は私もまだ撮
影助手だったが、思い出しても楽しい日々であった。                        

午後、皮膚科の医師により背中のデキモノを切開する。                       
痛みは麻酔のせいもありほとんどない。                              




10月19日    金曜日                                   

無菌室内で部屋移動を明日することになった。                           
今度はユニットタイプの部屋で、前回の入院の最後に居たタイプの部屋である。            
この病院には全部で無菌室が6部屋あるが、これで4部屋まで制覇したことになる。          




10月20日    土曜日                                   

無菌1号へ移動となった。前回の入院時最後にいたユニットタイプの部屋である。           
今日から新しい抗生剤が試されているのだが、逆に熱が38、7度まで上がってしまう。        
解熱剤を久々に使用。                                      
あぁ早く好中球が出てきてくないだろうか。好中球が出てくれば無菌室から外へ出られるのだが・・・  
先日、兄が血液検査を受けたようなので間もなく結果がわかるだろう。                




10月21日    日曜日                                   

熱が39、4度まであがる。                                   
解熱剤でおさえる。                                       
一日中点滴につながれている。栄養剤と抗生剤。                          
何もする気になれず、終日寝ている。                               




10月22日    月曜日                                   

熱はあがらなくなった。38度台まで一度いったがそれ以後は37度を前後している。         
午前中、胸のCTを撮りに行く為に約3週間振りに無菌室を出て一階へ。               
本当はいけないのだろうけど、帰りに売店で買い物。                        
アイスとカップラーメンを大量購入。弁当も一つ。昼用である。                   
弁当の味はいまひとつ。どうも前回より舌はやられているようである。味が濃くなっても感じない。という
より美味しいと感じない。カップラーメンですら・・・                       
前回の入院時はレストランのものや弁当、カップラーメンはそこそこ楽しめたのだが・・・       
食べるということがいかに重要で、かつストレス解消にもなっていたということがよくわかる。     
そして何よりも自由な行動を奪われることがいかに辛いことか・・・                 
病気は経験しなければわからない。                                
夜、皮膚科の処置があったのだが、何故か今回は痛くて仰向けで寝ることができない。         
痛み止めの薬をもらう。                                     




10月23日    火曜日                                   

今日次ぎのような記事を見つけた。リンクではいずれ参照できなくなると思うので、以下に記事を引用して
おく。                                             

白血病の”親玉”特定 再発防ぐ新薬開発に光 九大病院など研究チーム                
10月22日8時0分配信 産経新聞                               

 血液がんの一種で治療が難しい急性骨髄性白血病は、「白血病幹細胞」というがん細胞の”親玉”が原因で
再発することを理化学研究所、九州大付属病院などの共同研究チームがマウスを使った実験で突き止めた。
幹細胞を死滅させる薬を開発すれば、再発を防ぐ根本的な治療法につながる可能性がある。22日の米科学
誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」(電子版)に掲載された。                  

 急性骨髄性白血病は、骨髄系の細胞ががん化して増殖する病気。成人に多く、抗がん剤や骨髄移植などで
治療するが、症状がいったん収まっても、患者の多くは再発してしまうことが大きな課題になっている。 

 白血病の細胞は急速に増殖する一般的なタイプと、これらを作り出すごくわずかな親玉の幹細胞に大別さ
れる。研究チームはこの違いに着目し、免疫力を失わせたマウスにそれぞれの細胞を移植して反応を調べた。

 その結果、普通の白血病細胞を移植しても発症せず、幹細胞を移植したときだけ発症することが判明。
さらに抗がん剤を投与すると、普通の白血病細胞は死滅するが、幹細胞は生き残り、これが再発の原因と分
かった。                                           
 幹細胞の性質を詳しく調べたところ、増殖のスピードが普通の白血病細胞より遅く、正常な細胞とほぼ同
じだった。既存の抗がん剤は副作用を減らすため、増殖が速い細胞だけを攻撃する仕組みになっており、こ
れでは幹細胞には効果がなく、再発を防げない理由も明らかになった。                 
 研究チームは「幹細胞の特徴を遺伝子レベルで調べ、ピンポイントで死滅させる新たな治療薬の開発につ
なげたい」と話している。                                    

引用終わり。                                          

もちろん白血病の特効薬ができたという訳ではないが、これが本当だとするといずれ新薬さえできれば白血
病治療は格段に楽になるはずである。                               
夢のようだがいずれ実現してほしいものである。                          

熱は今日も安定していて、あがることはなくなった。                        
しかし、脱毛がひどくなってきた。入院してすぐ坊主にしたからそれほど目立たないが、抜けている量は半
端ではない。もう少ししたら帽子のお世話にになるだろう。                     




10月24日    水曜日                                   

朝、血液採取。好中球が少し出始めてきた。まだ無菌室から出られるレベルではないが。        

兄が移植ドナーとなれるかの血液検査の結果もわかった。                      
結果は不適合。                                         
これで移植の場合は、骨髄バンクか臍帯血バンクしか選択肢はなくなった。              

今回は事情があり、寛解退院するつもりである。                          
次回再発するか、又は再発がなくても年齢のことがあるのでそんなに移植を待っていることもできない。 

頭髪の脱毛が進んでいる。                                    




10月25日    木曜日                                   

もう、3週間無菌室から出ていない。                               
一日中この狭い無菌室の中で過ごしていると、自分でも気づかないストレスが溜まっているようだ。   
相変わらず本には集中できない。                                 
テレビをボーッと観ていることが多いが、それもあまりドラマや映画には集中できずにバラエティーばかり
観ている。いや観ているというより、見つめていると言ったほうがいいかもしれない。         
自分でも持ってきた映画のDVDがあるのだが、一本も観ていない。                  
観始めても、集中できない。                                   
いま私の心はここにはない。                                   




10月26日    金曜日                                   

仕事仲間が見舞いにきてくれる。                                 
事前にアイスを買ってきてもらうようお願い。売店へ行くにはまだしばらくかかりそうな気配なので差し入
れてもらった。                                         
無菌室のガラス越しに話しているとどうしても話しが事務的になってしまう。インターフォンでの会話のせ
いかもしれない。                                        
あぁ早く出たい!!                                       

今朝血液検査があったのだが、結果はまだ好中球がたち上がっていなかったようだ。土日は血液検査がない
ので月曜日以降に期待するしかない。                               

今一番気にしている彼女の容態は、あまり思わしくない。間に合うのだろうか・・・          




10月27日    土曜日                                   

いま、朝から栄養剤の点滴が一日中続いている。そう、結局点滴につながれ続けている訳である。    
これが結構わずらわしい。病人が贅沢なと言われてしまうかもしれないが・・・            
台風接近という事らしく、外は強い雨が降っているようだ。ただ前にも言ったように、風や音が聞こえる訳
ではないので実感が薄い。サイレント映画を観ているような感じと言ったら分かってもらえるかもしれない
が。                                              
こうして虚しく日々が過ぎていく。                                




10月28日    日曜日                                   

台風一過の晴天。気温はどのくらいなのだろうか。                         
秋というより冬に近いのか。                                   

ただ一日が過ぎて行く。                                     
脱毛が甚だしい。もうほとんど頭髪は残っていないが、それでも枕には髪の毛がついている。      
入院してすぐに刈ってしまってよかった。長いまま抜けているのは見苦しいし、きっと耐えられないと思う
からだ。                                            
洗濯に行けないので、部屋で乾かせる分だけ部屋の洗面台で洗濯する。                
無菌室は四六時中空調が空気を循環させているので結構乾くのである。                
まめに洗濯していれば、そう困ることもない。                           
しかし、気分転換も含めて外へは出たいが。                            

入院してちょうど4週間が経過した。                               




10月29日    月曜日                                   

朝、採血がある。                                        
午前中に主治医より、院内での活動許可が出る。無菌室から出てもいいということである。       
ただ、今は朝から夜まで栄養剤の点滴が続いているので、今日はいつも通りおとなしく部屋ですごす。  
明日からその点滴もなくなる予定なので待望のレストラン食や洗濯、買い物に行けそうである。     
「地固め」がこの後控えているので、1週間から2週間ぐらいはささやかな自由を楽しめそうだ。    




10月30日    火曜日                                   

午後、洗濯しに無菌室を出る。約4週間振り。                           
階段が少々辛い。運動不足もあるのだろうが、血液が完全に正常とは言えないからだろう。       
まだ一回一時間程度の抗生剤その他の点滴が一日5回あるので、その間を縫うようにであるが。     
夕食は待望のレストランで食べる。カツカレー。                          
だが味覚が戻っていないのかそれほど美味しいとは感じない。                    
でも病院食よりはすすんで食べられる。                              
病院食はどうしてもおかずが食べられない。何だか独特の匂いが駄目なのである。どうしてなのかは自分で
もわからないのだが。                                      
この自由も1週間程度のようで、来週ぐらいから「地固め」開始の予定と主治医から告げられる。    
今週末か来週明けにマルクをし、「寛解」を確認できれば、「地固め」へということらしい。      

今回、移植はしないことは決定した。                               
「地固め」が終わり血液が回復したら退院となり、しばらくは外来による経過観察となる予定だ。    




10月31日    水曜日                                   

抗生剤の点滴が午前、午後とあるので一日の内結局5時間近くは点滴に繋がれている結果になっている。 
今日は突然午後、マルクをすることに。正直、いままでで一番痛いマルクであった。          
今週末には外出の許可が出るかもしれないが、来週早々から「地固め」がはじまるようだ。       
自由は短い。                                          

午前中父が来る。年老いた父を目の前にすると、申し訳ない気持ちで一杯になる。父は私の顔を見て安心す
るようだが、遠いところをやってくること自体大変である。もうすぐ80になろうとする父である。   

相変わらず、本も読まないし、DVDも見ないし、CDも聞かない。パソコンもネットも接続環境があまりよ
くないので、この日記をつける時ぐらいである。                          
テレビをボーッと見ていることが多い。                              
無為な日々である。                                       


















○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・214 天国で君に逢えたら 飯島夏樹 新潮文庫                        








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ