パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー再発編 2007年11月



11月 1日    木曜日                                   

入院して一ヶ月。                                        
早かった。あんなに何にもしていなかったのに・・・                        
あと約一ヶ月で退院できるか・・・                                

今後の事で医師から説明があった。                                
今回のように「再発」して、化学療法で「寛解」にし、そのまま治癒まで行く例は10%だとのこと。  
数ヶ月以内に「移植」を実行できる環境であれば、年齢的な事もあるので「移植」を勧めるとのこと。  
ただもし「寛解」状態が半年や一年続いたら、ちょっと「移植」は考えてもいいのかもしれないとのこと。
つまり「その時の状況」次第だといういうことだと解釈した。                    
ふたたび「再発」する可能性は90%だということでもある。                    
これが「移植」をすれば「再発」しないというなら躊躇せず「移植」を決断するだろうが、「移植」でも 
「再発」の可能性はあるのだから始末が悪い。                           
当分この病気には付きまとわれそうである。                            




11月 2日    金曜日                                   

とりたてて何事もない一日。外は雨のようだ。                           

人の人生、生きるってなんなんだろう。                              
一生ってなんなんだろう。                                    
死んだ時がその人の一生?                                    
長い時間の一生の人。短い時間の一生の人。そのどちらでもない一生の人。              
生きた時間・・・それが一生なのか。                               
生まれ、生き、死ぬ・・・それが早い人と遅い人。                         
やりたい事、夢、それを実現するために人は生きるのか?                      
漫然と呼吸し、食べ、寝ているだけで時間を消費してきたのではないかと考えると、いまの私にはとんでも
なく時間を無駄にしてきたのではないかと思えることがある。                    
私より短い時間で死んでいこうとする命もあるというのに・・・                   
「お前は生きてきたのか」「お前は生きているのか」                        
自分自身に問いかける。                                     




11月 3日    土曜日                                   

午後、外出。                                          
一ヶ月振りの外である。                                     
午前中曇っていたた空も晴れていく。                               
今日は学生時代の仲間が見舞いにくる日でもあり、近くの駅で待ち合わせている。           
着替えて出発。                                         
日差しは暖かいが、風はやはりひんやりとしている。                        
今回ほとんど歩いたりしていなかったせいか少し安定感がない。筋肉も衰えている。          
ゆっくりゆっくり歩いていく。                                  
目的の駅まで普通の足であれば10分程だと思うが、30分ぐらいかけて歩く。            
が、目的地を目の前に財布を持っていないことに気がつく。                     
大分早めに出ていたので時間は大丈夫だが、また病院まで戻ることに。とほほ・・・          
財布を持ち、またゆっくりゆっくり歩いていく。                          

映画学校の仲間達。もう30年のつきあいだ。                           
前回の入院の時も来てくれている。                                
ファミレスで馬鹿話しに花が咲く。                                
こんなに笑ったのは入院以来だ。この仲間が集まるといつもそうだ。30年たっているような気がしない。
学生の時にすぐ戻ってしまう。                                  
2時間ぐらいであろうか、陽も暮れてきたのでファミレスを出る。みんな病院まで送ってくれる。    
夜は今回リクエストしていた「崎陽軒のシュウマイ弁当」を食べる。滅茶苦茶美味しい!        

何だか少し疲れたが、これからまた一ヶ月頑張れる気力が湧いてきた。                
みんな、ありがとう!                                      




11月 4日    日曜日                                   

いつの間にかホームページへのアクセス数が6万件を越えていた。                  
約7年間で6万件だから個人ページにしては地道にアクセスをのばしてきたほうではないだろうか。   
アクセスいただいている皆様に感謝いたします。ありがとうございました。そして今後もよろしくお願いし
ます。                                             

今日も午後外出。                                        
といっても本屋と夜のお弁当を買い、デニーズでコーヒーを飲み、2時間程で戻ってきた。       
昨日に比べると歩いていて格段に安定しているのが実感できた。やはり運動不足が原因だったのだろう。 

明日からまた抗癌剤治療がはじまる。                               




11月 5日    月曜日                                   

お昼前から抗癌剤治療が開始された。                               
ただし、前回の時のように24時間続けてではなく、2時間半づつが一日2回のサイクルで3日間。   
3日目から抗癌剤の種類が一つ増えて、合計5日間で終了するようだ。                
その後、血液の回復を待って、今回は退院、外来となる予定だ。                   
後一ヶ月ちょっとといったところか。                               
最初の投与後一カ所だけ発疹が出たが、夜の時は出なかった。                    
だるさが少しあるぐらいで、特に変わりはない。                          
ちなみに、病院食は主食のパンと麺以外食べることがどうしてもできない。無理におかずを口に入れると吐
き出してしまう。いまこうして書いていても少しムカムカしてくる。                 




11月 6日    火曜日                                   

終日曇り。                                           
抗癌剤治療が終わったのが午前1時頃。朝が眠い。                         
今のところこれといって副作用の症状は出ていない。少しだるさを感じる程度。            
明日の採血結果までは自由にしていて良いそうなので、買い物に行く。                
朝用と昼用のパンを購入。                                    
さぁ後一ヶ月程で退院できるか。                                 




11月 7日    水曜日                                   

抗癌剤治療が続く。                                       
まだ特に副作用的なものは出てこない。                              
少しだるいぐらいか。                                      
集中力まったく無し。                                      




11月 8日    木曜日                                   

抗癌剤にプラスして栄養剤の点滴がはじまる。                           
これが落とし終わるまで9時間ほどかかる。朝から夕方まで点滴に繋がれっぱなしである。       
入院してるんだから、我慢しろといったところだろうが、やはりわずらわしい。            
抗癌剤治療は明日までで終わる予定。                               
症状として抗癌剤点滴中に少し胃のむかつきを覚える。今はそれぐらいだ。              




11月 9日    金曜日                                   

皮膚科の検診。入院してすぐに切開した背中の傷。やっと治癒となった。               
抗癌剤最終日。                                         
点滴中少し胃のむかつきを感じる。あとは全身の倦怠感。でも症状はそれぐらい。           
今後、白血球、赤血球数の低下、回復とすすんでいくはずだ。                    
朝の採血の結果はまだそれほど低下していないようで、医師いわく「嫌でなければ部屋ですごしましょう」
と言われる。栄養の点滴があるので半日はおとなしくしているが、売店で翌日用のパンを買うのはまだやめ
なくてもよさそうだ。よかった。                                 
贅沢な話しかもしれないが、相変わらず病院の食事のおかずは一切口にできない。無理に口に運んでも吐き
出してしまう。それぐらい合わない。                               




11月10日    土曜日                                   

今日は栄養剤の点滴のみ。朝6時代にスタートして午後2〜3時ぐらいまで。             
外は雨模様のようだ。                                      
それにしても前回の入院時のような発熱がないので楽だ。                      
それとも抗癌剤に対して耐性ができてしまったのか・・・                      
相変わらず集中力なし・・・怠惰な一日を過ごす。                         
あぁ・・・                                           




11月11日    日曜日                                   

しかし、よく考えれば私は病人。                                 
病気を直すのがいわば仕事である。                                
怠惰な一日と書いたが、それはある意味当たり前なのだ。                      
と居直ることにする。                                      
今の悩みは食事。                                        
どうしても病院から出される食事のおかずが食べられない。                     
主食のパンや麺は食べられるが、それに自分で買ったパンや弁当で補っている状態だ。         
入院直後は食べられていたので、やはり抗癌剤のせいであろう。今味覚はかなりおかしい。       




11月12日    月曜日                                   

晴天。                                             
採血の結果、白血球数が下がりはじめており、無菌室から出ることができなくなった。         
現在白血球数は1100。                                    
栄養剤の点滴は継続中。                                     
無菌室から出れなくなったせいもあるのだろうが、やっと本を読み始める。              
午後はほとんど本を読んで過ごす。                                



無菌室11月12日
現在の状況 11/12(ダイハードか?)







11月13日    火曜日                                   

ようやく本を読む集中力が戻ってきた。                              
今日は終日読書。                                        
部屋から出られないということも手伝っているのであろう。                     
外は雲ひとつない晴天。ただガラス越しに見ているだけだが。                    
こうしているだけでも季節は冬へ向かっている。                          
時間が過ぎていく。                                       




11月14日    水曜日                                   

終日読書で時間を過ごす。                                    
白血球数その他の数値がグングン下がっているようだ。                       
無菌室から出ることはかなり危険な状態であろう。                         
しかし相変わらず食事が美味しく食べれない。                           
朝、昼は主食のパンや麺のみ。夜はインスタント麺でしのいでいる。                 
売店に行けないのが辛い。                                    




11月15日    木曜日                                   

晴天の一日。看護師さんの話しだと結構寒いそうである。                      
季節は秋からいつの間にか冬へ。おもえば入院時はまだ半袖で大丈夫な陽気だったのがもう長袖でなければ
寒くなってきているのだろう。                                  
無菌室に居ると本当に季節がわからない。                             
空気が感じられない。                                      
病気をしたことがない人、入院したことがない人にはわからないことだろうが、自由に外を歩ける事だけで
も今の私にとってはありがたいことである。                            

少しペースダウンしたが、今日も終日読書。                            




11月16日    金曜日                                   

雲の多い一日。                                         
採血の結果、週末輸血があるかもしれないとのこと。                        
11月も半ば、後一ヶ月半で今年2007年も終わってしまう。                   
早いものである。                                        
仕事は数えるほどしかできなかった一年だった。                          
仕事に関して何の手応えもない一年だった。                            




11月17日    土曜日                                   

血小板の輸血あり。                                       
おそらく月曜の採血結果が下のピークになるのではないだろうか。                  
夜寝ていないわけではないのだが、昼間眠くて寝てしまう。                     
この眠さはどこからくるのだろう。                                
輸血の際、アレルギー予防の薬を事前に入れるのだがそのせいなのか。                




11月18日    日曜日                                   

熱が少し高め安定となってきたようだ。37.8度。                        
夜から抗生剤の点滴はじまる。                                  
でも苦しくはない。                                       




11月19日    月曜日                                   

晴れ。テレビによると外は今年一番の冷え込みとのこと。                      
日に3回点滴。朝の血液検査の結果は、白血球数が400、CRPが3.84H。           
熱が37度台で安定するようになってきた。                            
おそらく今日、明日あたりが白血球数の最低値であろう。その後は上昇に転じるものと思われる。    
前回と同じ経過だとすれば、今日から2週間とちょっとで「院内フリー」となれるはずである。     
問題は食料のインスタント麺が保たないこと。今のところ無菌室からは出られないので明日からは節約する
しかなさそうだ。                                        




11月20日    火曜日                                   

少し雲が多い。毎日日の出が部屋から見えるのだが、今日は雲に阻まれ見えなかった。         
入院から50日が経った。                                    
夏休みより長い入院生活。                                    
治療とは名ばかりで、今の状況を抑えているに過ぎない。                      
治癒できる特効薬がないのだから仕方がない。                           
自分が癌になるとは正直思っていなかった。                            
平静を保っているつもりだし、実際そうしているつもりだが、本当は心落ち着かない日々である。    
考えても仕方のないあらゆることを考えてしまい、やはりあきらめることしかできない日々なのである。 




11月21日    水曜日                                   

採血の結果、白血球数は700と上昇に転じた。                          
ただ肝心の好中球数は0なので、感染への抵抗力は0である。                    
この好中球数が上がらないと院内フリーにはならない。                       
だからやはりあと2週間ほどかかるであろう。                           
目安としては白血球数3000以上であろうか。                          
熱は37度台で安定。                                      
雲ひとつない青空。                                       
木々の枝を見ても、風のない穏やかな陽気のようだ。                        
東北ではもう雪が降りはじめているように、気温は低いのだろうけれど。               




11月22日    木曜日                                   

今日も晴れ。                                          
いま居る無菌室からは日の出が窓正面に見える。                          

午前中、久々にシャワーを浴びる。                                
だがこれがよくなかった。シャワーが終わり体を拭いている時に急に貧血状態になる。起てない。呼吸も早
い。とにかく下着だけははいて何とか自室まで歩く。倒れるようにベットへ横になる。         
ナースコール。血圧が100ー40と低い。失神しなかったのは幸いだったが、一瞬前回の入院時のことが
頭をよぎった。                                         
その後安静にしていたら目眩などはなくなった。明日の血液検査の結果で赤血球の輸血になるだろう。  




11月23日    金曜日                                   

今日も雲ひとつない晴天。                                    
勤労感謝の日で祝日。                                      

無菌室は常に空気が循環していて、かなり湿度が低い。                       
以前から肌はカサカサ状態だったのだが、一番ひどいのは唇。ひび割れて痛い。            
看護師さんにお願いしてリップクリームを買ってきてもらった。これで何とかしのげそうである。    

赤血球の輸血あり。血圧も120ー70と上がっている。                      
昨日はシャワーだけとはいえ、のぼせてしまったのだろう。                     

午後、父と兄が見舞いにきたので買い物を頼む。食料確保。                     




11月24日    土曜日                                   

晴天。                                             
どうやら祈りは通じたようだ。                                  
いい情報が入ってきてホッとしている。                              
午後、血小板の輸血。                                      

アムール制作の「映画の都 ふたたび」をDVDで観る。                       
山形国際ドキュメンタリー映画際を創っていく人々のドキュメンタリーである。            
監督 飯塚俊男。撮影 渡辺智史。                                
2007年度よりNPO法人として市から独立することとなった映画祭の苦悩と夢を記録した作品である。
アジアのドキュメンタリーを育てたと言っても過言ではないこの映画祭に関わる人々の葛藤が描かれている
。映画祭運営という実務と夢がそこにはある。実社会と変わることのない「経営」と「映画祭」という祭り
の葛藤と言ってもいいのかもしれない。                              
観始めて当初はインタビューが長いのではと感じていたが、見続けるうちにそれが「山形時間」であること
に気づく。そして様々な実務処理と夢の折り合いをつけていく作業が描かれる。            
ここに描かれる人々の間にも夢への「対立」はないことがわかる。一見厳しい意見や人事も出てはくるが、
それらもより力強く生まれ変わるための「禊」だったのではないだろうか。              
映画祭当初からの人間パワーがこの映画祭を支えているのだという静かな主張が見えてくる。      
佳作である。                                          




11月25日    日曜日                                   

晴天。                                             
日曜日の病院は静かなのだろうが、ここ無菌室にいるとあまり関係ない。               
時間だけが過ぎていく。                                     
でも思いのほか早く過ぎていく。別に何かに集中したり、やったりしている訳ではないのに、気がつくと消
灯時間がきていると感じる。                                   
栄養剤の点滴が朝6時から夕方まで。抗生剤の点滴が朝、昼、晩。一日中点的に繋がれているようなものだ
。金曜日の白血球数は600。前回より下がってしまった。明日の採血の結果はどうなるだろうか。   




11月26日    月曜日                                   

採血。今日から抗生剤が変わる。以後熱が治まる。効いているようだ。36度台をキープしている。   
主治医から、早ければ来週退院もあり得るとの話しがある。もちろん血液の回復次第なのだが、以前の例か
ら言っても私の場合、たちあがり始めると一気にたちあがる傾向があるそうで、今週のデータ如何によって
は可能性があるとのことである。好中球も白血球の回復に伴いあがってくるはずである。        
夜、「七人の侍」を観る。物語の面白さ、役者の存在感、編集の的確さ、どれをとっても文句のつけようが
ない。しかし実はそんなことよりも観始めると一観客として引き込まれている自分に気づく。      
映画とは「七人の侍」のことを言うのかもしれない。                        
最近、テレビで「椿三十郎」のリメイク版の映像を観る事が多いのだが、あの若侍達が群れでしかないのが
気になるのだが・・・原因は役者の存在感にあると思う。以前役者の眼の力について語ったことがあるのだ
が、今回のはまさにその好例となってしまっているのではないだろうか。そう眼に力がないのだ。    
役者の力(眼力)を旧作と比べてみてほしい。一目瞭然だと思う。                  




11月27日    火曜日                                   

曇り。                                             
昨日の白血球数は800。                                    
もうすぐ11月も終わる。                                    
入院して約2ヶ月。                                       
本当に長い。移植だったらもっと長くなっていたはずである。                    
病気はつくづく嫌だ。                                      

夜「砂の器」を観る。                                      
物語に引き込まれる。撮影はズーミングが多用され、一見荒っぽさすら感じる。が、それがある種のリズム
を生み出している。風景から主題へ。そう音楽的なのかもしれない。                 
撮影は川又昴。                                         




11月28日    水曜日                                   

朝、採血。                                           
白血球数1200。                                       
まだ無菌室からは出られない。                                  
金曜日にマルクの予定。                                     

外は一日中曇り。                                        

栄養剤の点滴がなくなる。これで点滴は抗生剤(メロペン)一日3回のみとなる。           
熱も36度台をキープしている。                                 




11月29日    木曜日                                   

曇り。                                             
部屋から出ず(出られず?)一日中。                               

来週退院の可能性が浮上。来週月曜日にマルクをし、血小板値などもあがっていれば来週中の退院を検討す
るとのこと。                                          
治癒で退院する訳ではないが、これでひとまずはホッとできそうである。               
マルクの結果、「寛解」が維持されていればとりあえずは保つということである。           
可能性としては限りなく低いが、このまま5年経過して「治癒」ということがないわけでもないらしい。 
まぁ期待はしないほうがいい。私の場合、抗癌剤では再発してしまうということがわかってしまったので、
いずれ移植を選択するか、または一切の治療をしないで自然にまかせるか・・・道はその二つである。  

あぁ、映画撮りてぇなぁ!!                                   




11月30日    金曜日                                   

採血。白血球数1200。前回と変わらず。                            
ほんとに来週退院できるのだろうか。                               
寛解は維持されているのだろうか。                                
外は真冬並みの寒さと聞く。                                   
11月も今日で終わり。                                     
季節はいつのまにか冬へ・・・                                  
















○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

・215 桜色のハーフコート 赤川次郎 光文社文庫                       
・216 楽園(上)  宮部みゆき 文芸春秋                          
・217 楽園(下)  宮部みゆき 文芸春秋                          
・218 家守綺譚   梨木香歩  新潮文庫                          








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ