パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜







白血病闘病記ー再発編 2007年12月



12月 1日    土曜日                                   

今日から12月。今年も残すところ後一ヶ月。                           
特別に採血があるも白血球数1600。無菌室からは出られない。                  
月曜の採血結果まで動きはない。                                 
無菌室から出られなくなって明日で3週間。                            
今日も漫然と一日が過ぎていく。                                 




12月 2日    日曜日                                   

本当に何事もなく一日が過ぎていく。                               
天気はいいようだが、そのぶん寒いのかもしれない。                        
日曜日の無菌室は普段と変わる事がない。                             
今日から夕食をキャンセルした。もちろん無菌室から出られるわけではないが、買い置きのカップ麺でしの
ぐことにする。いつもおかずは手つかずなのでもったいないのでそうする。              
早ければ明日ぐらいから買い物に行ければいいのだが・・・                     
熱は平熱が続き、だるさもなく、穏やかな日々が続いている。                    




12月 3日    月曜日                                   

採血の結果、白血球数1800。思ったより(私はこんなものと思っていたが)数値が上がっていなった為
マルクは水曜へ延期。退院の判断は木曜となる予定だ(私は土曜までだめだと予想しているが)。    
よって退院はぎりぎり今週中か、遅くて来週早々となるのではと思う。                

しかし一応院内フリーにはなる。                                 
午後、外来患者が少なくなってきたところで1階の売店へ。                     
パンやタマゴを買う。                                      
夕食はレストランでビーフカレー。                                




12月 4日    火曜日                                   

夜、少し熱があがる。                                      
37.3°。一時的には38.0°までいった。                           
明日の採血に影響するか。                                    
症状としては熱のみ。                                      
明日の採血の結果次第でマルクを行うか決めるとのこと。                      
あまり期待せずに待とう。                                    




12月 5日    水曜日                                   

今日も雲ひとつない晴天。                                    
採血。CRP値がやはりあがっている。                              
午後にマルク。                                         
結果は明日。                                          
マルク結果と合わせ、金曜日の採血結果で退院を決めることに。                   




12月 6日    木曜日                                   

今日も晴天。                                          
熱が治まって、36度台をキープするようになった。                        
今朝食以外は売店食である。病院食は朝だけ。                           
夕方、外来患者が少なくなってくる時間に一階の売店に買い物に行っている。             
巷ではインフルエンザが流行りはじめているらしい。                        
気をつけないと。病院はそういう病気の人達が集まるところなのだから。               
明日(これを書いているのは7日早朝なので実際は今日)の採血結果で全ては決まる。         




12月 7日    金曜日                                   

朝採血。                                            

血液検査の結果も順調に回復し、昨日のマルクの結果も「寛解」が維持されているとのこと。      

9日の退院が決まった。                                     

2ヶ月と9日間の入院で今回は終わることとなった。                        
だが「再発」の危険を孕んだ退院である。                             
今回はたまたま抗癌剤が効いてくれただけにすぎない。                       
「再発」。それがいつなのか。一週間後の検査で「再発」しているかもしれないし、一年後かもしれない。
これだけは私にも医師にもわからない。神のみぞ知るである。                    
「ガンと付き合う」生活が待っている。                              

今回は私のわがままで「移植」ではなく、抗癌剤治療のみとした。                  
そのことについては病院側の理解と配慮に感謝すると共にお礼を述べたい。ありがとうございました。  
そして静かに応援してくれていた友人知人達にも感謝したい。                    

ひとまず未来へ希望がつながった。                                




12月 8日    土曜日                                   

昼前、入院以来入りっぱなしだった中心静脈カテーテルが抜かれる。                 
これが外されると、病院から出られるという実感が湧く。                      

午後は荷物整理。                                        
なんだかんだ言って荷物が多い。段ボール2つにバッグ2つ。                    

さっそく来週14日には外来が予約された。                            
しばらくは再発の影に怯えながらの生活となるだろう。                       
そしておそらくいつの日か再発することは避けられないのだろう。                  

夜テレビドラマで「半落ち」を観る。ドラマの核に「急性骨髄性白血病」が大きなウエイトを占めるドラマ
である。入院最終日にこういったドラマを観るのも何かのいたずらなのだろうか。           




12月 9日    日曜日                                   

今日が退院日。2ヶ月と9日間の入院となった。                          
いつまで「寛解」でいてくれるのか不安はつきない。                        
しかし、前には進んでいかなければならない。                           




12月10日    月曜日                                   

昨日は友人の協力で荷物を病室から運び出し、友人の運転する車で帰宅。途中昼食でうな重を食べるもやは
り味が違う。                                          
入院で衰えた体力と血液もまだ完全に元気な時よりは衰えているせいで、階段の上り下りでも息が切れる。
両親も歳はとっているが、比較的元気だ。                             
友人としばらく話し、別れたあと自室に戻り、入院前にはずしていったパソコンの電源周りを配線する。 
病院で使用していたノートパソコンからデスクトップへデータを移す。                
夜は父のつくった夕食で退院を祝う。                               
しかし、ここでも味覚がおかしくなっていることを実感。                      
今週14日には検診の予定。                                   

今回2ヶ月半と前回に比べると短い入院でしたが、それには個人的な事情がからんでいたからである。  
医師とも相談し決めたことです。                                 




12月15日    土曜日                                   

14日、退院後の初検診。                                    
まだ数値的に低いものがいくつかあるがとりあえず大丈夫とのこと。                 
血液の戻りが若干遅いようだ。                                  
しかし油断はできない。前回再発の連絡も検診から4日後だったからだ。               
考えてもどうにもなるものではないが、やはり少し不安だ。                     
上記の件と関連しているのであろう、階段を昇るのが辛い。家の10段程度の階段でも息が切れる。   
退院当初に比べれば日一日と良くはなっていると感じるのだが・・・                 
次回の検診は28日である。                                   




12月18日    火曜日                                   

数日前から咳と鼻水がとまらなくなっていた。                           
今日医者に行き、風邪の診断をいただいた。                            
薬を処方してもらう。                                      
寒さに油断していた。                                      




12月25日    火曜日                                   

やっと風邪も治まってきた。                                   
今いる実家の父が暖房嫌いで部屋の中にいても外と温度があまり変わらない。             
自衛策として室内でも外と同じように着込んで生活している。                    
それにしても寒い。                                       

24日に光ケーブルの工事。                                   
やっとダイヤルアップから抜け出し、快適なインターネット環境に戻れた。              




12月31日    月曜日                                   

今年2007年も今日で終わる。                                 
2006年、2007年と白血病の年と言ってもよかった。                     
仕事らしい仕事もできず、再開しはじめた途端に再発し、中途半端な形で終わってしまった。      
病気がこれで終われば言う事はないが、この先も続く可能性はかなり高いと考えざるを得ない。     

正直現在はこれからの事をまったく考えてはいない。                        
考えられないと言ってもいいのか・・・                              

年の終わりの言葉が愚痴になっている。                              

ここでお詫びをひとつ。2008年は一通も年賀状を出さないことをお許し願いたい。         
書いていただいた方々には申し訳ないのですが・・・                        
理由はお察しいただければと思います。                              
勝手な理由ですがご理解いただければ幸いです。                          

2008年も厳しいと予想しています。特に1月、2月は厳しいものになることが・・・        
乗り切れるのでしょうか・・・                                  
















○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          










2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ