パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4月・5月 6月〜12月


2009年 療養編
2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜





白血病闘病記ー療養編 2009年1月



 1月 9日    金曜日                                   

特に体調変化もなく穏やかに過ごしています。                           
脚、特に左足の筋力が極端に落ちていて床などから立ち上がる時は何かに掴まらなければならない状態では
あります。階段も下りの時は手すりに掴まって一段づつ降りないと不安があります。          
食事は自分で作ったりしていますがまだ完全に味覚が回復していないことをあらためて感じさせられます。
時間がかかりそうです。                                     
一番最初の退院時も、退院後2〜3ヶ月で回復を実感できましたので、今回はそれより時間がかかるかもし
れません。                                           

今日は久々の雨模様。                                      
関東でも一部雪の便りが聞かれるそんな天気です。                         






 1月12日    月曜日                                   

世の中は3連休ということ。みんな正月疲れを癒しているのか静かな日々だ。             
朝起きると、家々の屋根が白く凍っている。                            
病院では23度前後で寒さを感じていたが、今自分の部屋は20度前後。台所や居間は13度ぐらいしかな
い。                                              
しかし、人間は慣れるものである。最初のうちこそふるえていたが、今ではさほどでもなくなった。   

前回検診に行って、薬が1種類となったのだが、その薬が2週間分で約1万円と高いことを知った。   
入院中も服薬していたが、その時値段については無頓着であった。イトリゾールという真菌感染を抑える薬
とのことだ。今後ずっとという訳ではないだろうがそれにしても高い薬だ。              

今は一日おきに夕食の支度をしている。両親にはなかなか好評である。                
しかし、自分自身はどこか味がおかしく感じられ複雑だ。                      






 1月13日    火曜日                                   

食事作りのため1時間や2時間程度立っているだけでも結構疲れる。                 
左足は、徐々にではあるが力が入るようになってきた。                       
ゆっくりゆっくり回復していくのだろう。                             
朝晩の寒さが身に応える。                                    

今回の入院で「湯たんぽ」の快感に目覚めてしまった。                       
元々冷え性で、冬場は足が冷たくてなかなか寝付けなかったのだが、「湯たんぽ」で暖めるようにしたら快
適になった。                                          
退院後一番最初にしたことは湯たんぽを買いに行ったことであった。                 
昔のブリキやプラスチック製のではなく、液体が柔らかいビニールに入った湯たんぽがなかなかいい。  
電子レンジで温めれば翌日まで温かさが持続する。                         
柔らかい素材なので足への負担もない。                              
量販店で800円ぐらいで購入できます。                             
冷え性でお悩みの方はお試しあれ。                                






 1月17日    土曜日                                   

寒さが厳しくなってきました。                                  
外へ出ずに家に閉じこもっています。                               
インターネットで自動車保険の見直しをしたりしていました。                    
たまの買い物も人の少ない午前中に済ませるようにしています。                   

少し足にむくみがあるぐらいで体調に変わりはありません。                     
むくみは腎臓がまだ正常値ではないのと関係しているのかもしれません。               
治療をはじめてからおかしくなったので、薬の影響でしょう。                    

長い距離(と言っても2・300メートル)や立ち続けていたりすると疲労感を感じます。       






 1月19日    月曜日                                   

定期検診。                                           

普段家に閉じこもり気味なのでいい気晴らしになる。                        
40分程のドライブ。                                      

病院に着くと、午後にもかかわらず患者が多い。                          
小児科には補助席まで出ている。                                 
インフルエンザが本格的に流行りはじめたようだ。                         

体重が退院時から7キロも増えている。                              
まだ一ヶ月も経っていないのに。今は3食きっちり食べているのに運動らしい運動もしていないせいだ。 
足の浮腫は筋肉がついてくれば解消するとのこと。                         
CRP値が限りなく0に近づいたら薬もやめることができるようだ。                 
肌が乾燥するので保湿クリームを処方してもらう。                         
加湿器の導入が必要かもしれない。                                
検査結果は肝臓系の数値以外は問題なく、次回の予約を入れて帰路についた。             

2009/1/19
2009年1月19日検査結果






 1月25日    日曜日                                   

退院して1ヶ月が経った。早いような短いような・・・                       
3食きちんと食べ、筋トレし、規則正しい生活。                          
体調に変わりはなく、穏やかな日々が続いている。                         

しかし、かつて私もそうだったように、今現在病気と闘っている人達がいることを思う。        
不安や苛立ちの中にいる人達のことを思う。                            
そして一人でも多くの人に幸あれと願う                              





 1月31日    土曜日                                   

1月も今日で終わり。                                      
早いような遅いような・・・「時間」の感覚が一般とはズレているように思う。            
病院に居る時は一日が長いと感じたことはあまりなかった。                     
規則正しい生活のうえ、けっこうやることがあるのだ。                       
実は8ヶ月の入院自体も切実に「長い」と感じていた訳ではないほどだ。               
ところが退院して家に戻ると食事関係以外はほぼ自由となってしまい時間を持て余してしまう。     
今は6時過ぎには起きて、筋トレ、食事。                             
何か用事や買い物があれば、人の少ない午前中に済ませ、昼食。                   
ボーッと本やインターネット、または食事の支度しているともう夕方。                
病院での癖が抜けないのか、夜9時を回ると床に着いてしまう(直ぐ寝てしまう訳ではないが)。    
大体こんな感じの日々を送っている。                               
筋トレは順調で、足に関してはかなり筋肉が戻ってきた感じである。                 
移植後痩せていくなかで、自分の太ももが見た事もないほど細くなっているのに気づいた時のショックを思
い出す。                                            
今では以前と比べても違和感はないし、階段の上り下りもスムーズにできるようになってきた。     

もう最初の発病から3年。                                    
白血病になって思う事、感じた事を何とか形にできればと考える日々である。             















○今月読んだ本 (月末まで随時更新) (私的覚え書き)※数字は入院からの通算          

                                                








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4月・5月 6月〜12月


2009年 療養編
2月〜8月 9月〜12月


2010年
1月〜






パンゲアロゴ