パンゲアロゴ




2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月 12月
2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4月・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月





白血病日記 2010年1月〜



 1月 5日    火曜日                                  

晴天が続いた関東地方。穏やかな正月でした。                          
昨日用事があり夜の首都高速を走ったおり、東京の夜景が懐かしく、そして美しく感じました。    
空気が澄んでいたせいでしょうか。                               

今年の4月で最初の発症から丸4年が経とうとしています。                    
その4年の内合計19ヶ月、つまり1年と7ヶ月は病院にいたことになります。           
4年の内約半分近くは入院治療に費やしたわけです。                       
昨年は体力、免疫力の回復に努めました。                            
退院後、仕事についても正直悩みました。                            
元々不安定なフリーの身では病は大打撃です。                          
別の仕事を探そうか考えたことも当然ですがありました。                     
しかし、映像への思いは断ちがたく現在に至っています。                     
なかなかスピード全開とはいきませんが、マイペースで前進していこうと思います。         






 1月20日    水曜日                                  

月曜日、2ヶ月振りの検査。                                  
今回も無事にクリアできたようだ。                               
若干高めの数値もあるが、基準値からわずかので心配には及ばないようだ。             
皮膚科にも寄り、薬を処方してもらう。                             
こちらは寒さのせいかあまり良くない。皮膚(特に顔と手がアカギレのような症状)。        
ついでに唇の端も切れてきていてヘルペスではないかとのことで薬を処方していただいた。      
口をある程度開けると痛いので、食事の時に少々辛い。                      
どれもこれも免疫力の為せる技か。                               

翌日の火曜日は新型インフルエンザの予防接種。                         
基礎疾患患者として接種対象になっているからだ。                        

細かいところでは少々問題はあるが、自身が気にしなければ特に不自由も感じない。         

昨年母が骨折で入院し現在も入院中。来週今の病院に居られる期限が来るので、介護老人保健施設へ移す
手続きに追われている。                                    
医療保険から介護保険へ変更になるので薬の事であっち行ったりこっち行ったり。          
病院を3つも受診していたのでこうなる。病院はできるだけ一カ所にまとめた方がいいと痛感している。





2010/1/18
2010年1月18日検査結果




 3月18日    木曜日                                  

15日に検診。                                        
血液的には問題なし。                                     
皮膚の疾患は相変わらず。                                   

やっと春らしくなってきた。                                  
このところカメラ用の道具を手作りしている。                          
そろそろ本格的な復帰宣言をしようとタイミングを測っているところだ。              





2010/3/15
2010年3月15日検査結果




 4月17日    土曜日                                  

「春らしくなってきた」と書いたのに今日は季節はずれの雪。                   
東京では41年ぶりに最も遅い降雪日の記録に並んだそうだ。                   


2010/4/17
2010年4月17日雪模様





先日、10年近く使い続けていたMacがとうとう壊れてしまった。                
マザーボードの不具合らしく、まったく起動すらしなくなってしまった。              
Winマシンもあるのだが、メインで使用していたマシンだったのでやむなくオークションで壊れたマシ
ンより一つだけグレードの上がったパソコンを落札、今こうして全データも含め復活できた。     
前機は「爆音」マシンとして有名だったのだが、今のマシンが嘘のように静かだ。          

体調に関しては可もなく不可もなくといったところだろうか。                   
実は今年に入ってから左顔面に軽いマヒが出始めていたのだがここ一週間程でほとんど気にならないレベ
ルまで落ちついてきた。                                    
6月か7月に自主映画に関わることになり、このところキャメラの研究やロケハン等で少し動いている。
この映画自主映画といっても、単館上映する予定で、主演はおそらく名前を出せば誰でも知っている人に
なる予定だ。                                         
撮影に関する報告は別な形で掲載できればと考えている。                     


 5月17日    月曜日                                  

定期検診。                                          
今回もクリアできた。                                     
皮膚科にも行く。                                       
肌のトラブルは相変わらずである。                               
このところテスト撮影等で外にいる事が多く、紫外線にも弱くなっているようだ。          
顔面のマヒはある日フッとなくなってしまった。なんだったのだろうか・・・            
仕事への復帰宣言は6月下旬の自主映画終了後にと今は考えている。                


2010/5/17
2010年5月17日検査結果


 7月26日    月曜日                                  

定期検診。                                          
今回で移植から2年が経過したことになる。                           
ほとんどの再発が2年以内に起こる確率が高いと退院時に言われていたのだが、これでひとまず第一段階
をクリアできたのかなと思う。                                 

そのこともあって今まで躊躇していた仕事への復帰宣言をしようと思う。              
不安が完全に無くなった訳ではありませんが、ご心配をおかけし続けた皆様にはあたらめてお礼を申し上
げたい。ありがとうございました。                               

先日、炎天下に仕事をしていて熱中症になりかけた。                       
足下がふらつき始めた時には少々危険を感じた。                         
幸い水分を補給し、濡れタオルで首筋を冷やしたお陰か何とか無事だった。             


2010/7/26
2010年7月26日検査結果


 9月30日    木曜日                                   

27日に定期検診。                                       
今回も無事クリア。                                       
皮膚関係のトラブルは相変わらずだが、皮膚科で薬を処方してもらっている。             

この闘病記も始めてから4年が経過した。                             
まだ暫くは経過観察が必要だし、完治したと言える訳でもない。                   
本当に安心出来る日はまだまだ先の話しである。                          
振り返れば病気で奪われもし失ったものもある、がしかし得たものも沢山ある。            
入院中、療養中に励ましのメールをいただいた事も数知れず、同じ病気で苦しむ人々からも質問や励ましを
いただいたし、逆に励ましあった事もある。                            
そして不安を抱える患者にとっては何よりも「情報」が大切だという事にも気づかさせられた。     

さて、この闘病記も今回の記述で一応のピリオドを打とうと思う。                  
長い間読んでいただいた皆様にあらためて感謝いたします。                     
これを機会に時々当ホームページを御訪問いただければこんなに嬉しいことはありません。       
病気を包み隠さずに告白したことは決してマイナスではありませんでした。              
今後また気まぐれで記述することはあるかもしれませんが、これでこの闘病記を一旦終わろうと思います。
本当に本当に皆様ありがとうございました。                            


2010/9/27
2010年9月27日検査結果








2006年 入院・治療編
闘病記INDEXへ 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月
2006年 療養編
10月 11月 12月


2007年 療養編
1月 2月 3月 4月 5月


2007年 再発編
10月 11月 12月


2008年 療養編
1月


2008年 再発・治療編
4月・5月 6月〜12月


2009年 療養編
1月 2月〜8月 9月〜12月






パンゲアロゴ