パンゲアロゴ


Pangaea映画学校TOPに戻る。

栗林豊彦INDEX作品経歴

No.2 音とは へNo.4 腕、或いは腕前 へ



栗林豊彦 映画の録音


                                   
No.3               
 耳:自分らしさの音を造る      

 さまざまな事柄に個人差があるように、音の好みについても、その人の生き方や性
質で違ってくる。映画館へ面白そうだなと入っていく、スッタフ名など気にしていな
い。しばらく見ていると、これは誰々が録音をしていると判る。それほど音には個性
が出てくる。何かの折に、あの作品を見たよ、などといわれ冷や汗をかく時もある。
うかうか手抜きも出来ない。      
効果音や音楽の使い方にも違いがある。決まりきった使い方、かなり古風な使い方、
思わずうなってしまうような使い方。どんな音を何処にどう使うか、どのようにイン
・アウトさせるか、レベルをどう決めるか、作品の理解度が絶妙なタイミングとして
音を生かしていく。          
 自分の音を決める大きな要因は、録音技師の誰についたかで左右されると言っても
過言ではない。次に、どんな環境で育ったかがある。              

 私は優れた先輩に恵まれた。     
久保田 幸雄さん:岩波映画からフリーになり小川伸介、土本典昭監督たちと活躍し
た一流の天才肌の録音技師。ドキュメンタリー、ドラマ共やる。         
加藤 一郎さん:黒木和雄監督の「飛べない沈黙」、「キューバの恋人」のベテラン
。シナリオも書く。戦後の東宝争議の体験者でもある。私のドラマの師。     
「ゴジラ」の飛田さん、「七人の刑事」の泉田さん。              

 映写条件が悪く、思うような音質を出せないフィルム時代にもかかわらず、自然な
耳あたりの良い音を作りつづけた。良い音を聞け、生の音を聞けと言われた。音楽は
生で聞け、体に伝わる振動、長時間聞いても疲れない生の演奏を聞け。そんな音が良
い音と自分の物にし、人工的なフィルムに再現するようにと教えを受けた。    
 誰に師事するか、幸い私はフリーだったので選ぶことが出来た。        
撮影所育ちの人は、それぞれの社風・色合いになる。メロドラマの松竹、サラリーマ
ン・ホームドラマの東宝、文芸の大映、アクションの日活、時代劇・ヤクザの東映。
日活、東映の音は固めである。     
 長年の経験が自分にあった音を聞き分ける耳を作る。             
これは知識ではない。






栗林豊彦INDEX作品経歴

No.2 音とは へNo.4 腕、或いは腕前 へ



Pangaea映画学校TOPに戻る。



パンゲアロゴ