パンゲアロゴ


Pangaea映画学校TOPに戻る。

栗林豊彦INDEX作品経歴

No.6 耳で聞く へNo.8 現場録音 へ



栗林豊彦 映画の録音


                                   
No.7               
 現場録音              

 マイクは機械なので音と感じれば何でも採ってしまう。つまり選択出来ないのであ
る。どんな音をどう採るかは人が決める事である。時として思わぬ音が入っていて驚
く程ぴたりと決まることもある。    

 ドラマでは人物の頭上からセリフを採るのが普通である。音にピントを合わせる事
を《面》メン を合わせるといっている。テストを繰り返しレベルを決める。1カット
毎にアップ、バスト、ロング等と映像が変わる。それに合わせてマイクポジションも
変わる。それらがシーンの中で順番に撮られることはほとんどない。順不同で採った
音をスムーズにつながるように録音する事が難しい。チーフ助手の<腕>の見せ所だ
。マイクマンはチーフの指示でポジションを決める。役者が一人というのはまれで、
ほとんど複数である。役者の動きに合わせ、<面>を合わせてマイクを移動させセリ
フを採っていく。当然セリフを覚えないとマイクは振れない。1本のマイクで採るの
が普通である。            

 ブームは竹製で各自が自分に合わせて作った。長いブームは釣り竿のようにツナギ
を作った。マイクマンはセットの天井に作られた二重(ニジュウ)と呼ばれる足場の
上からマイクを振る。上からの距離感をつかむことが正確なマイクポジションを決め
ることになる。役者に対してのマイクの高さ、角度を経験で覚えるしか方法はない。
私は目線とマイクの先に目印を見つけるようにした。ロケセットになると役者と同じ
フロアでマイクを振れる。       
 撮影時、最初に決まるのがカメラポジションで、次に照明が決まり、最後にマイク
が入る。マイクがフレームに入ってはいけない、マイクの影を出してもいけないと制
限されるのでマイクポジションは最良の条件をなかなか取れない。        

 マイクはゼンハイザー416が使われている。指向性があるのですぐに音が外れる
。より指向性の強いマイクは、それだけ角度が狭くなり、使い方が難しくなる。指向
性の範囲を確認し、理解する事が第一歩である。                





栗林豊彦INDEX作品経歴

No.6 耳で聞く へNo.8 現場録音 へ



Pangaea映画学校TOPに戻る。



パンゲアロゴ