前の作品に戻る撮影作品INDEXに戻る



1999年 『人間劇場  みすてられてなるものか』 TV

βーCAM
制作会社 クリエイティブ21/テレビ東京
監督 山本洋子



空襲で片目を失った主人公の女性 戦争体験を聞く子供の硬い表情



今ではなくなってしまった番組だが、この「ドキュメンタリー 人間劇場」はいい番組だったと思う。 
キャメラマンとして2本関わらせてもらった内の1本である。                   
この作品をきっかけに、カメラと被写体との距離感を意識するようになった。            
これは、現実の距離というよりも心理的な距離の事で、具体的に言うとキャメラマン本人と被写体との 
人間的な関係である。                                     
「レンズ 対 被写体」よりも「キャメラマン 対 被写体」の方が、映像として映った被写体が活き 
活きしているのに気がついたのだ(どうもまだ抽象的だなぁ、今一つ上手く説明が出来ない)。    
最終仕上げの時、ナレーションを担当していただいた香川京子さんにお会いしたのだが、溝口作品や  
黒沢作品、そして私にとっては『モスラ』の人なので、緊張してまともにお話もできなかった。    
(サイン貰いたかった!)                                   
しかし、この作品のキャメラマンとして紹介された時、労をねぎらっていただき、最高に幸せでした。 



主人公の女性と戦争被害者援後法の仲間の女性 夕暮れの河を流れるとうろう



    
撮影作品INDEXに戻る次の作品






パンゲアロゴ