前の作品に戻る撮影作品INDEXに戻る



1992年 『大飯四季』 展示映像

16mm
制作会社 (株)イエローツーカンパニー
監督 渡辺ゆかり



まだ助手の仕事をしていた時期だったが、実質的なプロとしてのデビュー作だと思っている。     
福井県大飯町にある大飯原子力発電所のPR館用の映像で、文字通り大飯町の四季を記録した作品。    
完成はわずか10数分の作品だが、Filmはいくら使ってもいいという状況だったので、      
新人キャメラマンとしては結構余裕が持てる作品だった。                     
特に印象的だったのは、撮影初日の小学生達の登校シーンと秋の神社のシーン。           
まずは桜の花が満開の頃、小学生達の登校風景を撮影していた時。                 
短時間の中で縦位置と横位置の2つを撮影し、構成するつもりだった                
(大都市近郊の学校とは違い、生徒数が少ないので1回の登校時間が短い)。            
最初は工事用のクレーンから桜の枝越しに小学生達の列を縦の構図でねらっていたのだが、      
思いのほかクレーンの操作に手間取り、もう最後の一団が見えてきてしまった。           
あわてて横位置の場所についた時には、まさに最後の一団がねらっていた桜の木の数メートル     
手前までせまっていた。                                    
三脚のレベルをとるのももどかしく、撮影したのが下のCUT、                  


春、桜咲く河の土手と集団登校の小学生達


きれいに一列に並んだ小学生、土手にのびる影、逆光で輝く桜・・・・               
全力疾走のおかげで肩で息をしていたが、ファインダーを覗きながら手ごたえを感じた事を覚えている。
次に想い出深いのは神社でのCUT。                              
当初、ねらいは神社の本殿だったのだが、その本殿を撮影する為に焚いたスモークが思いのほか広がり、
境内を不思議な空間に変えてしまった。                             


神社の境内に広がる光芒


実際は、横移動しているので、光芒が変化していて実に神秘的な雰囲気を醸し出してくれた。     






撮影作品INDEXに戻る次の作品






パンゲアロゴ