前の作品に戻る撮影作品INDEXに戻る



2011年 『東日本大震災による月浜地区被害状況』  記録映像





2011年3月11日14時46分、東北地方を中心にM9.0の激震が襲いました。        
東日本大震災です。                                      
地震直後に太平洋沿岸を襲った津波は各地に甚大な被害をもたらしました。             
東松島市、宮戸島、月浜地区に伝わる伝統行事「えんずのわり」を撮影する為に何度もこの地を訪れてい
た私は地震後出来る限りの支援物資を車に積み3月30日、31日の2日間現地へ行ってきました。  
まず東北自動車道が地震の影響で所々道が歪んでおり、比較的大きな高低差も生じており地震の大きさを
感じながら北へ。                                       
島に至る野蒜地区も津波被害を受けており、宮戸島への道が直近まで寸断されており島は孤立状態だった
ようです。遠くまで視界の通る風景にまるで空襲を受け焼け野原になった街を見ているような錯覚を覚え
ました。                                           
島に入り最初に訪れた宮戸小学校は避難所になっており多くの島民の方が避難しており、自衛隊による入
浴サービスが行われていました。                                
月浜地区は犠牲者が1人も出なかったと聞いていたので、以外と被害は少なくすんでいるのではないかと
考えていた私の考えは打ち砕かれる事になりました。                       
映像はその時に記録したものです。                               



2011年 『えんずのわり』  記録映像


HDV 16:9撮影 DVCAM仕上げ
製作  アムール
演出  遠藤協








※以下は東日本大震災以前に記述した文です。                       

病気治療と療養の為に、実に5年振りにここへ新たな作品を掲載することができました。    
応援していただいた皆様に感謝!                             

宮城県東松島宮戸島月浜に伝わる伝統行事の記録映像。                   
小学生から中学生までの男子のみが「ボラ」と呼ばれる岩屋に寝起きし、1月の14日に行う鳥追
い行事である。                                     
行事に使用する御神木や岩屋生活で使う薪などは前年の10月頃から準備を始める。      
最年長の中学生を大将に全てを子供達だけで行うのが伝統だ。                
現代の子供達が仕切る姿に都会にはない逞しさを感じる撮影であった。            


    
撮影作品INDEXに戻る次の作品へ






パンゲアロゴ