前の作品に戻る撮影作品INDEXに戻る



1993年 『斎宮歴史博物館』 展示映像

16mm・35mm
制作会社 (株)イエローツーカンパニー
監督 渡辺ゆかり



三重県にある斎宮歴史博物館用の映像である。                          
斎宮とは、平安時代に皇室から伊勢神宮へ遣わされた皇女のいた場所のことで、           
斎宮歴史博物館は元斎宮のあった場所にある博物館である。                    
この発掘の記録と当時の再現映像という構成になっている。                    

まず、発掘記録の部分だが、                                  
この当時、時間のコントロールということにこだわっていて、ある程度フォトジェニックに描写    
したかった事もあり、16mmのハイスピードを多用した。                    
この試みで観客に、土の下から平安が現れるというタイムスリップした様な状況を感じさせる事    
ができたと思う。                                       


斎宮発掘現場


再現映像の方は、岩手県にある”藤原の郷”での撮影。                      
”藤原の郷”とはNHKの大河ドラマ用に建てられた広大なオープンセットでありながら、テーマパーク
としても運営されている所で、NHK以外の撮影にも借りることができる(ただし、一般の入場者に撮影
を自由に見学させる事が条件)場所である。                           
スタッフ、キャストを合わせると50人近くの大撮影になった。                  
再現の部分は当初から35mmで撮影する事になっていたので、奮発してPANAVISIONをリクエ
スト。初めての時代物ということもあり、ほぼ同時代を背景にしている『雨月物語』、『山椒太夫』、 
『源氏物語』参等を考の為に何回も観た。                            
特に、宮川一夫さんのクレーンの動かし方は随分参考にさせていただいた。             


平安の女官達の貝合わせ風景 勅使の訪問


いまだに、想い出深い作品である。                               



    
撮影作品INDEXに戻る次の作品






パンゲアロゴ