前の作品に戻る撮影作品INDEXに戻る



1996年 『鏡のない家に光あふれ』 記録映画

16mm
制作 「斉藤百合の生涯」映画制作委員会
監督 渋谷昶子



斉藤百合本人の写真 娘斉藤美和による母の再現



幼い頃に全盲となった斉藤百合の、戦後亡くなるまでの生涯を追った記録映画である。      
斉藤百合は劇団民芸所属の女優、斉藤美和さんの母でもあった。                
その斉藤美和さんを通して百合の足跡をたどるという構成である。               
日本全体が戦争へと向かっていた時代に、全盲女性としての生き方を模索していた百合は盲人の為の
盲学校を自ら設立、盲聾唖者地位向上の礎を築いた。                     
監督の渋谷昶子さんとはこれが初めての仕事となった。                    


この作品では、編集を体験させてもらった事が想い出深い。                  
もともと自主映画をやっていた事もあって、映画作りの全ての領域に関心があった。       
キャメラマンが編集もというのには色々と批判もあるかと思うが、私にとっての映画作りとは、  
全体を総合的に判断していく力量が必要だと思っているからである。              
それによって、逆にチームワークの大切さが判るのだと思う。                 
とにもかくにも、我侭とも受け取られる状況を許してくれた渋谷監督にはこの場を借りて     
お礼を申し上げます。                                   



現在の盲学校でごぼうの皮剥きをする女子生徒 展示作成用の板


百合の盲学校(再現) 戦争に翻弄された百合の後ろ姿(再現)


信号機の押しボタン、擦り切れている



撮影作品INDEXに戻る次の作品






パンゲアロゴ