前の作品に戻る撮影作品INDEXに戻る



1997年 『ビートたけしの縄文わくわく講座』 TV

βーCAM
制作会社 阿羅漢/テレビ朝日
監督 谷口正美



当時の住居に何人詰め込めるか実験 大型住居内部



司会にビートたけしさんを配し、青森県三内丸山遺跡を中心としたバラエティ番組。       
スタジオ収録とVTRの構成で、VTRロケ部分を担当。                   
三内丸山遺跡は、前年に『木と土の王国』(監督 飯塚俊男 撮影 原正)の応援キャメラとして 
発掘中に何度か訪れていたので、妙な因縁を感じた作品。                   
楽しかったのは、演出の谷口さんと作品中に使う構成やギャグを考えたこと。楽しいロケでした。 

この仕事でもう一つ忘れられないのがロシアへロケしたこと。                 
ハバロフスク郊外にある”サカチアリアン遺跡 ”へ岩画を捜しに行ったのだが、季節は冬、    
気温−20℃、遺跡の岩の上には雪が積っていて、一緒に行ったADと1週間近く毎日雪を払いなが
ら捜したが見つからず、途方にくれていた。日本で入手した資料には正確な場所が書かれておらず、
アムール川に沿って1Km程に広がる遺跡を端から端まで捜したのである。           
結局、ロシアの専門家を頼んで案内してもらったら1時間もせずにみつかったというオチ。    
それよりも、雪と格闘しながらも目の前に広がるアムール川、全面結氷していて対岸も見えない程の
大河を見られた事。                                    
そして、遺跡に一番近い朝鮮民族の暮らす村で御馳走になった温かいピロシキの味が懐かしい。  



雪のサカチアリアン遺跡(ロシア) 防寒体制バッチリの重枝



撮影作品INDEXに戻る次の作品






パンゲアロゴ