前の作品に戻る撮影作品INDEXに戻る



1979年 『怪彗星おむすび』 16mm学校課題映画

16mm
制作 多摩芸術学園(現・多摩芸術大学)
監督 渡部宏司
制作・脚本 重枝昭典



「怪彗星おむすび」 1979年、多摩芸術学園(現・多摩芸術大学)在籍時に制作した作品です。
16mmモノクロ・キャノンスクーピック16M ・ドイミッチェルにて撮影。          

あらすじ:惑星探査に向かうロケットが消息を絶つ事件が起こる。同じ頃、日本の花畑天文台で
も謎の巨大彗星の存在を察知。軌道計算の結果彗星は地球と衝突することが判明。更に分析の結
果、彗星は100%「お米」でできていることが分かった。巨大おむすびが地球に衝突・・・ 
国家転覆を企む過激組織と彗星対策に苦慮する日本政府、アメリカ政府。エゴむき出しの日本政
府首脳は殴り合い、やけになったホワイトハウスは「もったいない」と核のスイッチを・・・ 
果たして、おむすびが人類を滅ぼすのか。                        

(本編は20分程ありますが予告編風に再編集しました)                 
※30年前、スクリーンをモノクロビデオカメラで再撮影したものですから画質が悪いです。 










撮影作品INDEXに戻る次の作品






パンゲアロゴ



i