パンゲアロゴ



・自主映画「イタイ/オモイ」撮影におけるEOS 7Dの使用1



0001
自主映画「イタイ/オモイ」撮影風景 2010/6/28
        写真提供Team de dododo 撮影 服部昌一郎氏




縁あって自主映画の撮影に参加させていただく機会を得ました。               
Team de dododo(チーム・デ・ドゥ ドゥ ドゥ)というグループで監督・脚本の売買キカン氏
(バイバイキカン)とそのスタッフ方達とです。


作品のタイトルは
 「イタイ/オモイ」


2010年6月26日クランクイン。
 同   7月 1日クランクアップ の計6日間の撮影でした。


<スタッフ>
スペース
・監督&脚本 売買キカン
・プロデューサー 久里耕介
・撮影 重枝昭典
・録音 広瀬和久
・プロダクションマネージャー 今津吉弘
・同応援(制作&撮影&照明) 安藤洋明
・装飾 栗山愛
・撮影助手 鷹澤幸一
・助監督 鋤崎智哉
・スタイリスト 黒羽あや子
・ヘアメイク 藤田美香、遠山愛理
・スチール&アーカイブ 服部昌一郎
・編集&合成 堀祐一
スペース
<キャスト>
スペース
・久喜幸夫 桜塚やっくん(植田浩望)
スペース
・千賀奈緒 ミラクルひかる
スペース
・看護婦 東條未知子
・整体倶楽部ママ 青山愛
・同コスプレ女性 山咲有璃
・セーラー服女性 桜塚やっくん
・覆面男 是枝勉
・車の中の女性 オデオン



今回私をはじめ監督、プロデューサーなど50代40代のおじさん達と20代の若者達との混成チ
ームとなりましたが、実にまとまりが良く、特に学生を中心にした若者達の献身とその努力には感
動しました。
映像創作のほとんどがチームで創られる事からそこには協調性というものが不可欠なものとなりま
すが、今回の現場の雰囲気が良かったのは彼ら若者達の協調性の高さが大きかったように思います
。もちろん、監督をはじめプロデューサーなどのベテラン達の度量の大きさも寄与していた事は言
うまでもありません


作品の内容は、一言では言えないのですが、
ある日(イタイ)と(オモイ)を媒介として出会い、そして心通わす男女の物語。
「イタイ」は「ここにイタイ」でもあり、「痛い」でもある。
「オモイ」は「想い」でもあり、「重い」でもある。
人間の深層に潜むアンビバレンスでもあり、純粋で真っ直ぐな感情でもある・・・

シナリオの最初に書かれていた言葉、「だれにだってあるはずなんだ・・・」
この言葉が作品を象徴しているのではないかと思います。


0002
桜塚 さん
0003
ミラクルひかる さん
             上二枚共 写真提供Team de dododo 撮影 服部昌一郎氏


主演は「桜塚やっくん」と「ミラクルひかる」のお二人。
お二人とも実にまじめで真摯に役に取り組まれていて、演技も達者で感心しました。
桜塚さんは少々感情表現が難解な脚本に対し監督に何度も確認をしていましたし、演技も個性的で
人を引きつけるものがありました。
ミラクルさんはそのままでも充分魅力ある人なのですが、演技する事に真剣に悩まれている姿が印
象的で心打たれました。

今回初めて映画撮影のお話をいただいたのが2010年の1月でしたが、実はきっかけはそれ以前
に当ホームページに掲載していた「センサーサイズ比較表」を使わせてほしいというオファーが最
初でした。

監督の売買キカン氏は2006年にTeam de dododoを立ち上げ、それ以来コンスタントに短編
作品をネット上等で公開してきており、2009年には加護亜依主演で「彼女は何気にこうするの
よと言い、」を横浜ブリリア・ショートショートシアターにて劇場公開もする実績を持っておられ
る方でした。

更に今回プロデューサーとして参加している久里耕介氏は「アイコ十六歳」「さびしんぼう」「帝
都物語」「RAMPO 奥山監督版 」等々を手がけられた大ベテランの方。

こういった方達に囲まれ私も身が引き締まる思いでした。
そして今回の作品ではそれまでの2年あまり動向を見守っていたデジタル一眼での撮影を提案。
幸い前作「彼女は何気にこうするのよと言い、」にてキャノンの5DMark2を一部使用したとの事
で比較的スムーズに承認いただきました。
しかしまだ私はこの時点では、レンタル等で賄うつもりだったのです。


次へ→




実践的製作日記 TOPへ戻る







パンゲアロゴ