パンゲアロゴ


実践的製作日記



現在製作中のCG「水の記憶」(仮)に関する実写撮影の様子をお伝えしよう
と思います。                             
CGと実写、両方を担当しています。                  







2003年                                    6月 6日     今回は大変古くからお世話になっているイエローツーカンパニーさ           んの仕事である。                                 8時に集合して、一路新潟へ。                           今回の作品のテーマである「水」を撮影するためである。               ほとんどのカットがCGや資料映像の背景となる。                  撮影フォーマットのメインはPanasonicのVaricam           で、一部同じくPanasonicのAGーDVX100を使用し           ている。撮影機材はパナソニック映像株式会社さん。      

          昼過ぎに到着。                                  新潟を流れる信濃川にて、地元漁師さんの船をチャーターし、半水           中撮影から始めることにする。                

機材チェック1

          今回この水中撮影をどうするかで、打ち合わせ時から悩んでいたの           だが、ビデオエンジニアの方からPanasonicのAGーDV           X100用の水中ブリンプの存在を教えていただき、なおかつまだ           レンタルを始めていない段階での使用もさせていただける事になり           非常に助かった。                      

機材チェック1

          ボートの舳先からこのブリンプを水中に入れ、魚の見た目のような           映像を撮る為である。                               ただ一点残念だったのは、撮影中に外部でモニターできないので、           アングルに関しては勘に頼るしかなかった事である。                 水中でダイバーが操作する時はファインダーの映像をを見る事がで           きるのだが、今回のように体から離して撮影する場合には映像を見           ながらはできないのだ。                              ただし、モニター用のケーブルを接続するためのスペースが既に設           けられており、今後は対応できるようになるとのこと。                開発中の物を貸していただけた事で表現が広がった。      

機材チェック1

          もう一つの秘密兵器がイージーリグである。                     御覧の通り、体に装着したショルダーから伸びた支柱の先にキャメ           ラを吊るすだけの単純なものである。             

機材チェック1

          実は10年程前、コマーシャルの撮影時にキャメラマンから35ミ           リキャメラで手持ち撮影する為に何か介助する装置を考えられない           かとリクエストされた事があり、山等で荷物を担ぐ為の背負いこに           、棚を作る時に使うアングルを取り付け張り出し、その先に自転車           のタイヤチューブを付け、カメラを吊るすという装置を自作した事           があるのだが、それがもっと洗練されて商品になっているとは最近           まで知らなかった。                                キャメラを吊り下げるヒモのテンションを調整することで様々な重           さのキャメラを吊る事ができるようになっている。                  今回のような船の上からの撮影では、波の影響による揺れが問題に           なるのだが、この装置を使用することでそれを軽減させる事ができ           た。今回はnacさんからお借りした。            

機材チェック1

機材チェック1

          船上からの撮影を5時頃まで続け、信濃川万代橋近くへ移動。            夕方から朝までの変化を橋を絡めて撮影するためである。               イントレ(撮影の為の足場。映画「イントレランス」からの命名ら           しい)の上にキャメラを固定し各時間毎に等速度のズームをくり返           し、編集時に一回のズーミングで夕方から朝まで変化するように見           せる為である。                       

機材チェック1

機材チェック1

機材チェック1

          レンズはCanonのHJ21×7、5B。                     深夜にはそれほど光に変化がないため、撮影はしないのだが、ポジ           ションを動かす訳にはいかないので、今回の制作進行の二人が交代           で番をする事に(本当に御苦労さまでした)。                    流れてくるゴミを取ったりと実によく働いてもらいました。              一見、クリエイティブな作業とは無縁に思える事だが、彼等のよう           スタッフがいなければ、現場は成り立たないのだ。       

機材チェック1



          (イエローツーカンパニー・パナソニック映像・nacへのリンク            は当ページ『LINK1』にあります)           
           6月 7日     再び午前3時に現場に戻り撮影再開。                        段々と明るくなってくる空を撮影。                         その後、街や公園で憩う人々を夕方まで撮影しこの日は終わる。            食事後、撮影した分のラッシュを見る。                       今回FRC(フレームレートコンバーター)を持ってきてもらった           ので60P撮影したものは倍のスローモーションで見る事ができる           実に滑らかな印象。                                シネガンマ撮影しているので、ハイライトからローまでの階調がフ           ィルムのようにしっとりしている。                         ビデオ対フィルムの構図の時代はもう終わりを告げ、本当の意味で           画調(ルック)の時代が来たのかもしれない。          6月 8日     今日は船の上からの撮影の残りから。                        先日、イージーリグにVaricamを装着したのだが、望遠での           揺れが思ったよりきつく、今日は全てAGーDVX100に切り替           える。AGーDVX100の光学式防振装置(所謂:手振れ防止:           の事)の助けを借りることにしたのだ。            

機材チェック1

          これは大正解であった。                              佐渡汽船を追い掛ける撮影があったのだが、場所は川の河口近くで           波が激しく、どうなる事かと心配であったがうまくいった。   

機材チェック1

          今回、Varicam、AGーDVX100共に初めての使用であ           ったが、使い勝手がよく、よく撮影者の事が考えられているなと感           じた。                                      正直、今までビデオキャメラは池上かSONYしか考えられなかっ           たが、その認識を改める必要がありそうだ。          

 







実践的製作日記 TOPへ戻る



パンゲアロゴ