パンゲアロゴ


ゴジラへ - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 火の鳥へ

私を育てたものたち

麦秋



1951年度 松竹株式会社作品
  
  製作   山本 武  
  監督   小津安二郎 
  撮影   厚田雄春  
  脚本   野田高梧  
       小津安二郎 




『麦秋』をみたのは20代の始め頃だったと思います。            
高校生の頃に『東京物語』を観て感動した記憶がこの作品を観るきっかけになった
のでしょう。当時はまだ珍しかったレーザーディスクを購入し、毎週の様に観てい
ました。小津監督の作品のほとんどはそうやってTVモニターで観ました。   
何か映画をTVで観る事を悪く言う人もいるようですが、この作品に関しては自分
の空間で向き合った事が良かったのではないかと思っています。        
内容は、ある一家の日常と娘の結婚までを描いています。           
実に淡々と話は進みます。娘を演じる原節子には芯のある美しさを感じます。  
カッティングのテンポはゆっくりで、キャメラはほとんど動きません。     
所謂小津調です。最初はその事に戸惑うかもしれませんが、しだいにその家庭の中
に自分が入り込んでいます。家族一人一人の気持ちが分かり始めた時、娘が波紋を
起こし、一家は別々に生きていくことになります。皆がお互いを思いやり、幸せを
願う。優しさというものをしみじみと感じさせます。刺激をエスカレートさせてい
る現在の映画に疲れた時、寂しさを感じた時、私はこの映画を観ます。     


ゴジラへ - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 火の鳥へ




パンゲアロゴ