パンゲアロゴ


悪魔の手毬唄へ - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 白昼の襲撃へ
私を育てたものたち


ふたりぼっち



1988年 製作       東映・日本テレビ提携作品  

        プロデューサー 初川則夫・伊地智啓    
        監督      榎戸耕史         
        脚本      丸山昇一         
        撮影      浜田 毅         
        照明      熊谷秀夫         
        音楽      近藤 敦         






「あぶない刑事」と二本立てで上映された作品。             
劇場で最初にこの「ふたりぼっち」を観た私は、この映画の余韻を「あぶない
刑事」で壊したくなかったので、迷う事なくそのまま劇場を後にしました。 
後日、又「ふたりぼっち」を再度観に行ったのです。           
それ程この作品には私を引き付けるものがありました。          
どこかしら不器用な二人。仕事のできる女性に憧れ、自分もそうなりたいと願
う女と、ロックに憧れ上京し、今では小さな広告代理店で働く男が、ひょんな
事から見合いをするところから始ります。                
映画はそんな二人の一日を描いています。                
主人公二人の等身大っぽさも良かったし、それを一日に凝縮した脚本もいいと
思います。                              
特にクライマックス、二人がお互いにいらだち大げんかをするところがちょっ
とビックリするようなロケーションで、役者の二人も演技をしているというよ
りもその状況の中でもてあそばれている感じがして、妙にそのシチュエーショ
ンをリアルにしていました。                      
街という空間を上手に使っていて、それを物語りにうまく溶け込ませている事
がこの映画の印象に残っています。                   


悪魔の手毬唄へ - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 白昼の襲撃へ




パンゲアロゴ