パンゲアロゴ


麦秋へ - 私を育てたものたち TOPへ戻る - やさしいライオンへ

私を育てたものたち

火の鳥



COM   1969年8月号〜1970年9月号
  
    手塚治虫 著  




火の鳥を最初に読んだのは小学生の時だったと思います。           
兄が漫画好きで家にはずいぶんと漫画の本がありました。           
その中に手塚治虫の『火の鳥』もあったのです。その中でも私にとって一番印象深
かったのがこの「鳳凰編」です。                      
奈良時代、我王という野生児と茜丸という彫刻師、この二人が時の権力に翻弄され
る様を描いた物語です。高校生の時に読み返し、それからは2、3年に一度は読み
たくなる作品です。これは火の鳥全体に言える事かもしれませんが、輪廻や煩悩と
いった仏教思想が色濃く作品を覆っています。この「鳳凰編」のおかげで梅原猛や
中村元の仏教本を読むようになりました。そしてそれは現在にいたるまでの私の思
想の原点でもあります。                          
主人公の一人我王は生まれてすぐに片手を失う程の事故に会い、みにくい顔になっ
てしまいます。それゆえに村人からひどい迫害を受け、我王の心もみにくく歪み、
やがては人殺しも平気な人間になってしまいます。              
しかし、そんな我王を一変させる出来事が起ります。             
村人を殺して逃げる時に一匹のてんとう虫を我王は助けます。そして逃げる途中で
出会った女、速魚を強引に連れ去り自分の妻にしてしまいます。その速魚が裏切っ
たと勘違いしてしまい速魚を殺してしまった時、実は速魚はあの時のてんとう虫だ
った事が分かります。我王は自分の中にある優しさを信じた唯一の相手を自ら殺し
てしまったのです。その後出会った良弁僧正から生命の大切さを教えられ、我王は
無私の心に目覚めるのです。後半にくる東大寺大仏建設を中心に壮大な物語が読む
者をその世界に引き込みます。                       
日本には古来から自然崇拝の伝統があります。一木一草にいたるまでに神が宿って
いる、自然の中に神がいる。この神とは自然を敬い感謝する気持ちの比喩なのだと
思います。自然への畏敬をあらわす言葉として神と呼ぶのだと思います。    
火の鳥はこうして私に強く影響を残す作品となりました。おそらく生涯を通じて読
み返し続けるでしょう。                          


麦秋へ - 私を育てたものたち TOPへ戻る - やさしいライオンへ




パンゲアロゴ