パンゲアロゴ


『サブウェイ・パニック』 - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 追悼 伊福部昭

私を育てたものたち




『ミツバチのささやき』 



1973年    スペイン映画                    

監督       ビクトル・エリセ                  
脚色       アンヘル・フェルナンデスーサントス/ビクトル・エリセ
撮影監督     ルイス・クアドラド                 
音楽       ルイス・デ・パブロ                 



アナ        アナ・トレント                  
イザベル      イザベル・テリェリア               
フェルナンド    フェルナンド・フェルナン・ゴメス         
テレサ       テレサ・ギンベラ                 





荒野を貫く1本の鉄路・・・                           
二人の姉妹が線路に耳を当て、近付く汽車の音を聞き取ろうとしている。       
姉の少女が危険を感じ、線路から離れる。                     
しかし、妹はその音に心を奪われてしまったのか離れない。             
ここまで観客には汽車の音は聞こえない・・・                   
姉が叫ぶ 「アナ!」                              
ハッとして妹が線路から離れた瞬間、汽車の轟音がスクリーンを駆け抜ける。     
妹アナの体と比べると、圧倒的に巨大なその汽車の存在感              

まるで夢の中の出来事のようにこのシーンの事を覚えている。            
ストーリーとはほとんど関係のないこの場面の事が頭から離れない。         
何故なのだろう・・・                              

それは、映画を観たというよりは『体験した』といったほうがいいような気がする。  

不思議な手触り(目触り?)のする映画である。                  

映画の最初にアナ達が「フランケンシュタイン」の映画を観ているシーンがあるのに思い
当たる。フランケンシュタインと汽車。                      
両者に共通するのは圧倒的なその存在感。                     
アナの視覚を捕らえて離さないのは、確かにそれはそこにあるという事実なのかもしれな
い。それによって、アナ自身もそこにあることが実感できるはずだから。       
『映像体験』という言葉は頻繁に耳にするが、本当にそこにあるという実体を感じること
ができるものはどれほどあるのだろうか。                     
『映像』はいつの間に「ただの情報」になってしまったのだろうか・・・       




『サブウェイ・パニック』 - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 追悼 伊福部昭




パンゲアロゴ