パンゲアロゴ


『七人の侍』 - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 『鏡』

私を育てたものたち




『クレヨンしんちゃん  嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』



2001年    東宝                    

原作       臼井儀人                  
監督・脚本    原 恵一                  
演出       水島 努                  
作画監督     原 勝徳・堤のりゆき・間々田益男      
撮影監督     梅田俊之                  
音楽       荒川敏行・浜口史郎             
制作       シンエイ動画・テレビ朝日・ASATSUーDK


しんのすけ    矢島晶子                  
みさえ      ならはしみき                
ひろし      藤原啓治                  
ひまわり     こおろぎさとみ               
ケン       津嘉山正種                 
チャコ      小林 愛                  






誰でも知ってる、お馴染みのキャラクター『しんちゃん』を主人公にしたテレビシリーズ
の劇場版である。                                
懐かしさの匂いで大人たちを虜にし、21世紀から20世紀への回帰を企てる組織と野原
しんのすけ一家の戦いを描いた破天荒な話である。                 
しかし、開巻の万国博覧会から、まるでお話の中の大人たちのように見る者を懐かしさで
眩惑する。そこにあるのは昭和、それも30〜40年という時代の匂いだ。      
組織のボス、ケンが言う「21世紀には時代の匂いがない」と・・・そのセリフにハッと
させられる。まるで、今ある閉塞感をうまく言い当てられたかのようだ。       
劇場版は10作(2003/1現在)作られているが、ちょうど半分くらいから監督が原
恵一に交替している。その頃から何かこの作品の予兆のようなものは感じていたのだが、
本作でそれはとうとうピークに達したようだ。作品に出てくる「いつも夕焼けの街」は作
者達の子供時代の反映であろう。いつもなら対立する悪として描かれる組織が悪になりき
っていないのは自分達にあるものの反映だからこそなのではないだろうか。      
しかしあくまで主人公は野原しんのすけ。最後はしんちゃんの頑張りでもとの21世紀へ
もどるのだが・・・                               
余談だが、最新作『戦国あっぱれ大合戦』ではとうとうしんちゃんが狂言回しに終止しお
話が進行する。主人公は戦国時代に生きた人々になっているのだ。          
子供向けと言われる事に抵抗するかのように。                   
私は、日本のアニメ技術は東映動画時代にすでに完成していると思っているのだが、「う
る星やつらービューティフルドリーマー」「ルパン三世ーカリオストロの城」「機動警察
パトレイバー」等とみていくと、その表現の幅の広さと精神性に驚かされる。     
そういった流れにこの「クレヨンしんちゃん」も確実に入っているように思うのだがいか
がなものだろうか。                               
しんちゃんという現在の子供が親(大人)をどう見ているのか、どう感じているのか、そ
れをこの「モーレツ!おとな帝国の逆襲」は描いている。              


『七人の侍』 - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 『鏡』




パンゲアロゴ