パンゲアロゴ


『日本ドキュメンタリー映画全史』 - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 『クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』

私を育てたものたち




『七人の侍』



1954年    東宝                    

製作       本木荘二郎                 
監督       黒澤明                   
監督助手     堀川弘通 広沢栄 田実泰良 金子敏 清水勝弥
脚本       黒澤明 橋本忍 小国英雄          
撮影       中井朝一                  
音楽       早坂文雄                  
美術       松山崇                   
録音       矢野口文雄                 
照明       森茂                    

配役                             
菊千代      三船敏郎                  
勘兵衛      志村喬                   
志乃       津島恵子                  
利吉の女房    島崎雪子                  
志乃の父 万造  藤原釜足                  
七郎次      加東大介                  
勝四郎      木村功                   
平八       千秋実                   
久蔵       宮口精二                  
茂助       小杉義男                  
与平       左卜全                   
五郎兵衛     稲葉義男                  
利吉       土屋嘉男                  






いまさら言うまでもない名作であり、世界でもっとも知られた映画だとも言えるだろう。
私が観たのは遅く、19歳の時だった。しかし、その後何回観ただろうか。少なくても2
、30回は観ているのではないだろうか。それでも毎回一映画ファンとして見入ってしま
う、とてつもないエンタテイメント映画である。                  
百姓が侍を雇うという発想の奇抜さ、現在にも通じる人間の葛藤、ダイナミックなアクシ
ョン。野武士という不条理をきっかけにして、普通なら対立する構図になりがちな農民と
武士が同じ人間として怒り、泣き、笑う・・・                   
実る麦、咲く花、埃、日射し、雨・・・自然はそんな人間などとは関係なくそこにある。
特に最後の戦闘シーンでの雨は、まるでその激しさで戦う人間達を溶かしてしまいそうな
勢いである。その愚かしさ故に愛すべき人間達。そんな彼等を同化しようとするかのよう
だ。菊千代が言う「百姓はずるい!」と。しかし人間はずるいのだ。それが生きるという
事の本質なのではないのか。生命とは必ず他の生命から何かをもらう事で自らの生命を維
持しているではないか?                             
最近そんな事を観るとおもうようになった。                    
もしかしたらこの作品は、神の視点から語られた壮大な人間叙事詩なのかもしれない。 


『日本ドキュメンタリー映画全史』 - 私を育てたものたち TOPへ戻る - 『クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲』




パンゲアロゴ